もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

知的障害・陸上短距離
目撃!にっぽん選「走る~知的障害・陸上短距離 川上春菜さん~」
みんなの
レビューは
こちら

目撃!にっぽん選「走る~知的障害・陸上短距離 川上春菜さん~」

  • 2017年6月18日(日) 午前6時15分(35分)
  • 2017年6月20日(火) 午前3時35分(35分)
  • 2017年9月10日(日) 午前6時15分(35分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

走ること、心を通わすこと、障害があるなし関係なく本質を見れた。

投稿者:げん

感動しました。

投稿者:よっちゃん

直向きな姿に感動した。楽しく走れたら良いね(^O^)

投稿者:hi-ta

一生懸命やること、その結果周りの支えで大きく開花した才能。見ていて気持ちのよい番組でした。

投稿者:たん

知的障害や支援制度等にある程度の知識は持っているつもりでしたが、知的障害者の新しい可能性をみせていただき、ありがとうございます。ハルナさん

投稿者:シラクサ

i was so much moved. She behaved so honestly.

投稿者:bambo

人生はチャンスが、いつめぐって自分のところにやってくるのかわかない、だから面白い。

投稿者:高橋 貢

感動して頑張る元気が与えられました。やれば出来る!指導者次第で可能性は伸ばせるものだと改めて実感しました。今後の可能性に期待したいです。

投稿者:のんちゃん

言葉を探すこと。
コミュニケーションの方法の常識や固定観念に囚われないこと。
認知症の母との対話について知恵を使って、見直そうかなと思いました。

投稿者:しんご

早起きしたのでたまたま拝見しました。
面白かったです。
もうちょっと良い時間帯に放送してほしい…。

投稿者:ちーちゃん

川上春菜さん いつまでも 応援します やさしい言葉、大事なんですね(^q^)

投稿者:まっちゃん

すばらしい。感動しました。リレーのバトンの受けがなかなか出来ないこと、お父さんとの生活に走ることで変化がでてきたこと。なにげなく見ていましたが得るものがありました。感謝します。

投稿者:zzz

最高や!春菜!fight!

投稿者:さーみ

感動して涙が出ました。
走る姿の美しさ、ひたむきに、無邪気な笑顔に胸を打たれした。
彼女を応援、追いかけたいです。続編是非よろしくお願いします!

投稿者:まゆ

かわいかった。この純粋さ。

投稿者:オゼキ

ピューと出て バトン ウルトラ 超ダッシュ

投稿者:隆命子

感動と、指導方法等心を奪われ、二回見ました。私も児童の施設で働いているので、大変参考になりました。伝え方次第で、どんな人でも、可能性は広がることを目の当たりにしました。また、自分も頑張ろうと思えました。

投稿者:すな

タイで開かれた世界大会では400メートルリレーで2位になりインタビューの時 「銀メダルおめでとうございます。」に対し「関係ない」の春奈さんの一言にものすごく胸を打たれました。大好きな走る事、リレーが出来た事はメダル獲得以上の喜びが「関係ない」の言葉に現れた気がしました。かっこいいです。

投稿者:わたし

名指導者。

投稿者:よっち

感動しました。最初は速く走るという意味さえわからなかった春菜さん。最後はバトンパスまで完璧になり仲間と共に日本新記録で銀メダル。ここまでの苦労や春菜さんがどんどん笑顔になり心を開いて行く姿が、番組からよく伝わりました。同じ障害を持った方や家族もとても勇気付けられたと思います。もっと沢山の人に見て欲 しいので、良い時間帯に再放送して欲しいです。

投稿者:uri

感動しました。リレーのバトンの件など障害への認識など改めて考えさせられました。監督やコーチ、テレビスタッフなど様々な人との出会いの中でこのすばらしい番組が出来上がったのですね!春菜さん、応援しています!

投稿者:佳代

番組内容

目撃!にっぽん選「走る~知的障害・陸上短距離 川上春菜さん~」

重度の知的障害がある川上春菜さん、19歳。走り出した瞬間、その身体は力強く躍動する。去年、陸上競技・リレー種目の日本代表に選ばれた。5月にタイで開かれた世界大会では400メートルリレーで2位に。春菜さんが本格的に陸上競技を始めたのは、わずか2年前。通っていた特別支援学校の恩師が並外れた脚力に秘められた才能を見いだしたことがきっかけだった。走ることを通して、心を開いていく春菜さんを見つめる。

出演者ほか

【語り】中村倫也

チャンネル

  • 2017年6月18日(日) 午前6時15分(35分)
  • 2017年6月20日(火) 午前3時35分(35分)
  • 2017年9月10日(日) 午前6時15分(35分)

編集部のおすすめ