もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

元子ども兵と明日を紡ぐ
明日世界が終わるとしても「元子ども兵と明日を紡ぐ~ウガンダ 小川真吾~」
みんなの
レビューは
こちら

明日世界が終わるとしても「元子ども兵と明日を紡ぐ~ウガンダ 小川真吾~」

  • 2018年3月27日(火) 午後11時00分(50分)
  • 2018年4月8日(日) 午後2時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

アフリカで今も続く争いの中、犠牲になる子供たちに胸が痛む。
望んで兵士になるわけでもないのに、解放されて帰ってきた時に村の人につらく当たられる事への矛盾がやりきれない。日本にいながらできる国際支援の事について、もっと考えてみたいと思った。

投稿者:4mare

子ども兵の問題に興味があり拝聴しました。
テラ・ルネッサンスの方々が元子ども兵の職業訓練や社会復帰を支援しているということは知っていましたが、子育てと生活の両立をケアしたり、卒業生のお店や難民地区にまで足を運んだりしているとは知りませんでした。
テラ・ルネッサンスの活動についてもっと知りたいと思いました。

投稿者:さぶ

現地の人からこんなに慕われている方がいるのか、と驚きました。
原始的な犯罪とも言える誘拐が、この情報化の時代に起きているということを私たちは認識しなくてはならないと思います。小川さんの「自分の足跡を残さないで…」という姿勢に胸を打たれました。

投稿者:haru

小川さんの長年の活動により、成果が出て来た様子がわかりすばらしいと思った。
紛争地域で活動する小川さんのような人に、どうすればなれるのだろうか?同じ日本人として感動と感謝しか無い。

投稿者:tsuyo

朝の世界のニュースでISから脱走した少年兵の話題に触れたので、気になって視聴。虐殺、誘拐、戦闘。心身に深い傷を負いながらも生きていかなければならない若者たち。彼等の察するに余りある苦しみに、細やかに寄り添う小川さん達の取り組みには、深い感銘を受けました。自分にも何か出来る事はないかと考えさせられました。

投稿者:Supreme

少年兵って自国のために成ってたと思っていましたが、誘拐され恐怖で支配され仕方なく残酷なことをやってきたって事を知りました。
この人たちの更正のために活動されている小川さんすばらしいですね。

投稿者:波田和弘

本当にすばらしい番組!異国の地で行動される小川さんのお人柄が伝わる番組。心が痛く考えさせられ、目と心の涙が一緒にでました。地上波放送で世界中の人に見てほしい。世界中の平和は一人一人の笑顔からです。伝えてくださった皆様に感謝。よかった。

投稿者:シュタイフ

番組を見て 子ども兵の過酷な過去 、現在があることを知り みんな同じ人間なのに 生まれた国 、住んでいる場所 で こんなにも現実というものが 違うということに すごく心が苦しくなった。
そして 、そのことに無力な自分にも苦しくなった。
でも 、この現実を知ることができたのは とても大切なことだと思いました!
まずは 知って考えることが 大切と思った。

投稿者:カフェオレ号

話には聞いた事があったのですが、子供兵士の悲惨な状況について、考えさせられました。
日本ではおおよそ想像もできない厳しい現実を目の当たりにした気がします。
復帰直後の子供の、死んだ魚のような瞳にはショックでした。子供があんな顔をしてはいけないと思います。自分には何が出来るのだろうという思いに至ります。是非、地上波でも放送してください。

投稿者:DiverNICK

子ども兵の問題や小川さんの信念の強さに心打たれました。
是非地上波でも放送してください。

投稿者:さくら

「子ども兵」という壮絶な社会課題に比例するように、小川さんの人としての魅力が優しくにじんでくるようなすてきな番組でした。紛争の背景にある現代の歪な社会構造を描き出す試みは、とても50分では語りきれないだろうと思いますので、続編を期待します!

投稿者:コーナンの園芸コーナー担当

傷を負いながらも元子ども兵の持つ可能性を信じて寄り添い、自立をサポートしている姿、また未だ誘拐され戦場にいる子ども兵の問題など、本当に考えさせられる番組でした。子ども兵がいない世界をつくりたいです。ぜひ地上波でも再放送お願いします!

投稿者:ばん

子ども兵として本当につらい過去を抱えた若者たちひとりひとりに寄り添う小川さんの姿にとても感動しました。そして、若者たちが少しずつ笑顔を取り戻していく姿に勇気をもらいました。

投稿者:shimo

小川さんの最後のコメント、感動でした!

投稿者:める

生まれた土地が違うだけで、日本とは全然違う環境での生活を送らなければいけないというのに衝撃を受けました。

投稿者:輝

悲しい連鎖を断ち切れるよう、奮闘されている小川さんと元子ども兵の方に心からのエールを送りたいと思います。

投稿者:となりのメイ

自分から変えることの必要性を学びました。

投稿者:木村繁樹

自分の知らないだけで、世界でこんなことが起こっているとは…改めて、考えさせられた。

投稿者:姫

深く考えさせられた

投稿者:たんぽぽ

日本という国の平和の中で、どれほど安心安全に子育てをしてきたのか
はじめて気づきました。
誘拐されたウガンダの少年たちの乾き冷え切った瞳。
そして小川さんたちの活動により、また生きる意義を見出せた元子ども兵の人たちの笑顔には、強く眩(まぶ)しい輝きがありました。
何一つ当たり前などない。
それをあらためて教えてくれた番組です。

投稿者:丸川さゆり

一人一人に寄り添う小川さんの姿に感動しました。支援金や物資等を大きく投入する方法もあるとは思います。しかし、映像でみた子ども兵の一人一人に事情が違っていました。一律した方法ではない小川さん取り組みは、大変で時間がかかると思います。あの厳しい環境で取り組む小川さんの姿と、だんだん明るくなっていく元少年兵に涙が止まりませんでした。

投稿者:中年アスリート

いつも応援しています。
自分たちも平和な世の中にどうしていけるのか
子供たちの将来のためにも真剣に考えていきたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者:林 淳一

私たちの知らない世界で、このようなことが起きているのはショックでした。しかし、そのために日本人が活躍しているのを誇りに思いました。
子供のいる親として、このような番組をもっと多くの方にみていただきたいです。

投稿者:さとこ

日本にも問題はたくさんあるけど、子ども兵がいない社会に私は住みたいと思った。無邪気に遊んでいればいいはずの子たちが銃を持って人を殺さないといけないなんて、そんな状況を生み出してる社会を少しでも変えたい。日本でも、ウガンダでも、その他の国でも、それぞれの場所でそれぞれの立場から社会をよくしていく人が、そんな輪が広がるきっかけになるような、そんなすてきな番組でした。

投稿者:少しずつ

こども兵についてはナショナルジオグラフィックの記事を読んで知っていましたが、自分には何もできないと悶々(もんもん)としていました。
この番組を見て、元こども兵、一人一人に向き合い、自立の手助けをしている方の現実を知り、この団体を応援することが私のできることだと腑に落ちました。
すばらしい番組をありがとうございます。
より多くの人に知ってもらいたい、みていただきたいです。

投稿者:キミコ

知らないではすませられない、この地球で今も起きていること。
聞くのもしのびないつらい現実にさらされているこどもたち。
涙なしにはいられません。
そこから抜け出せるきっかけのために日本人が活動していることに誇りを感じます。
応援したいと強く思いました。

投稿者:スミレ

何か深い悲しみを持ちながらも温かな目で支援を受けている人々を見守る小川さんの表情が印象的でした。本当にこういった支援団体が必要でなくなるような世の中が来ることを望みます。
小学生の息子も子供が戦争に利用されるために誘拐される世界がこの世にあることに衝撃を受けたようでした。
微力であっても自分は自分自身をしっかり生きたいと思います。

投稿者:なっちゃん

すばらしい。
今、すべき事が何なのか。
それが良く分かりました。

投稿者:スギハラ

先日の放送拝見いたしました。
この事実と、自立支援の大切さもっとたくさんの方に知っていただきたいですね。
是非再放送お願いいたします。

投稿者:くろ

見たかったのですが、時間が遅くて無理でした。BSは録画できなくてがっかり。早い時間か総合テレビでお願いします。

投稿者:アイちゃんのママ

重く深刻なテーマを少しでもわかりやすく、身近に捉えられるように伝えている、作り手側のすばらしさに感銘を受けました。小川さんの「過去に背負った傷をゼロにはできない、それを背負いながら生きてゆくためのサポートをしている」とゆう趣旨の言葉には、受けて側の気持ちをすごく理解してる方とゆうのがよく伝わり、みんなに誕生日をお祝いしてもらっているシーンは感慨深かったです。

投稿者:おぜ

活動を応援したい!

投稿者:シカノスケ

改めて日本が平和で満たされた生活を送っていることを思いました。
しっかりと考えて生活していく日本人でありたいと思います。

投稿者:イチロー先生

子供にも見せて日本がどれだけ平和で、豊かかを教え、小川さんみたいな活動をしてるすばらしい人がいることを教え同じ子供でもいろいろな境遇がある事を感じさせました。私個人も考えさせる番組でした。

投稿者:ジュンイチ

小川真吾さんの真摯な姿勢に、感動しました。

投稿者:ぜんゆ

家族で拝見しましたが、小川さんの尊い働きに凄く考えさせられました。
子供から、「私たちはどうしたらいいの?」と聞かれたので、「自分とは関係ないと思うのでなく、出来ることをサポートしていくことだよ」と伝えました。
私は、以前からテラルネッサンスさんをサポートさせて頂いていますが、改めて自分事のように考え、出来ることを行動に移していきたく思います。

投稿者:橋本 明元

小川さんの尊い活動に感動しました。
何か自分で出来る事をしっかり考えていこうと思います。世界の片隅で人のために活躍をされている方を見ると神に選ばれた方だなぁと思います。

投稿者:社本千香

子どもを大人の欲で残酷な世界に引きずり込まなければならない現実をみて、人として自分に何ができるのか?
私たちにも何ができるのか考えさせられた。心の傷を癒やすことがあるならば、関わっていきたいと思います。

投稿者:ジャスティス

知らないことを知るということは、ポジティブな発見ばかりではない。
自分たちの想像を超えるネガティブなこともある。けど、知ったことで私たちの日々の行動が変わるかもしれない。とても勇気をもらいました!

投稿者:竹内

小川さんの仕事は丁寧で的確です。
本当に困っている人を気づき、気にかけ、見捨てません。
そして、笑顔を忘れてしまった人々に笑顔と安心と希望を与えます。
地道に確実に助けの輪が広がります。
援助を受けた地元に根付いた人が同じ境遇の人たちを助け合う、人道支援で一番目指している事を実現されている、と思いました。

投稿者:じゅんこ
  • 内戦が続いたアフリカ・ウガンダ 誘拐され兵士にされた多くの子どもたち
  • 元子ども兵の社会復帰を支援している日本人、小川真吾さん
  • 隣国・南スーダンの戦闘 子どもたちを兵士にさせないためにできることは?

どんな番組?

「自転車に乗る練習をしていたら
武装勢力に誘拐されました」

photo

「逃げようとした仲間は
私の目の前で殺されました」

2006年の停戦合意まで
激しい内戦が続いたウガンダ

photo

小川真吾さん
43歳

photo

現地のスタッフとともに
元子ども兵の社会復帰に取り組んでいる

photo

「戦うことしか教えられてこなかったので
まずは手に職をつける」

10年以上戦場で過ごした若者たち
故郷にもどった後も続く苦難

photo

「問題があっても、問題と共存できるように
サポートしていくのが大事だと思う」

隣国・南スーダンから入った子ども兵のニュース
親を亡くし、収入もない若者が狙われる

photo

「自分の技術で手助けをしたいのです」
小川さんが支援した元こども兵 マイケル

photo

元子ども兵とともに生きる
小川さんの日々を追う

語りは石原さとみさん
3年前に現地を訪問し
元子ども兵と今も交流を続ける

明日世界が終わるとしても
「元子ども兵と明日を紡ぐ
~ウガンダ 小川真吾~」
2018年3月27日(火)
午後11時00分放送
BS1

番組内容

明日世界が終わるとしても「元子ども兵と明日を紡ぐ~ウガンダ 小川真吾~」

「明日世界が終わるとしても」 きょう私はりんごの木を植える。その言葉のままに生きる“信念の人”の物語。今夜の主人公は、アフリカ・ウガンダの地で、元子ども兵を支援する日本人・小川真吾さん。誘拐され兵士として戦わされた子どもたち。小川さんは、その深い心の傷に寄り添い続けている。今、南スーダンから大量の難民が。子どもたちが兵士になることがないように、小川さんは厳しい現実と立ち向かう。語り:石原さとみ

出演者ほか

【出演】小川真吾,【語り】石原さとみ

チャンネル

  • 2018年3月27日(火) 午後11時00分(50分)
  • 2018年4月8日(日) 午後2時00分(50分)

編集部のおすすめ