もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

鬼も笑って福が来る
やまと尼寺 精進日記「如月(きさらぎ) 鬼も笑って福が来る」
みんなの
レビューは
こちら

やまと尼寺 精進日記「如月(きさらぎ) 鬼も笑って福が来る」

  • 2018年2月25日(日) 午後6時00分(30分)
  • 2018年2月28日(水) 午後0時25分(30分)
  • 2018年3月3日(土) 午前5時30分(30分)
  • 2018年3月24日(土) 午後4時00分(30分)
  • 2019年2月2日(土) 午後4時15分(30分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

なんだか心が洗われるようでした。いつのまにか都会の生活に疲れてた心が元気になりました。

投稿者:まい

たまたま見て、その後は必ず『録画予約』をして、見逃す事のないように…と。ゆる~い感じが何とも心地いい。ナレーションも合ってて良い!

投稿者:チチガオサム

お寺までの看板や本堂のお人形さんがやっちゃんの手作りとはじめて知り、お寺が村の人々に愛され支えられているのを改めて感じました。最近はお寺に対してお葬式や法事などだけの付き合いになりがちです。観音寺はなにかお寺本来のあり方を教えてくれまた自分達もそんなふうにお寺とかかわりたいと思わせてくれます。

投稿者:こんすけ

鬼の宿、面白そうですね。

投稿者:鬼

いつも楽しく見ています。今回は慈瞳さんが中学生に「命の話」をしていましたね。私はそれに励まされました。なぜなら数日前に愛犬に癌が見つかりもう手の施しようがない状態でとても悲しい気持ちになっていたところでしたから…。ですが慈瞳さんのお話に心があたたまりました。私にとって今回の番組はなくてはならない内容でした。ありがとうございます。

投稿者:ともみ

とても 新鮮に 感じられ 癒やされました。そして、涙・・・

投稿者:ringo

時々テレビをつけると、やまと尼寺の楽しそうな声に惹かれてついついこたつで見ています、すごーく役に立つ生活の知恵と物を大切にする心がとてもうれしくて、この様な番組を若い方に見て貰って、生きる力を蓄えて欲しいですね、還暦を過ぎた 私でも目から鱗ですよ

投稿者:プーママ
  • 2月の尼寺は凍える寒さ! ご住職の野草園にも雪が残る
  • 新鮮な食材が少ない時期は保存食が大活躍! 今回はどんな料理に?
  • 「福は内、鬼は内~」受け継がれてきた節分祭 鬼さんも一緒に笑いましょ

どんな番組?

photo

まだまだ雪が残る、奈良の尼寺

photo

ご住職は裏庭の野草園で庭仕事

photo

野草園で摘んだのはセリとクレソン
何を作るのかな?

photo

あったかいそうめんに、セリとクレソン
油揚げ、甘辛く煮たきのこ、錦糸卵ものせて

photo

「節分の豆、残ってますよ」
「そやそや、そしたら豆ごはん炊こか」

photo

頂いた菊芋を
佃煮に

え、干し柿は
天ぷらに?!

photo
photo

保存してある食材で工夫した
「冬の膳」

photo

「どこを切っても、“の”の字の巻~♪」

photo

立春を過ぎ、春はもうすぐ

やまと尼寺 精進日記
「如月(きさらぎ) 鬼も笑って福が来る」
2月25日(日)午後6時00分放送
Eテレ

番組内容

やまと尼寺 精進日記「如月(きさらぎ) 鬼も笑って福が来る」

2月のお寺は凍える寒さ。お寺の定番は、温かい“にゅうめん”。奈良名物のそうめんに、氷の下に芽吹いたばかりのセリやクレソンを添えて。新鮮な食材が少ない冬だから、保存食が大活躍。秋に大量に作っておいた干し柿を天ぷらにしたり、“干し柿のお菓子”作りにも挑戦。節分前日には、慈瞳さんと一緒に天川村へ。「天河大辨財天社」で、鬼を迎える神事を体験する。立春過ぎて春が近づく尼寺に、いつもの笑い声が響きます。

出演者ほか

【出演】音羽山観音寺 住職…後藤密榮,副住職…佐々木慈瞳,【声】柄本佑

チャンネル

  • 2018年2月25日(日) 午後6時00分(30分)
  • 2018年2月28日(水) 午後0時25分(30分)
  • 2018年3月3日(土) 午前5時30分(30分)
  • 2018年3月24日(土) 午後4時00分(30分)
  • 2019年2月2日(土) 午後4時15分(30分)

編集部のおすすめ