もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

見ると「パン旅。」をしたくなる
パン旅。「はんなりこんがり 京都はパン天国!」
みんなの
レビューは
こちら

パン旅。「はんなりこんがり 京都はパン天国!」

  • 2016年3月29日(火) 午後7時30分(30分)
  • 2016年4月24日(日) 午後4時00分(30分)
  • 2016年5月19日(木) 午後11時15分(30分)
  • 2016年9月12日(月) 午後0時30分(30分)
  • 2016年10月28日(金) 午後0時00分(30分)
  • 2016年12月3日(土) 午後7時00分(30分)
  • 2017年10月3日(火) 午後6時00分(30分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

パン旅、とても楽しく拝見しました。私もパン活(パン屋巡りの事をこう言ってます)が趣味です。京都はそんな私にとってはパン活の聖地。いつか行ってみたいと思いつつ番組を楽しみました。
再放送を希望しますが、できればレギュラー番組化して全国のパン屋さんを巡ってほしいと思います。木南晴夏さんもとても良かったです。

投稿者:かたぱん

番組をとても楽しく拝見しました。
学生時代京都で過ごし、今も第二の故郷と、京都をよく訪ねる横浜在住人です。
三年ほど前からパン・ケーキ作りにはまり、パンや巡りをよくしますが三軒とも知らないお店なので機会を見つけて訪ねたいと思います。
京都には他にもとてもおいしいパン屋さんがあるので、お二人にもぜひ私の好きなお店のパンを食べていただきたかったです。

投稿者:iCook

パンが大好きだから、見ていて本当に匂いやおいしさが伝わってきました。女子の目線でいろいろ話してくれるので見ていて共感する部分が多かったです。

投稿者:のんちゃん

京都がパンの消費量が多いとは聞いていましたが、あえて京都のパン屋を巡るのは面白い企画でした。しかもオシャレな店を追うのではなくて、懐かしのパンの味を思い出すような店選びが、面白かった。

投稿者:おひげ

再放送してください。とても楽しみにしてたのに、見逃しました。

投稿者:京都の人

私もパンが大好きで、京都も大好きです。来週も番組があるかと検索したらなかったので、がっかり。
次回は、いつでしょうか?

投稿者:堀米 久美子

おもしろかったが、パン屋さんの名前や場所もデータ放送やホームページで紹介してほしい。

投稿者:なか

放送前週に京都旅したのですが、先に観てから行けていればととても残念T_T
心惹(ひ)かれるお店とパンに、また京都に行きたくなりました。関東在住なので次は関東圏と、出張でよく行く九州地方のパン旅続編に期待します(^^)

投稿者:大澤さん

京都が日本一のパン消費量で、メロンパンはサンライズと呼ばれているなど全く知りませんでした。どのパンもおいしそうで参りました。それにしても、あの玉子サンドはどうしてきれいに切れるのでしょう。パンをつぶさずにサンドイッチを切るのが苦手な私には、神業としか言いようがありません。続編希望します。

投稿者:noriko

とっても楽しく見させて頂きました
お二人ともおいしそうに食べていて、私もパン旅へ~~~と思ったのですが、お店の名前、場所がわからない…
ぜひHPなどにアップしてください!!!!!

投稿者:えぴu

とってもおいしそうでした。京都にはパン屋さんがたくさんあって、京都を訪れるたびにパン屋さんに寄るのが楽しみになるくらい、パンが大好きですd( ̄  ̄)
知ってるパン屋さんも多かったのですが、知らないお店もあって見ていてとてもよかったです。続きをぜひお願いします!

投稿者:あずき

ちょうど、京都の実家に帰省中にこの番組を見ました。
京都に学生まで住んでいましたが、知らないパン屋さんがいっぱいあるのだと感心しました。
パン好きの奥さんとパン屋さん巡りをしたくなりました。

投稿者:Pomme de terre

番組スタッフから

photo

【どんな番組ですか?】
味も香りも見た目も幸せな気分にしてくれる、パン。国産小麦粉、長期熟成、変り菓子パン、母国に負けない味のフランスパンやドイツパン…今、日本中でパンが大人気。その土地ならではの驚きのパン「地パン」があります。そんなパンを通じ、日本を味わうのが「パン旅。」
今回は意外にも 都道府県別でパンの消費量日本一の京都府から。伝統の古都でなぜパンが?京都ならではのパンはどこに?一日三食パンでOKという木南晴夏さんと、沖縄生まれでパンが大好きの蔵下穂波さんが、朝から京都の焼きたてパンを食べまくります。数々のこだわりパンと共に、二人がパン好きになった訳、こだわり店主の涙のパン作り秘話も明かされます。かしましくも、美味しく、そして愛おしい、もっちり、ふわふわ 女性二人、京都の「パン旅。」です。

【番組の見どころは?】
「パン旅。」では木南晴夏さんと蔵下穂波さんに「パンにかかわる全て」を味わい、堪能してもらうことを大切にしました。パンの種類、やわらかさやモチモチ感、大きさ、具材など、パンへのこだわりはもちろんですが、街の雰囲気、お店自体のたてがまえ、内装、お店の歴史、ご主人の人柄、こだわり、ご主人と常連さんのちょっとした会話まで、味わう要素は本当に沢山ありました。それに、みな訪ねてみないと分からないことばかりです。
二人は色々なところに素敵な「京都らしさ」を発見してくれましたが、何と言っても、激うまパンをほおばる時の二人の顔と悶絶っぷりは要注目です。見ているだけで本当に幸せな気分になります。

【この番組を企画したきっかけは?】
今、日本は「地方都市のパン屋さん」がとても元気です。その土地ならではの材料、製法、こだわりを持った美味しいパン屋さんが数多く存在しています。そんな「地パン」は、やはり実際に現地を訪ねて、焼き立てを食べるのが一番おいしいわけです。それで「パン旅。」という番組が生まれました。
そして、地方の素敵なパン屋さんがあるのは観光名所のそばではなく、住宅街など、そこで暮らす人々の生活圏。「パン旅。」は「地パン」との出会いであると同時に日本各地の飾らない「素顔」に出会える旅です。

【心に残った言葉は?】
朝6時半から開き、近所ばかりか遠方からもひっきりなしにお客さんの来る、コッペパンサンド主体の町家風のパン屋さんを訪ねたときのことです。店主が「みんなが”なつかしい”と思えるパンを作りたいんです。”新しい味”は当たり前やから」とおっしゃっていたのが印象的でした。

【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
今回、旅した「京都府」はパンの消費量日本一と言う土地柄(2014年総務省「家計調査」より)。和のイメージが強いですが、京都在住の方に話を聞いてみると「朝や昼はパン」という方が本当に多いんです。パン屋さんも当然多くて、長年愛される老舗から、京都ならではの食材にこだわる若手まで、実力のあるパン屋さんが本当に沢山あります。今回の「パン旅。」で京都の「新たな素顔」が見えてくればと思っています。

【見てくださる方に一言。】
パンで日本を味わおう。見ると、「パン旅。」をしたくなります。

(番組プロデューサー)

番組内容

パン旅。「はんなりこんがり 京都はパン天国!」

おいしいパンを求めて旅に出るのは、パン大好きな木南晴夏と蔵下穂波という女優二人組。二人は個性豊かな、そこでしか味わえないパンを探しに旅に出る。今回は、日本で一番パンの消費量が多い京都で、なぜ京都人はパンが好きなのか?京都らしいパンとは何か?を探っていく。京都らしい食材を使ったパンや長時間発酵の食パンで人気の店、あっと驚く京都風卵サンドを出す喫茶店などで、おいしいパンを食べまくる。

出演者ほか

【出演】木南晴夏,蔵下穂波

チャンネル

  • 2016年3月29日(火) 午後7時30分(30分)
  • 2016年4月24日(日) 午後4時00分(30分)
  • 2016年5月19日(木) 午後11時15分(30分)
  • 2016年9月12日(月) 午後0時30分(30分)
  • 2016年10月28日(金) 午後0時00分(30分)
  • 2016年12月3日(土) 午後7時00分(30分)
  • 2017年10月3日(火) 午後6時00分(30分)

編集部のおすすめ