もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

イチゲンさんでは知りえない京都へ
京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ Blue 修業中/送る夏
みんなの
レビューは
こちら

京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ Blue 修業中/送る夏

  • 2017年9月30日(土) 午後9時00分(120分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

エンディングの歌を歌ってるのはどなたですか?ローマ字スペルが一瞬見えたのですが、ジュノさんでしょうか?ドラマ内容と合っていて、良い歌ですね。

投稿者:ピアニスト

遅い仕事が終わって、夜食とお酒の伴にとても気持ちの良い番組でした。。京都の習俗とドラマを上手に仕立ててくれていて、さすがNHKですなぁ~。。エンディングの曲は、聞きなじみのある曲で、「あれ?この曲は…」と気がついたらエンドロールは流れていました。。懐かしくサビを口ずさんでいました。なんていう曲だったかなぁ?

投稿者:Java藤本哲彦

Blueという意味が分かった。
ヒースロー先生が出てきたとき、うれしかった。

投稿者:しんすけ

不思議な番組です。ドキュメント(インタビュー)とドラマの融合した奥深い番組で、毎回楽しく見ています。

投稿者:とまむ

前回までのしっとりした感じがしなくてがっかりでした。今回は作りすぎて無理やり京都の話としている気がして。唯一大原さんと松尾アナのやりとりだけは救われました。

投稿者:にゃおみん

途中からでしたが、実力派若手俳優の起用で
今後も楽しみです。
ブルー、という副題とても良い!
群像劇いいですねー

投稿者:きのこそば

初々しく気持ちよく拝見させて頂きました。
京都のいろいろな行事が、街の人たちのまとまりになっているのだろうなぁ!またそれがプライドに繋がっているのだろう!!と心を動かされました。

投稿者:銀時狼

京都の近くなので、散歩に役立てています。

投稿者:福ちゃん2929

エンディングがぐぐっときました

投稿者:わかちゃん

毎年、ご開帳等に合わせて、京都に行きます。ドラマであっても年中行事やお寺さんが織り込まれ、おもしろかった。ほとんど、ドラマを見ない私ですが、2時間があっという間でした。そして、5人の若手俳優さんが役柄にピッタリ!!!そして、浅野さん、いい味だしておられました(笑)。

投稿者:しんちゃんママ

新シリーズ待ってました!
さて、「京都慕情」を超えるテーマ曲があるのだろうか、と思っておりましたら、「北山杉」が来るとは!
ちょっぴりマイナーだけど、中学時代の私の中にある京都の思い出が詰まった曲。
私の中のBLUEですかね?
今、息子が京都の大学にいるのですが、息子の姿やこの番組とが交錯し、エンディングの北山杉にやられました。

投稿者:ライブベアラ

シーズン1の頃から知っている番組でしたが、大変面白かったです。私も陶芸を勉強中なので、自分と重なる点があり登場人物と一緒に頑張りたいと思いました。次の放送も楽しみです。

投稿者:みかん

小生は、京都生まれ京都育ちの75歳です。久しぶりに清々しい気持ちで、泣けまた癒やされました。第三者的に京都を見て新しい発見が有り、興味を持って考えさせられる事が有りました。すばらしい内容で有り、もっと掘り下げて放送をしてほしいものです。ありがとうございました。

投稿者:北野 宏武

京都慕情の音楽とても楽しみにしていたので…寂しいです(T_T)
あの曲が、ドラマを引き立てていたので大好きでした…残念(T_T)

投稿者:ゆぴぴ

とっても面白かったです。中国地方に住む私には、近いような遠いような古都ですが、知っている京都、知らない京都が折り混ざりノンフィクションを見ているかのような、あっという間の二時間でした。是非、是非、続きをお願いします。

投稿者:まるぶる

2ndシーズン。ドラマとしては面白かったけど、1stシーズンと比べるとチョッチ物足りないかな。あのなんとも言えない独特な雰囲気がなくなってしまった。まだ始まったばかりだから夏の送り火の次の季節に期待、かな?

投稿者:青にゃん

途中から偶然拝見致しましたが終わり迄完全ハマりでした。老若男女を問わない、かつ視角的、心情的に引き込まれる良い作りでした。

投稿者:猫太郎

前シリーズから見ていますが、今回は、「京都人の密かな愉しみ」って番組名でなく、違った番組名でも良かったんじゃないかと思いますね。

投稿者:Ryo

京都人の密かな愉しみ
初回から毎回楽しみにしている番組です。桜散るで終了してしまったのがすごくすごく残念で、今回2ndシーズンが始まるとのこと、とても楽しみにしていました。
ただ、林遣都さんには洗い屋さんの息子さんでいてほしかったし、高岡早紀さんにはサクラさんでいてほしかったです。もう少し前回へのオマージュがあっても良かったかと思いました。

投稿者:シムママ

今まだとは違った京都の見せ方
良かったです。エンディングの北山杉懐かしすぎます。

投稿者:イチ

京都で生まれ育ったのにまだまだ知らないことがある!
京都弁のイントネーションがおかしいところがあったので
自分で突っ込みつつ見ていた

投稿者:ふーこ

京都は自分なりに知っているつもりでしたが、とても深い内容で、勉強させていただきました。キャストや構成が素晴らしく、青二才のブルーが、眩しかったです!
是非、再放送お願いします。

投稿者:ももちゃん

実に面白い番組でした。何度も笑いました。
京都出身でない俳優たちの見事な京都弁にも感心しました。相当訓練したのではないかと思います。

投稿者:平野芳英

お礼を言いに来ました。
前シリーズの映像美や音楽、雰囲気を引き継ぎつつ、老若男女の個性的な新しいキャラクター、そして教授w。
送り火の場面では部屋の明かりを消して見て涙が。またすごく楽しみなシリーズになりそうです。
ありがとうございます!

投稿者:たけちゃん

前シーズンから毎回欠かさず見てます。登場人物は変わっても、続きがあったことを喜んでいます。ヒースロー先生、大原先生、松尾アナが引き続き出ていて、ほっとしました。次回も大いに期待しています。

投稿者:天河水

毎回楽しく見させていただいております。ただ今回は京野菜を修業している俳優さんの箸の使い方が気になって途中からまったく楽しめなくなってしまいました。もう少し演技以外の事もお勉強なさったほうがよろしいかと。

投稿者:京女もどき

前回のシリーズから拝見しています。
京都独特の風習、習わしみたいなものが学べてとてもおもしろく楽しめました。
途中に入る大原さんのお料理も勉強になりました。
今回の放送も配役も良かったです。
ぜひともまた二回三回と続けてください!
今日の放送の再放送もお願いします。

投稿者:月下美人

大好きな番組の「京都人」。新しい章になった「修業中」、新たな気持ちで拝見しました。庭、パン、料亭、陶芸、京野菜と、どれも京都らしいテーマが取り上げられていて、楽しいドラマになっていました。なかでも、五山の送り火のシーンには驚きました。送り火本番の慌ただしい状況の中で撮影されたんですよね。すごいと思います。次回の作品も楽しみにしています。

投稿者:池田一真

前シリーズが大好きで、録画したものを何度も見返しています。本作も、設定が変わったとはいえ、同じ空気のドラマで安心しました。この調子で、ぜひとも続けてください。
ちょっと地味なドラマなので、世間の人があまり知らないのが、とても残念です。私は、友人・知人に広く告知して、この番組の面白さを広めるよう努力しています。

投稿者:msusumu

京都人の密かな愉しみは一番大好きな番組です。京都人ですが、毎回セリフを覚えてしまう程 何度も見て楽しんでます!
普通のウチの京都人ですが 番組中に出てくる神社仏閣だけでなく 西陣の通りや 商店街の知ってるお店や角々を見ては「あ、ココ この間通った道や!」とか発見するのも楽しいです。そんな愉しみ方する人多いですよ!

投稿者:堀川香織

若い人中心だからどうなるかと思ってたけど、面白いじゃないですか。次回作もたのしみ!

投稿者:ぽち

番組をみだしたのは、再放送がはじまって、さらに途中からです。
最近見た番組の、中で一番でした。
最初から、是非また見たいです。
友達に言ってもほとんどがしりませんでした。是非是非再々放送かDVD化を。こんなステキなドラマもったいないです。??

投稿者:ヒッキー

老舗菓子屋の若女将の話も良かった。落ち着いたテレビのドラマが最近ないので新鮮に感じました。ぜひ今後も続けて欲しい。秋、冬、春編と。

投稿者:もこ

大原千鶴さんの洋装もすてきでしたよ!レシピが知りたいです。

投稿者:nyo nyo

毎回すばらしい内容で、考えさせられたりその後を妄想したり 密かにはまれる番組です。今回の修業5人はぜひ続編を期待しています。奥深い京都の日常 小説を読むように完結せずにその後が気になって面白いです。

投稿者:shino

どうして京都は、こんなに人をひきつけてやまないのでしょう?。京都ってこんなイメージ?、というのを人も街も意識しているように思えます。そりゃあ、受け継がれてきた伝統というのもあるんでしょうけど、それが今に生きているという気がします。今まさに青春な若者たちが、伝統と向き合い奮闘するドラマ。

投稿者:マドリー

1stシーズンとは趣を変えていて 新たな楽しみが増えました 出来ましたらエンディングテーマ曲は「京都慕情」の方が・・・
視聴後の心の収まりがいいのですが・・

投稿者:masa

少なくとも今回は1シーズンへのノスタルジアを感じなかったが、常連で繋ぎ安心。ただ寺の修行も入れて欲しかった。肉は知っていたが、パンの消費量日本一は知らなかった。それにしてもみやこ(三八子)は……。

投稿者:ぬきちゃん

前作品もそうですが、1話『送る夏』が一本の映画のような完成度の高い作品になっていて大満足でした。人間模様に笑って笑って?でもやっぱり京都の歴史、アートに感動して久し振りにテレビにかじりついてしまいました。☆次の作品も期待しています
頑張ってください。

投稿者:ムーミンママ

登場人物、多すぎ。
京都人の日常を正確に描きすぎて、一地方都市の若者青春ドラマ。

投稿者:kanae

新ストーリー今までと面白さを感じました、これからも楽しみです(●⌒∇⌒●) わーい
PS:大原さんが紹介したたまごサンド、翌朝に試したらおいしかったです(●⌒∇⌒●) わーい

投稿者:なだやん

がっかりでした。いかにも、関東の方が思う京都でした。あちこち、こんな言い回しはしないところがあり、直すべきところが、前回に比べて多いです。

投稿者:ゆき

このシリーズ西陣生まれの生粋の京都人と見ています。今回のシリーズも地元の人しか知らないネタが多いらしく満足してるようです。横浜人の私には不思議だらけのこのシリーズ今後の展開が楽しみです。エンディングの選曲も渋いですね。京都人は皆さんがんばってるけど京都弁では無いと言ってますがw

投稿者:Makoto

私の「密かな愉しみ」登場人物の名前を見つけること。
前作は湘南電車駅名シリーズ。沢藤・堂辻・鵠沼・二宮。
そして今作は世田谷線へ移動。若林・松原・宮坂・上町・松陰。早くも次に期待。

投稿者:YOSHI

再放送も何度も観賞するほど面白かった前回のシリーズとはひと味違った今回の「京都人の密かな愉しみ」。前回より引き続きエドワード ヒースロー氏も登場したあたりに今後の展開が楽しみです。

投稿者:DTgonba

私は京都出身ですが現在は他の地方で暮らしています。「京都人の密かな愉しみ」を見て、改めて京都の奥深さと面白さ、そして魅力を認識しました。次帰ったら京都散策をしてみたい!

投稿者:ギリギリ京都人

京都探索家としては、とても興味深く視聴。NHKならではの見事な番組でした。
京都の伝統の技を取得するための修業に励む若者と技を極めた師匠の気概が心地良く伝わってきた。それぞれの役になり切っている役者の演技が見事。
お盆を迎え、送るさまざまな行事とそれらに参加できる京都人が羨ましく感じた。五山の送り火、祇園祭の山鉾はじめさまざまな行事を運営する町衆の力もすごい。

投稿者:saka-t-sss

林遣都さんが出演されるので楽しみにしていました。2時間があっという間でした。職人を目指す若者5人の関係がいいですね。早く続きが見たいです。よろしくお願いします。

投稿者:さき

いつも楽しみにしていた京都人シリーズの新作、若き職人さんたちの奮闘が爽やかで見ごたえがありました!林遣都くんをはじめとした若手俳優さんたちの演技がとても良かったです。出てくる料理がどれもおいしそうで、京都の風景映像もとてもきれいでした。五人の若者たちのこれから、主人公の幸太郎の家庭の事情が気になります!続きを楽しみにしています。

投稿者:K

外側からは知り得ない京都の人々の暮らしを、色濃い季節の移り変わりと共に楽しめて眼福でした。特にさまざまにおいしそうなごちそう!やたらとお腹が空きました。京都の方って、あんなにパンが好きなんだなあ(笑)
このお話は続くんでしょうか。修業中の5人のそれぞれの行先が、とっても気になります!

投稿者:するすみ

長年京都人の密かな愉しみのファンでしたが、今回は失望しました。前作に出演された方が別の役で出ていて混乱しました。

投稿者:けいこ

新シリーズ、待っていました!
かつてblueだった(はず?)自分を思い出しながら、拝見しました。これから5人の成長が楽しみ!なのは勿論、脇を固める俳優陣がめちゃくちゃ魅力的です!次回も楽しみです。

投稿者:ringring

前回は、冬編の再放送からはまり、夏編、秋編?を何回もみて月編、桜編と楽しく見させて頂きました。前回は、京都人とは?にフォーカスがあたっていて良かったのですが、今回は、京都の職人さんという事で、京都というより職人!の世界という感じがしました。演出もだいぶ変わってしまい?テンポがはやい感じですが、若者!がテーマなのでちょうどいいのかなと。これからに期待したいです。

投稿者:ジークフリード

前作が終わってしまって寂しかったですが、今回見れて良かったです。

投稿者:よねびん

前シリーズも良かったけど、ぐっと若返って修業中の若者達、そして周りの各世代のドラマもあり見どころたっぷりです。人間ドラマあり、歴史・観光案内あり、京都の日常生活あり、料理ありと、見どころ満載!次回が楽しみです。

投稿者:kan

超愉しみにして、見ました。
若いっていいですね!
ひとつ残念だったのが、京都人のシリーズで出演された俳優さんが、まったく違う役で出演されていた事です。
同じ役柄で""その後""的に見たかったです。
て事で、次回に期待です( ´∀`)

投稿者:shige_chi

清々しい内容で、見て良かったと思います。ただ前回のシリーズもそうでしたが、回を重ねる毎に理解に苦しむ内容がいくつかあったので今回もそれを危惧しています。「純愛」なのか知りませんが、映像と音楽の美しさとは反対にザラリとしたものがありました。

投稿者:あめちゃん

新章も、良かったです。
三八子さん達の物語の陰で、こんな風に修業中の若者がいるというのも、いいですね。
松尾アナと、千鶴センセのコーナーも、良かった。
エドワードヒースローさんも、無事復職!良かったです。

投稿者:ハマのパンダ

正直今回は期待ハズレでした!京都慕情でなかったのもガッカリでした

投稿者:ヒロ

京都弁が下手すぎて聞き苦しい

投稿者:おばとら

毎回とても楽しみにしています。
前回のものとは、別の話なのかもしれませんが、同じ役者さんを使われると、何となく感情移入できなくて……
とても好きなので、続けてほしいです。
楽しみにしています。

投稿者:みー

前作の穏やかな緊張感とは別の世界を見せていただきました。
どこにもいるわけがない、でもどこにでもいそうな、やんちゃな一途な若者がただただ羨ましい。
可能性を秘めた才能あふれる時間の経過を楽しみに拝見できそうです。
京都が大好きな初老の密かな期待です。

投稿者:想風

京都文化の多彩さと奥深さを垣間見る内容に釘付けになりました。最近あまり聞かれなくなった伊東敏恵アナのNHK屈指のナレーションはめっちゃ心地よくて、京都にピッタリです。もう少し聞きたかった。1200年の積み重ねとは何かを世に問うメッセージ性豊かな内容に、NHKの真の実力を感じました。次も期待しています。

投稿者:島袋健一

前回、番組が終わってしまい、がっかりしていましたが、
何だか若返って帰って来てくれたので、ホントに嬉しいです。
若い職人さんの卵が瑞々しくかわいくて、胸キュンキュンしました。
若いけれど、みんな昔から京都人とは切っても切れない職業の職人として精進していて、ステキな先輩との絡みも味があります。
次の放送が今から楽しみです。

投稿者:京乃桜

前シリーズが大好き過ぎて、見る前は「新しいシリーズ、ど~なんかなぁ、二番煎じだったらイヤだな~」って思っていました、ごめんなさい、「Blue」瑞々しくて とってもステキでした!
これからもこのドラマ続けてくださいね
そして、、、三八子さんのその後も少しでいいので、おり込んでいただけると、さらにうれしいです
本当に本当にお願いします!
そして、、、三八子さんのその後も
少しでいいので、おり込んでいただけると、さらに嬉しいです
本当に本当にお願いします!

投稿者:しお

精霊迎えのほの暗いお寺の境内の皆静かにお参りしている風景は、観光で来る人向けではないけれど静謐(せいひつ)な美しさがあります。自転車を押して入っていく玄関の先の薄暗い土間、ああそうそう!あんまり好きじゃない、ちょっと鬱陶(うっとう)しい京都。これも京都。見ておくれやす。

投稿者:くるみぱん

面白く拝見しました。五人の成長が楽しみです。

投稿者:だんな

大文字の草刈り草を握った小指側に鎌を入れないと怪我します。考証が荒い

投稿者:カボチャ

若い人たちの静かで熱い頑張りが心地よく伝わってきました
毎熊くん、とってもかっこいいです
ヒースロー先生にもまた会えてよかったです!

投稿者:みったつ

今迄も寺の娘の結婚事情とかをかいま見る回はありましたが、今回からさまざまな業種に於ける現場の実情が更に分かるのと、京都人の素顔が見れて今回のもファンに!お料理コーナーの大原さんと松尾アナのコンビが、和から洋に変わっても大丈夫です。

投稿者:マコマリ

「京都人の...」の前作からのファンです。一連の作品はその映像の美しさ、よく練られたせりふや解説とともに多くの視聴者を魅了したと信じています。新しい作品が出来るときいて、正直なところどうなるのかなと思っていましたが、なかなかどうして、林遣都、相楽樹、矢本悠馬、趣里 、毎熊克哉の5人はよく耐え、自然さを失わずすばらしいと思いました。続きを楽しみにしています。

投稿者:IshikawaHokuriku

前シリーズも大好きで再放送チェックしてました。
今回は趣きがガラリと変わりましたが、やっぱり静かで落ち着いたすてきな俳優さんたちと物語とノンフィクションがいい感じで混ざりあってて大好きです。次回も楽しみです。

投稿者:ココナツ

最初見ていた時はドキュメントだと思い見ていましたが、ドラマだとわかった時は感激でした、出演者の演技臭が一切せずここ数十年のテレビ番組では最高な放送だと思います。
是非是非再放送をBSでなく101CHか102CHでお願いします。放映前の広報は何度も告知してから再放送をお頼み申します。多くの人に見てもらいたいので。

投稿者:ふきまくりおーじ

シーズン1のメンバーで続編が見たかった。つまらない訳ではないがごく普通の京都ドラマになった感がある。

投稿者:pozz

新シリーズも面白かった。我らのヒースロー先生も再登場でうれしかったです。

投稿者:XLU

前期は大人の京都人の物語。
シーズン2はこれからの京都を支える京都人のストーリー。
ドキュメントは知らない京都の面をまた新たに教えてくれます。衣食住、本当の京都の生活をさらに深く知ることが出来ることでまだまだ遠い京都人の道のりにほんの少し近づくことが出来た(気がする)。
大好きなヒースロー先生もちょっと出てくるのでより楽しめる!!

投稿者:甘党亭銀楽

前回シリーズも大変趣きがあり、良い出来ばえでしたが、今回のBLUE(修業中)は、新たな京都と京都人の魅力あふれる内容だったと思います。
是非、前回同様に、シリーズ化されることをお願いします。

投稿者:ひーちゃん

前回シリーズも良かったが、今回の京都と京都人の素敵な日常も、印象深く楽しい作品でした。
是非、今回のBlue修業中もシリーズ化されます様に。
楽しみにしています。

投稿者:真由子

とっても楽しみにしていました。
5人の若者の修業の大変さ。
自分の決めた道に向かって一生懸命な様子に心打たれながら、きれいな映像と共に大変癒やされた2時間でした。
挫折しないでがんばって欲しいです。
林君の語りはとても優しく心地いいですね。
板前の子面白かったです。
ヒースロー先生待ってました。
続きが楽しみです。

投稿者:みか

林 遣都さんは、大好きな俳優さんで、東京での就職を止めて、家業の洗い屋さんを継ぐストーリーに心打たれましたが、今回は、全く異なる設定なのでした。節操が無さ過ぎはしませんか?
美しい瑠璃光院の庭は素敵ですが、振り返ると、観光案内染みて見えてしまい残念。

投稿者:京都在住7年目

美しい風景の中、流れる林遣都のナレーションが心うつ。
わずかなアクセントの機微がうまい。
日本の原風景の中で生きる若者の逞しさに未来を感じる。

投稿者:深雪

ファーストシーズンが大好きで
終わってしまった寂しさが残る中
まさかのセカンドシーズンが始まるとの事で
さっそく、見させて頂きました!!
意図的にファーストと変えてある部分が
良く分かり、セカンドならではの面白さがありました。
ちなみに主題歌を歌われているJUONさんが
ドリカムの吉田さんのご主人だと分かり
かなりびっくりしました(笑)

投稿者:MUCC

常盤貴子さん主演の作品とはガラリと違うお話で、5人の若者を応援する親の気持ちになりました。2作目から、作品と共に彼らの成長が楽しみです。京都の四季の美しさも合わせて魅せていただけることと楽しみにしております。

投稿者:gomachan

陰で支える京都人。素材や思い入れまで紹介している事が良かった。シリアスな中にもユーモアもあるし、前作から、継続されている配役や構成も良かった。セットでなくロケが実際の場所を使っておられるであろう事がエッセンスになっていると思う。今後も大いにこのスタンスの制作を期待しています。

投稿者:フレッド

これから、若者五人がどう成長して行くのか、秋冬春がどう描かれるのか、楽しみです。

投稿者:三八子ファン

息子が京都市内の大学生です。時々行って様子を見て来ます。その度に市内を歩いていて、番組を見ながら今度はどこに行こうかと考えるのが楽しみのひとつです。秋の月、春の桜、冬の鴨川、夏の祇園祭。私の青春のリバイバルですね。

投稿者:由紀子

新シリーズしっかりと拝見しました。
打って変わって、京都で頑張る若者たちの青春を描くストーリーと、
織り交ぜられる、お盆の京都の模様を、とても優美にそして、奥行きを持って伝えてくれる上質なドキュドラでございました。
これからも愉(たの)しみでしょうがありません。
京都って、京都人って深い!

投稿者:さいつー

待ってました、新シリーズ。今回は、修業中の若者の京都。エンディングに流れてきた曲。聞いたことがある、懐かしい。「北山杉」。1975年、大学3回生のころ。あの頃の映像が蘇ってきました。前回の「京都慕情」といい、センスよろしいなぁ。今後の作品を楽しみにしております。では。

投稿者:日々是好日

(^-^) つい、こちらまで京都弁になります(笑)
ベーカリーは、現存しているんですか? 是非、来月行きたいです! ヒースローさんの、さりげなく出演も なかなか良かったです。
キャストが、変わっても この番組の構成が大好きです。
また、次回作も よろしくお願い申し上げます。(^-^)

投稿者:かおあぽろん

前のシリーズの大ファンで、録画して何度も何度も繰り返し観ています。今回の新作もとても楽しみにしていました。
けど、残念!面白くなかった!どこがどうと言うより、単純に面白くなかった。ストーリーは希薄でキャストも嘘くさい、京都のうんちくも説明勝ちで、すべてが作り物感が強すぎる。
前回と比べるからダメなのかもしれないけど、比べなくても面白くなかった。

投稿者:mgmgsisca

前シーズンから楽しく拝見しています。…が、京都出身者としては、気になる関西イントネーションが多く…。

投稿者:まあち

三八子さんのシーズンが素敵すぎて心配してましたが、新しい京都の発見がありました。
京都に住んでると共感することが多く、私の京都人としてのあゆみは間違ってないのかなって思いながら見てました。

投稿者:京都人6年目
  • 京都人の愛する京都を描く、大人気のドキュドラ 2ndシーズン始動!
  • 作庭や陶芸、京料理など、伝統文化で職人を目指す若者の物語
  • ふだんは非公開の寺院の庭、五山の送り火の舞台裏 一見さんではワカらない古都京都へ“おいでやす”

どんな番組?

「祇園祭が終わり旧暦の七夕の頃になると、
僕らの町は、一瞬 阿呆みたいに静かになる」

photo
photo

あこがれの親方に近づきたい…
庭師見習い
若林ケント幸太郎 (林遣都さん)

photo

高校時代の同級生5人は
それぞれ職人の道を極めるため修業中

大原千鶴さんの絶品!京料理もご紹介

photo

京都の“夏”といえば“五山の送り火”
1年がかりで準備をすすめる大文字保存会に密着

photo

迎えて、祈り、送る夏

「…もう夏が終わりますえ」

京都人の密かな愉しみ
Blue 修業中“送る夏”。
9月30日(土)午後9時00分放送
BSプレミアム

番組スタッフから

photo

「苔マニア」の庭師役に挑戦! 林 遣都インタビュー
ドラマとドキュメンタリーで「京都人が愛する京都」を描く人気シリーズ「京都人の密ひそかな愉たのしみ」の2ndシーズンが、9月30日(土)よりスタートします! 今シーズンで主人公となるのは、5人の若者たち。庭師、陶芸、京料理など、京都の伝統的な仕事や文化を継承するべく奮闘する姿を描きます。

今回は、一人前の庭師を目指す主人公「若林ケント幸太郎」を演じる林 遣都さんにインタビュー! 京都が大好きだという林さんに、撮影の裏話などを詳しく聞いてきました♪

庭師役を通して、苔こけにハマる人の気持ちに共感
──林さんが演じる若林ケント幸太郎はどんな役柄でしょうか?

“京都で庭師の修業をしている苔マニアの青年”という役柄なのですが、これまで苔マニアの方に出会ったことも、そんな観点で苔を見たこともありませんでした(笑)。なので、苔マニアの方のブログを読んで、その魅力を調べました。

幸太郎は、子どものころイギリスに住んでいて、いまは父親と離れて暮らしている……という少し複雑な生い立ちなんです。今回の放送では、幸太郎の母親・若林志保を演じる秋山菜津子さんとのシーンで家庭環境にも触れています。…続きはNHK_PR 番組ページ 「苔マニア」の庭師役に挑戦! 林 遣都インタビュー◇京都人の密かな愉しみ Blue修業中 送る夏

番組内容

京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ Blue 修業中/送る夏

京都人の生活の中の密かな喜びや苦悩を描いた人気シリーズの2ndシーズン。主役はガラッと変わり、今度は若者たちの物語となる。作庭、陶芸、京料理など、京都の伝統的な文化を継承し、自分なりの生き方を見いだそうとする若者たちの姿を五山の送り火に向かう情景の中で描く。厳しい親や師匠との葛藤あり、涙あり、笑いあり。ドキュメンタリーとドラマを行ったりきたりしながら、イチゲンさんでは知りえない京都の奥深い世界へ。

出演者ほか

【出演】林遣都,相楽樹,矢本悠馬,趣里,毎熊克哉,団時朗,浅野和之,甲本雅裕,田中幸太朗,岡田浩暉,宮田圭子,楠見薫,石田剛太,上杉祥三,松澤一之,本田博太郎,井之上チャル,高岡早紀,秋山菜津子,石橋蓮司,江波杏子

チャンネル

  • 2017年9月30日(土) 午後9時00分(120分)

編集部のおすすめ