もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

精霊と奇岩の“楽園”を歩く~チェコ チェスキー・ラーイ~
一本の道「精霊と奇岩の“楽園”を歩く~チェコ チェスキー・ラーイ~」
みんなの
レビューは
こちら

一本の道「精霊と奇岩の“楽園”を歩く~チェコ チェスキー・ラーイ~」

  • 2017年9月26日(火) 午後10時00分(60分)
  • 2017年10月31日(火) 午前8時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

一緒にチェスキー・ラーイを歩いているような感じになりました。道中さまざま人に出会い、思いがけない価値観にも出会え、楽しかったです。2人が話に夢中になって(?) 途中で道に迷ってしまい、引き返したところがよかった。長い人生、少しぐらい横道にそれても、気づいたところで引き返せば問題ありませんね。

投稿者:マリー

チェスキー・ラーイの大自然の中に、チェコの歴史が凝縮されていた。さまざまな文化の影響を受けざるを得ない中で脈々と伝承されていく自国文化の息吹を感じた。登場する人々の発言の中、ふとした一言に民族の誇りが宿る。

投稿者:ちびくじら

番組内容

一本の道「精霊と奇岩の“楽園”を歩く~チェコ チェスキー・ラーイ~」

チェコの首都プラハの北東に「チェスキー・ラーイ」という名の景勝地がある。太古の時代、海底が隆起して作り出された巨岩・奇岩の数々。精霊が宿ると信じられてきた神秘的な緑の森。そして、中世の趣を今に残す古城やとりでの壮麗な姿に、多くの人々が魅せられてきた。今回、そんな絶景が連なる道を、NHK静岡放送局の柴田祐規子アナウンサーが歩いた。独自の文化と民族の誇りを大切にしてきた人々の思いにも触れた6日間の旅。

出演者ほか

【出演】柴田祐規子,金杉ペトラ

チャンネル

  • 2017年9月26日(火) 午後10時00分(60分)
  • 2017年10月31日(火) 午前8時00分(60分)

編集部のおすすめ