もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

三江線に乾杯!
六角精児の呑(の)み鉄本線・日本旅「秋・三江線を呑(の)む!」
みんなの
レビューは
こちら

六角精児の呑(の)み鉄本線・日本旅「秋・三江線を呑(の)む!」

  • 2017年11月29日(水) 午後10時00分(60分)
  • 2018年1月6日(土) 午後3時30分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

相変わらずののんびり、まったり旅に癒やされます。今回の三江線の旅には廃線直前の沿線に息づく山間部の人々の微かな悲哀と生来ののどかさとが混在しています。そこに六角氏が飄々(ひょうひょう)と夕闇の駅に、また閑散とした昼間の駅に出没し、深い川と山々を背景に何とも言えぬコントラストを見せていて、あっという間の一時間でした。録画したいので是非、再放送を希望します。

投稿者:但馬一平

昨日11月29日の放送を録画しそこないました。是非再放送をしてください。
これまでの放送分は大体見てます。六角さんのキャラクターが大変気に入ってます。ほのぼのした気持ちになります。旅番組の中でも一番気に入ってます。

投稿者:じゃがりん

1955年からの3年間、三江線川本駅の島根県立川本高校(現:中央高校)で青春を謳歌しました。
`56年吹奏楽が創部され確かその年にSLの石炭列車からディーゼル列車に変わった際、祝賀の祭典で小雨の中ほやほやの吹奏楽の演奏をしたことを懐かしく思い出しました。
そして12~15年後、吹奏楽全国大会で数回金賞を受賞しました。

投稿者:尾谷光紀

1955年からの3年間、旧川本高校生活最大の行事は通学帯で区分けされた体育祭でした。
川本駅上りは「疾風団」、下りは「東雲(しののめ)団」、バス及び寄宿舎生は「曙団」、町内在住生は「赤猫団の4チームで上級生~下級生の枠を外したコミュニケーション育成が目標の一つだったと思います。
当日への仮装行列・バザー・応援合戦等の準備で授業はうわの空、遠い日の青春でした。

投稿者:尾谷光紀

六角さんが三江線に乗った前の週に私も行きました。ただ、三次発で逆方向の乗車でした。六角さんが下車した天空の駅と言われている宇都井駅や潮駅に降りたので、行った時を確認しながら見ていました。六角さんが入った潮駅近くの商店ではペットボトルのお茶と菓子を買いました。
実は、夏の夕張支線の時、同じ列車に乗っていました。

投稿者:かーくん
  • 俳優 六角精児さんが、来春廃止予定の三江線を“呑み鉄”!
  • 1日に走る列車は数本のみ! 時刻表を片手に途中下車
  • 川に沿って走る路線ならではの仕組みとは?

どんな番組?

photo

「島根県に来てます。
ここは江津駅ですね」

photo

「これは
すごいですね」

俳優・六角精児さんが、鉄道に乗り
うまい酒、うまいものを求めて旅する
「呑み鉄本線・日本旅」

photo

乗車したのは
島根県から広島県を結ぶ“三江線”
来年3月末で廃線が予定されている

photo

中国地方随一の川“江の川”に沿って
のんびり走るディーゼル車

photo

川の氾らんに備えた三江線ならではの
独特の仕組みとは?

photo

「この線路もね、
いつまで残っているのか」

ユニークな構造の宇津井駅

photo

「誰も登らなくなっちゃったら
寂しいだろうな」

次の列車は9時間後!
地元の方に教えていただいた酒蔵を目指す

「これはね、
キリッとした
お酒だわ 」

photo
photo

「ああ、昼飯だ」

川の駅で見つけたのは“ワニ”の刺身?!

photo

「なんだか
意外です」

列車は終点、三次駅へ

photo

三江線に乾杯!

六角精児の呑(の)み鉄本線・日本旅
「秋・三江線を呑(の)む!」
11月29日(水)午後10時00分放送
BSプレミアム

番組内容

六角精児の呑(の)み鉄本線・日本旅「秋・三江線を呑(の)む!」

▽「酒」と「鉄道」という偏った観点で俳優・六角精児が自由気ままに途中下車▽今回は秋の中国山地・三江線が舞台▽三江線は2018年3月いっぱいで廃止となることから今鉄道ファンから熱い視線を送られている路線。そんな三江線で六角精児が乗り納めの旅▽川とともに歩んできた三江線ならではの独特の仕組みとは?▽江の川名物・鮎の塩焼きに酒がすすむ!▽今回も魅惑の壇蜜ナレーションと六角おすすめの名曲にのせて列車は走る

出演者ほか

【出演】六角精児,【語り】壇蜜

チャンネル

  • 2017年11月29日(水) 午後10時00分(60分)
  • 2018年1月6日(土) 午後3時30分(60分)

編集部のおすすめ