もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

差別と偏見に立ち向かった人々の知られざるドラマ
アナザーストーリーズ「エイズの衝撃~スターの告白が世界を変えた~」

アナザーストーリーズ「エイズの衝撃~スターの告白が世界を変えた~」

  • 2019年6月25日(火) 午後9時00分(60分)
  • 2019年7月1日(月) 午後11時45分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

photo photo

1980年代、世界に大きな衝撃を与えた「エイズ」。30歳の僕はその頃まだ生まれておらず、人々が恐怖したその感覚を“肌”で知りません。そこでまずこの病気の蔓延の始まりを調べてみて驚いたのは“蔓延を防ぐ機会は何度もあったのでは?”というものでした。
当初ゲイの人々に多く感染したことによって、世間は“自分には関係のない病気”と、この病気に関心を寄せず、さらに患者は偏見にさらされます。世間から顧みられない感染者の人々、人知れずこの事態を変えようと奔走した人々はどんな思いで生きていたのか、当時を知らないからこそ取材したいと思いました。

【取材する中で印象に残った言葉・現場】
取材を受けてくださった方々は、ご自身の病気こと、感染の経緯など赤裸々に語ってくださいました。エイズによって最愛の恋人を失った人は「もっと早く対策が講じられていれば恋人は死なずにすんだかも知れない」と涙を流し、夫と1歳の息子を亡くした女性の家には、当時の家族写真で溢れていました。そして当時エイズ蔓延の渦中を生きた人々の目には、いまも深い悲しみが残っていました。彼らの言葉や表情が、エイズが及ぼした悲劇がどれほどのものだったのかを、当時を知らない僕に強く感じさせるものでした。

【見てくださる方に一言】
医療の進歩によりエイズは不治の病ではなくなったいま、「なぜ今更エイズの番組を?」と思う人もいるかも知れません。実際に僕もこの番組で取材をしているなかで、そんな言葉を投げかけられました。しかし、エイズをもたらすHIVの感染者は毎年新たに見つかっており、感染は今尚広がっています。そして一度感染した人はそのウイルスと生涯ともにすることになります。エイズは決して過去の病気ではないと思います。エイズついて、もう一度思い出していただくきっかけに番組がなれば幸いです。そして当時、世間の無関心の中で命をかけて生きた人々の存在を知っていただけたらと思います。

(番組ディレクター 天谷来翔)

番組内容

アナザーストーリーズ「エイズの衝撃~スターの告白が世界を変えた~」

エイズ、これほど世界に衝撃をもたらした病気があっただろうか?80年代初頭、当時は治療の手立てがなく、しかもゲイ特有の病気と誤解されたことで患者は偏見にさらされた。ところが85年、ハリウッドきってのスター、ロック・ハドソンがエイズを告白したことで、世間の認識を大きく変えていくことになる。そこには、差別と偏見に敢然と立ち向かった人々の知られざるドラマが。ある者は愛のために、ある者は誇りのために…

出演者ほか

【司会】松嶋菜々子,【語り】濱田岳

チャンネル

  • 2019年6月25日(火) 午後9時00分(60分)
  • 2019年7月1日(月) 午後11時45分(60分)

編集部のおすすめ