もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

宇宙に魂を売った男
フランケンシュタインの誘惑E+ #10「宇宙に魂を売った男」
みんなの
レビューは
こちら

フランケンシュタインの誘惑E+ #10「宇宙に魂を売った男」

  • 2019年6月6日(木) 午後10時00分(45分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

情熱と技術力、そして夢を手繰り寄せる行動力それら全てを併せ持った恐るべき工学者の話だった。ナチスや米国を手玉にとったその半生はいっそ痛快に描くこともできただろうが、敢えて露悪的に描いたのだろう。番組冒頭で「夢に溺れた男」と紹介されていたが、ブラウンは月面到達という夢を泳ぎ切り、今際の時には宇宙遊泳を夢見ていたのだろうと想像する。今回も見応えのある内容だった。

投稿者:メリアン・シェリー/20代/男性

番組内容

フランケンシュタインの誘惑E+ #10「宇宙に魂を売った男」

人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ計画の中心人物として歴史に名を刻むドイツ出身の天才科学者ヴェルナー・フォン・ブラウン。しかし彼には、宇宙への夢を実現するために戦中はナチス、戦後はアメリカのロケット兵器開発に従事して大陸間弾道ミサイルを作り上げ多くの犠牲者を生みだした、もうひとつの顔があった!「夢のためには悪魔にでも魂を売る」。変節を繰り返し大国を手玉に取った科学者フォン・ブラウン。知られざる闇!

出演者ほか

【語り】吉川晃司

チャンネル

  • 2019年6月6日(木) 午後10時00分(45分)

編集部のおすすめ