もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

放射能 マリーが愛した光線
フランケンシュタインの誘惑E+・選 #9「放射能 マリーが愛した光線」
みんなの
レビューは
こちら

フランケンシュタインの誘惑E+・選 #9「放射能 マリーが愛した光線」

  • 2019年5月30日(木) 午後10時00分(46分)
  • 2019年7月25日(木) 午後10時00分(46分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

ラジウムの生成に成功して、その製法を特許申請しなかった点や、最後まで放射線の人体への影響から目を背けた所。とても考えさせられました。この没頭ぶりは狂気だと思えます。

投稿者:時空 解/50代/男性

面白かったけど、画像が怖くてトラウマになりそうです。

投稿者:みさき/40代/女性

研究者の歪んだ思考 正しい判断ができなくなった現実と世間 人間の愚かさが犇々(ひしひし)と伝わりました なぜブレーキがきかなかったのか 私の心に深く刻まれた番組になりました

投稿者:ダリア/50代/女性

科学の側面を考えさせられた

投稿者:モリリン/50代/女性

当時の時代背景や科学水準を無視して、現在のイデオロギーに染まった価値観で断罪する、所謂「ホウシャノウ」な人向けの番組。
まともな思考力を持つ人類には見る価値のない番組でした。

投稿者:某研究者/30代/男性

科学者としての探究心は単純に見習うべきだと思いました。研究が進むと言う事は、昨日までシロだったものがクロに変わる可能性もあると言う事。少なくとも現在の科学の発展等の裏には、犠牲になった方々がいるのを忘れてはいけないと思います。

投稿者:きんたろう/40代/女性

とても恐ろしい、すばらしい番組でした。

投稿者:いわお/50代/男性

番組内容

フランケンシュタインの誘惑E+・選 #9「放射能 マリーが愛した光線」

キュリー夫人として知られる物理学者マリー・キュリー。夫ピエールと二人三脚で放射能を発見し、女性初のノーベル賞を受賞。何ものにもよらずエネルギーを発する放射能の発見は、「原子は分割不可能で不変の、物質の最小単位」という、それまでの常識を覆し、「核の時代」の扉を開くものだった。夫の急死以後、子どもたちさえ顧みず研究に没頭。マリーの純粋な科学への愛は次第にゆがんでゆく。偉人マリーの知られざる一面に迫る!

出演者ほか

【語り】吉川晃司

チャンネル

  • 2019年5月30日(木) 午後10時00分(46分)
  • 2019年7月25日(木) 午後10時00分(46分)

編集部のおすすめ