もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

「死」を科学の力で操作しようとした天才の闇
フランケンシュタインの誘惑E+・選 #1「人体蘇生」
みんなの
レビューは
こちら

フランケンシュタインの誘惑E+・選 #1「人体蘇生」

  • 2019年4月4日(木) 午後10時00分(46分)
  • 2019年7月14日(日) 午前0時30分(45分)
  • 2019年8月29日(木) 午後10時00分(46分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

吉川晃司さんの声、音楽、再現VTRがテーマのおそろしさを倍増させる。科学が人間を幸せにするのかどうか、わからなくなる。

投稿者:ふみ

医療の発達はたくさんの臨床試験があった恩恵だと思うし…。蘇生医療における倫理的、社会的問題はこれからも大きな課題となりそう…。脳死した脳を、細胞の再生技術で蘇らせる臨床試験が今年から始まるという事に医学進歩の凄さと不安を同時に感じましたぁ。来週も楽しみです。

投稿者:まっきぃ

今まで人体蘇生については悪いことだと漠然と考えていたのですが、放送をみて極論ですが延命治療も蘇生に近い部分がすこしあるのかなとも感じてしまいました。科学と倫理という永遠の課題についてさらに深く考えていくきっかけになりました。

投稿者:Alen

番組内容

フランケンシュタインの誘惑E+・選 #1「人体蘇生」

科学史・闇の事件セレクション!今回は人類が追い求めてきた夢、「死者の復活」に迫る!つぎはぎの死体に命を吹き込み怪物を作り出してしまったゴシック小説の名作「フランケンシュタイン」。小説が映画化され大ヒットした1930年代、人体蘇生を実現しようとした男がいた。男は動物を自らの手で次々に殺し生き返らせるという実験を成功させ一躍時代の寵児となるが。「死」を科学の力で操作しようとした天才と、その闇に迫る!

出演者ほか

【語り】吉川晃司

チャンネル

  • 2019年4月4日(木) 午後10時00分(46分)
  • 2019年7月14日(日) 午前0時30分(45分)
  • 2019年8月29日(木) 午後10時00分(46分)

編集部のおすすめ