もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

限界に挑め!天空の超人たち
ザ・プレミアム「限界に挑め!天空の超人たち~激走!日本アルプス・2016~」
みんなの
レビューは
こちら

ザ・プレミアム「限界に挑め!天空の超人たち~激走!日本アルプス・2016~」

  • 2016年9月24日(土) 午後9時00分(120分)
  • 2016年11月14日(月) 午後4時00分(120分)
  • 2017年1月2日(月) 午後3時00分(120分)
  • 2017年8月12日(土) 午後1時30分(120分)
  • 2018年1月4日(木) 午前0時30分(120分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

泣けたぁぁ、、、自分の限界に挑む人達に感動!

投稿者:ボブ

自分のために、自分の限界に向けて、ひたむきに走る姿に感銘を受けました。
わたしに同じことはできないけれど、やっぱり自然は偉大。自分と向き合える山歩きにますますみせられました。

投稿者:よしまま

日本代表になるオリンピック、パラリンピック選手に限らず、こんなに超人的なアスリート達が日本内であつい闘いをしているんだ!という事をこの番組を通して初めて知りました。
登山さえ10年以上とやっておりませんが、自分の限界を知る、という意味で自然に勉強させていただく機会を自分も設けてみたいなと感じました。

投稿者:おにおん

こんな過酷なレースが日本で開催されているとは知りませんでした。美しい稜線を走る姿からは想像出来ない超人達。その黙々と前に進む姿は気迫と情熱にあふれ美しかったです!次回は沿道で生で見て応援したいな。

投稿者:ペーパー

そびえ立つ山々がきれいでした。こんなに過酷なレースが日本にもある事を知りませんでした。長距離のレースになるほど、追いつける可能性がある事を教わりました。

投稿者:のたり

ランナーを追いかけるカメラマンの苦労、そして選手達のそれぞれの人間模様は感動でした。普段当たり前のようにサラリーマンをしている方々がこのレースにどうして挑むのか?
簡単には回答が出ない奥深いテーマです。
アルプスの空撮映像もすばらしかったです。

投稿者:ランディ

幻覚をみても、足の爪が剥がれてもゴールを目指す参加者にただただ驚きました。限られた時間での日本縦断。人間の限界の上だと思います。そしてそれを追いかけてカメラに納めてるスタッフさんもすごいの一言です。

投稿者:と

とてつもない限界にチャレンジする体力、気力に敬意を。
この大会に出るだけでも予選を勝ち抜いてる。その段階で既に超人だ!

投稿者:kmarsuo

超人たち、図らずも人生語ってます。言葉のひとつひとつが心に残りました。
もうダメだ、からレースが始まる。私ももう一踏ん張り、歩んでいけそう。
次回も楽しみにしております。

投稿者:おきよ

2年間この為に全てをささげて臨む人たちの勇姿に感動しました。
取材もさぞ大変だったことでしょう。
願わくば、選手全員の紹介をしてほしかったです。
速い人も遅い人も皆同様にがんばったのですから。

投稿者:りこ

前編後編の4時間で見たい。
さらに言えば、自分と同世代の人たちの活躍をもっと見たい。
それでDVDが出れば買います。

投稿者:kujira

驚異的な体力にびっくりです。
登山の常識を覆すレースですが、皆さん体力があるからできるのですね。
山の景色はいずれもすばらしかったです。
最後に映画のエンドロールのように超人たちの名前と記録が流れたらいいなと思いました。

投稿者:のんびりハイカー

自分はロードレースしか参加しないので、この過酷なレースの壮絶さに息を呑(の)みました。
皆足を痛めているようですがどのような姿で仕事に復帰するのか、どれくらいで回復するのか、レース後の様子も知りたいと思いました。

投稿者:スマイル

番組内容

ザ・プレミアム「限界に挑め!天空の超人たち~激走!日本アルプス・2016~」

日本海から太平洋まで、3000m峰が並ぶ日本アルプスを大縦断、自らの足で8日間以内に踏破する「トランス・ジャパンアルプス・レース」。2012年にNHKスペシャルで放送し大きな反響があったこのレースに4年ぶりに密着。挑むのは29人の“超人”たち。平均年齢は40歳。美しくも厳しいアルプスの大自然の中を、疲労やけが、さまざまなトラブルに見舞われながらも、自らの限界に挑み続ける“超人”たちの姿を追う。

出演者ほか

【語り】杉本哲太,片山千恵子

チャンネル

  • 2016年9月24日(土) 午後9時00分(120分)
  • 2016年11月14日(月) 午後4時00分(120分)
  • 2017年1月2日(月) 午後3時00分(120分)
  • 2017年8月12日(土) 午後1時30分(120分)
  • 2018年1月4日(木) 午前0時30分(120分)

編集部のおすすめ