もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

声優・神谷浩史に密着5か月
プロフェッショナル 仕事の流儀「答えを求めて、声を探す~声優・神谷浩史~」

プロフェッショナル 仕事の流儀「答えを求めて、声を探す~声優・神谷浩史~」

  • 2019年1月7日(月) 午後10時00分(45分)
  • 2019年2月24日(日) 午後1時05分(45分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

photo

今回は、当番組の大坪悦郎プロデューサーと、5か月間神谷さんを密着した天谷来翔ディレクターに、見どころを伺いました

徹底した姿勢
──この番組で声優さんに密着するのは初めてだそうですが、なぜ神谷浩史さんだったのですか?
大坪:ここ数年アニメブームが続いていますが、まずは今の時代をけん引している方を密着したいと思っていました。昔ながらの、いわゆる「職人気質」の声優の仕事はもちろん、現在は、声優さん自身にもタレント性が求められています。時代が求める声優像がある中で、そうした変化に合わせながらも第一線で活躍し、声優界の未来を担う実力派として期待されている神谷さんにオファーしました。

アニメであれば、原作のキャラクターの個性があります。一方で、神谷さん自身の個性もあります。いかにキャラクターの個性を大事にしながら、神谷さんの個性を出していくのか。また、彼にオファーをかける制作者はなぜ神谷さんじゃなければいけないのか。その“三者のはざま”に神谷さんのプロの“流儀”があるのではと思い、ロケを始めました。

天谷:神谷さんご自身、ここまで長い期間の密着は初だったそうで、僕らがずーっとカメラを構えているので、「ドキュメンタリー番組で取材対象の人が難しい顔をしているのがよくわかりました」とおっしゃっていました(笑)。

──取材中、発見や驚いたことはありましたか?
天谷:ファンの間では有名な話だそうですが、神谷さんは、舞台挨拶などですごく深いお辞儀をされるんです。でもそれは、打ち合わせやアフレコ収録のオールアップのときなども深くお辞儀をされていたのが印象的でした。お客さんの前でも、スタッフの前でも徹底しているその姿勢は、驚きでした。

もう1つ。現場に入ると、集中力がハンパなかったです(笑)。スタジオでは休憩中でも、ずっと読み方や言い方、アクセントの付け方などを練習しているんです。本編でも出てきますが、「期待以上の声を出したい」という姿勢がそこに表れているんだなと思いました。…続きは「期待を超えないと、次はない」声優・神谷浩史の5か月間に密着!◇プロフェッショナル 仕事の流儀

番組内容

プロフェッショナル 仕事の流儀「答えを求めて、声を探す~声優・神谷浩史~」

声優界屈指の実力派・神谷浩史に密着5か月◆「進撃の巨人」「ワンピース」…作品に魂を込める舞台裏!たしかに違う「テストと本番」◆「リアル以上にリアル」神谷の声のヒミツ◆「期待を超えないと、次はない」「自分の代わりは、いる」神谷の流儀、そこに込められた目指す声優像◆九死に一生の大事故、生還して気づいた「自分の居場所」◆挑戦!新感覚の朗読会◆こだわりのクライマックスシーン、神谷が発した声とは。

出演者ほか

【出演】声優…神谷浩史,【語り】橋本さとし

チャンネル

  • 2019年1月7日(月) 午後10時00分(45分)
  • 2019年2月24日(日) 午後1時05分(45分)

編集部のおすすめ