もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

おっぱいでいっぱい
BS世界のドキュメンタリー「おっぱいでいっぱい」
みんなの
レビューは
こちら

BS世界のドキュメンタリー「おっぱいでいっぱい」

  • 2019年2月19日(火) 午後11時00分(46分)
  • 2019年4月17日(水) 午後5時00分(46分)
  • 2019年8月28日(水) 午後5時00分(45分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

大きすぎるおっぱいによって心身ともに苦労してきたクリステンのおっぱいへの思いや、女性らしさとは、自分らしく生きるとはなにかについて考えさせられた。クリステンのMtoFの妹が言った、社会から求められる男らしさ、女らしさじゃなくて、自分らしく生きればいいという意見が心に響いた。

投稿者:なすべえ/19歳以下/女性

おっぱいが大きい事が、予想以上に生活や人生に影響を与えている事を知った。

投稿者:チド/30代/男性

人によって、自分を表現する武器にも、コンプレックスのタネにもなることがよくわかった。

投稿者:獅子丸/50代/男性

生まれもった形を批判する事に社会は反省するべき。

投稿者:ふみちゃん/40代/女性

私はHカップの巨乳です。ひどい肩こり頭痛も慢性的。この胸は中学時代から同級生や大人たちからもセクハラの格好の獲物でした。
番組を見て自分は妊娠出産を経験していないけど、減乳手術を考えようと決意しました。
ただの爆乳女ではなくの知性のある女性だと見て欲しい。もう胸のせいで気持ち悪い経験をしたくない。複雑だけど自分を大切にしたいと思いました。

投稿者:しゃっく/20代/女性

身体的なことを扱う番組としてあまりに配慮のない内容ではないかと思います。胸を小さくしたい女性に迫った番組であることは分かります。
しかしその一方で「胸を減らしたら地味なおばさんにしかならない」だなんて発言をよく放送できたものだなと。もともと小さい人はどうあがいても地味なおばさんにしかなれないわけで、それも別に自分で選んだわけではない。あまりにひどい。

投稿者:みゅう/20代/女性

ペタンコの自分には考えられないけど、巨乳で悩む人もいるんですね。
終わり方が、そこで終わり?と思いました。
減胸手術をしたらどうなるのか考えて、実際気持ちの変化はどうだったのか、知りたかったです。

投稿者:コンパス/30代/女性

番組内容

BS世界のドキュメンタリー「おっぱいでいっぱい」

重さ3キロ、メロン大のバストを抱える舞台女優のクリステンは“減胸手術”を決意。爆乳は自分の人格の一部では? 女性の誇りはどうなる? ユニークで独創的な旅の記録。

慢性的な肩こりや頭痛に苦しんできたクリステンは、子育ても終えて50代になるのを前に、巨乳とサヨナラすることにした。美脚の彼女が街を歩くと、人々の視線は胸に集まる。「おっぱいが小さい年増の自分に、女性としての魅力は残るのか?」――スイスの住まいから、生まれ育ったアメリカへ…街角で人々と乳房談義を交わし、ガールズ仲間や男友達・家族を訪ね歩く。おっぱいをめぐる自分探しの旅で見つけたものとは?

出演者ほか

チャンネル

  • 2019年2月19日(火) 午後11時00分(46分)
  • 2019年4月17日(水) 午後5時00分(46分)
  • 2019年8月28日(水) 午後5時00分(45分)

編集部のおすすめ