もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

NYタイムズの100日間 前編
BS世界のドキュメンタリー選「NYタイムズの100日間」(前編)
みんなの
レビューは
こちら

BS世界のドキュメンタリー選「NYタイムズの100日間」(前編)

  • 2018年10月23日(火) 午前0時00分(46分)
  • 2018年11月7日(水) 午後5時00分(45分)
  • 2019年3月7日(木) 午後11時00分(46分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

たいへん価値あるドキュメント。報道の意義、現場の苦闘がよく伝わってきます。記者らの家庭生活の一端にも共感。政権からメディアへの圧力など「前代未聞」の状況に、「市民としても目が離せない」という編集長らの覚悟に感じ入ります。フェイクニュース妄信など、日本に引き直しても感じること多々。映画と見紛う映像のクールさ。日本の局にもこんな番組を期待します。

投稿者:トランプ政権との闘い よくぞここまで舞台裏を/40代/男性

新聞記者を目指す私にとって、とっても大きな発見のある刺激的な番組でした!
しかし、見逃してしまった部分があり、ぜひ再放送をしていただきたいです!よろしくお願いします。どうしても見たいです。

投稿者:アカリン/19歳以下/女性

番組内容

BS世界のドキュメンタリー選「NYタイムズの100日間」(前編)

三権の監視役たる「第四の権力」と呼ばれるメディア。その代表格NYタイムズ紙をトランプ大統領は“フェイクニュース”“大衆の敵”と敵視する。就任演説に始まる100日間に密着した話題作を前後編で放送。前編は、特ダネ連発のエース記者に加えて“トランプ番”のベテラン女性記者を中途採用するなど政権を揺さぶり続ける“記者魂”を描く。ライバル紙に出し抜かれた後、ワシントン支局長や本社トップの編集長はどう動く?

出演者ほか

チャンネル

  • 2018年10月23日(火) 午前0時00分(46分)
  • 2018年11月7日(水) 午後5時00分(45分)
  • 2019年3月7日(木) 午後11時00分(46分)

編集部のおすすめ