もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

全貌 二・二六事件 ~最高機密文書で迫る~ 完全版
BS1スペシャル「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」

BS1スペシャル「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」

  • 2020年2月23日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2020年2月26日(水) 午後7時00分(110分)
  • 2020年3月1日(日) 午前8時00分(110分)
  • 2020年3月30日(月) 午前0時00分(100分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

photo photo

国会議事堂、赤坂、六本木、、、首都・東京の中心部を戦車が走り、銃剣をもった兵士が占拠、市民1万5千人が帝国劇場等に緊急避難ーーー小説でも映画でもない、実際に起きた出来事です。1936年2月26日、近代日本最大の軍事クーデターと言われる二・二六事件が勃発しました。
衝撃的な事件ゆえに、関連書籍が多数出版され、映画やドラマも制作されてきましたが、80余年たつ今まで、存在すら知られていなかった資料があることを知ったのが企画のきっかけでした。

これまでは陸軍が事後にまとめた裁判資料が主な公文書とされていましたが、なんと、事件発生から収束まで同時進行で詳細に記録した公文書が見つかりました。公文書を残したのは、日本海軍。事件を起こした陸軍の様子や天皇の状況まで、極秘情報を克明に記していました。それだけではなく、実は海軍自身が事件と深い関わりがあることまでも、極秘文書には記録されていたのですーーー。

5000ページにも及ぶ極秘文書。分析にあたった専門家・研究者たちも「第一級資料」と驚きを隠しませんでした。
読み解いた結果から、これまでどこにも描かれてこなかった事件の4日間と陸海軍の組織の実態が浮かび上がりました。私たちは、それを多くの人に知ってほしいと、明らかになった事実に徹底してこだわり、事実に基づいて映像を再現しました。知られてこなかった二・二六事件の姿が、生々しく蘇ります。

2019年の終戦記念日に放送したNHKスペシャルでは、大きな反響をいただきましたが、今回はその番組にさらに新たな取材を加えた「完全版」として放送します。
新たに加わったのは、事件を目撃した当事者たちの声です。
事件を起こした陸軍・決起部隊の青年将校の遺族。彼らに殺害された重要閣僚の遺族。
その言葉からは、それぞれが背負ってきた歳月の重さが伝わってきます。当事者の多くは100歳前後。残念ながら取材後逝去された方々もおられます。貴重な言葉の数々に、是非耳を傾けていただければと思います。

また40年前に発見された、事件当日に陸軍幹部が傍受していた、決起部隊の電話を録音した音声盤。私たちは最新技術をつかって、その音を再生させました。事件の中心人物でその後処刑された青年将校が、事件最終盤に知人にかけた電話。そこに残されていた肉声は、事件当時に私たちを連れ戻すような力があります。是非お聞きください。

タイムカプセルの中に閉じ込められていたような最高機密文書、そして、今語られる目撃者の言葉。事件は過ぎ去った歴史ではないことを教えてくれました。
事件後、軍部が急激に力を持ち、日本は戦争への道を突き進んでいきました。
事件を他人事としてではなく、私たちの時代にもつながる、忘れてはならない記憶として、ご覧いただければ、制作者一同、これほど有り難いことはありません。

(番組スタッフ)

番組内容

BS1スペシャル「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」

私たちが知る歴史は、一断面に過ぎなかった―。NHKは「2・26事件」の一部始終を記した「最高機密文書」を発掘した。1936年2月、重要閣僚らが襲撃された近代日本最大の軍事クーデター。最高機密文書には、天皇の知られざる発言や、青年将校らと鎮圧軍の未知の会談、内戦直前だった陸海軍の動きの詳細など、驚くべき新事実の数々が記されていた。事件後、軍国主義を強め戦争に突入した日本。事件の全貌に迫る「完全版」。

出演者ほか

【朗読】今井朋彦,【語り】守本奈実

チャンネル

  • 2020年2月23日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2020年2月26日(水) 午後7時00分(110分)
  • 2020年3月1日(日) 午前8時00分(110分)
  • 2020年3月30日(月) 午前0時00分(100分)

編集部のおすすめ