もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

穂高を愛した男 宮田八郎 命の映像記録
BS1スペシャル「穂高を愛した男 宮田八郎 命の映像記録」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「穂高を愛した男 宮田八郎 命の映像記録」

  • 2019年11月3日(日) 午後9時00分(110分)
  • 2019年11月7日(木) 午後8時00分(110分)
  • 2019年11月13日(水) 午前9時00分(110分)
  • 2019年12月8日(日) 午前0時00分(99分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

大変いい番組でした。宮田八郎さんについては、お名前だけはお聞きしておりましたが、実像に触れ、感慨をあらたに致しました。映像も最高に美しく、また非常に詩的な、山を哲学的にとらえた彼の思索ノートの存在が、番組の内容を高貴なものにしていました。近年まれに見る感動の番組でした。

投稿者:utapof/男性/60代

素晴らしい映像に感動しました。学生時代以来、穂高には、何度も通いましたが、ブロッケンとモルゲンロートしか見られなかった。遭難救助との組み合わせがまた良かった。宮田さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿者:alex/男性/50代

11月7日に、もう一度見ます。途中からしか見てない。

投稿者:いぎた/男性/60代

番組の途中から見ました。自然の美しさをカメラに収める人と見ていましたが、救助の場面を見て、驚きました「命が助かる為に歩いてもらう」この言葉に。限界の中で人を救助する事は、自分の命も危うくする事、厳しい言葉ですが、生きて帰る事の大事さを感じました。私も何人かの人を助け、救助に向かう事を躊躇した事も有ります。救助途中に自分の命を失う危機におちいったことも。

投稿者:南の島の徳/60代

自分の思いと重ねてみていたので、涙が出て止まらなかった。
美しい映像、山への思い、言葉、ありがとう。

投稿者:yokko55/女性/70歳以上

自然の厳しさを真摯に受け止め穂高岳を愛し30年間の記録に感動しました。また奥様の作ってくれたおにぎりに対して感謝しているシーンで涙止まりませんでした。
さらに夜の穂高岳のシーンでは流れ星や木の下ら撮った星のシーンがクリスマスツリーのデコレーションみたいで素敵でした。ありがとうございました。

投稿者:のぶちゃん/女性/60代

あまりにも眩しい生き様でした。録画したので永久保存しようと思います。

投稿者:タコ/男性/30代

BGMよかった

投稿者:こたつ猫/男性/60代

映像のクオリティが素晴らしい。

投稿者:ニーピー/男性/50代

無理に感動させようとする演出も無く、ありのままの宮田さんと穂高を見せてくれたと思います。
亡くなられた時に、宮田八郎の代わりは存在しないと言われた理由が、良くわかる映像の数々が見れて良かった。

投稿者:たき/男性/40代

山は生きるために登る!
八郎さんは私山姥のヒーローです!

投稿者:いろちゃん/女性/70歳以上

グリーンフラッシュが、映像とは言え観れた。一生ものだ。ありがとう。

投稿者:トモジイ/男性/60代

厳寒期の吹雪に,毅然として佇む穂高の姿が,神々しく感じました。
夏季に2回,快晴で穂高縦走を経験しています。一回目は,大天井岳~北穂高岳縦走で,夕暮れの中北穂高岳の登りで,大勢の人に声を掛けて頂いて,今でも忘れられません。
2回目は,槍ヶ岳~西穂高縦走で,天狗のコルで一人の老人に,水を要求され,30年後の今の自分を重ねています。

投稿者:老々山狂/男性/60代

すばらしい映像でした。まさに、「命の映像記録」でした。
また、折を見て、見ていない方のために再放送してあげてください。

投稿者:森中安昭/男性/70歳以上

このドキュメンタリーは素晴らしかった。
最近お笑いを使った軽い番組が増えたNHKにあって、久しぶりに見ごたえのある番組だった。
自然も山も人もとても美しく本当に感動した。

投稿者:mog/男性/60代

穂高は山登りする人はあこがれです 東海地方の人は憧れています 私もその一人ですが 登山は自信がないので映像を見て楽しんでます 宮田さん家族の絆 特に奥様は感動もらいました。自然の厳しさ 美しさは感動です 宮田さんご冥福をお祈り申し上げます

投稿者:よねこ/女性/70歳以上

一途に山に、レスキュー、カメラに打ち込む姿を見て、感動した。
もっと長生きして欲しかった。早過ぎるよ!

投稿者:しんちゃん/男性/70歳以上

穂高岳を通して一生残る、魂と命の人生への問いかけ。

投稿者:AM

見られませんでした。
地上波でも放送をしてください。
1年後でいいですので。
よろしくお願いします。

投稿者:山好き/女性/50代

あの岳さんだったとは…
神々しい、宮田さんと穂高!!

投稿者:ごりちゃん/男性/50代

素晴らしい番組でした。

投稿者:ロッキー/男性/50代

穂高の険しさ、美しさが映像にとても出ていました。宮田さんの思いを知ることで穂高への憧れるけど山スキルを高めるまでは私はまだ行けないと戒めにもなりました。やはり山は美しくも厳しい。

投稿者:たぬきそば/女性/30代

泣けた。

投稿者:sat/男性/60代

9月に奥穂高岳に登頂してきたばかりで、偶然番組を拝見しました。
穂高岳山荘にもたちよっており、実際に自分が上った山の、宮田さんが撮影した冬の映像を見て神秘的な映像に見入ってしまいました。登山をするのもとして救助活動にも貢献された宮田さんの冥福をお祈りいたします。

投稿者:まさる/男性/40代

パソコンの中に残っていた奥様への言葉。涙無しでは観られず、とても感動しました。
宮田さんの想いが詰まった本当に良い番組でした。

投稿者:鳩吹 太郎/男性/50代

久しぶりに心が揺さぶられるドキュメンタリー番組を拝見しました。宮田八郎さんの生き様が見事に描かれています。
今まで見たことのない素晴らしい画像に引き込まれ感動しそして泣きました。宮田八郎さんのご冥福をお祈りします。
この番組を構成されたNHKのスタッフさん ありがとう。

投稿者:山を愛する男/男性/50代

登山するものとして、宮田さんの考え方、そして行動力、あらためて心に突き刺さりました。これからの登山する構えが変わる思います。素敵な番組をありがとうございます。

投稿者:チャッピー/女性/50代

山に登らなければ、落とさなかった命がある。救えなかった命がある。山への敬意を払い誠実に、精一杯生命を発露したアルピニスト達との別れ。穂高の美、懸命の努力、悠久の自然、不条理、愛する家族、人生の全てがつまった素晴らしい番組。

投稿者:X-90/男性/40代

偶然に拝見した番組でした。
6月に夫を病で亡くした私は、和子さんの涙にもらい泣きしました。山に命をかけた八郎さんのご冥福をお祈りします。

投稿者:さと/女性/50代

心の奥深くに染み入る、素晴らしい番組だった。
宮田さんの生き方、映像と思索ノート、ご家族との関係やご遺族の思い等、全てが静かに、しかし圧倒的に、私の中に迫ってきた。
来夏、穂高に登るとき、どんな感動が待っているのか楽しみだ。宮田さんのご冥福とご遺族の安寧をお祈り申し上げる。

投稿者:まきちゃん/女性/50代

何回でも見たいです。ボロボロ泣きながら見ました。それでも、映像の中だけでもハチローさんに会いたいです。山の美しさ、厳しさだけでなく、人として生きる意味、山と向き合う意味を問いかけ続けたはちさん。「山で死んではいけない」って、だからって海はいかんでしょ…山へ向かうたびにハチローさんのことを思います。ハチローさんのこと一生忘れません。ありがとうございました。

投稿者:catwalk/女性/50代

こんなに生きている感じがする映像があるのか、と思う感動的な映像でした。
それをこんなに見事に構成し、ナレーションの表現や編集、選曲、音楽の入りかた等全て感動しました。この番組スタッフのおかげで山に登る人の何かもの凄く尊い感じのものが少し解る気がしました。

投稿者:rey/男性/50代

亡くなられたのを、番組で初めて知りました。
今はショックで言葉が出ません。
私の人生に勇気を与えてくれた方でした。
本当に、素敵な映像でした。
ご冥福をお祈り致します。

投稿者:山好き/男性/40代

本編を観てあまりにも感動したので再放送も見ました。
今シーズン奥穂高岳に登ったばかりだったのと知人に宮田さんの存在を聞いていたので興味を持ちこの番組を観たのですが、興味では片付けられない感動でした。
山への想い、愛する妻や知人への想い、そして何故人は山に登るのか…という問い。
その答えを宮田さんが出したとき涙が止まらなかったです。
沢山の人に観て欲しいです

投稿者:まい/女性/40代

たまたま再放送を拝見しました。この番組で宮田さんのことを初めて知りましたが、穂高の厳しさ、美しさを撮影した映像に感動しました。もっとたくさんの人にも見てほしいと感じましたので、ぜひ地上波でも放送をしていただきたいです。

投稿者:K/女性/20代

BS放送のため、見れなかったのが非常に残念です。ぜひ地上波で放送していただきたいです。ご検討お願い致します。

投稿者:ゆっこ/女性/30代

素晴らしかったです。
映像の力、言葉の力、そして「生きる」力を見せてもらいました。有難うございます。
何度も、再放送を望みます。

投稿者:さくら/女性/40代

本当に山を愛し、家族を愛しながらも山岳救助隊として登山者を一番に思い救助を全うされているお姿に感動しました。
登山の番組が好きで良くテレビをみる機会が多いのですが、新緑や紅葉などの素敵な風景だけでない、山は、怖いものでもあるのだという衝撃を受けました。その中でも宮田さんの穂高の写真には、こころ打たれました。
お亡くなりになったことは、残念です。

投稿者:メイ/女性/60代

長く登山をやっていても八郎さんの映像のような瞬間にはそうそう出会えません。そんなレアな体験、もしくはまだ出会ったことのない現象をこんなにも素晴らしい映像に捉えられて、本当に偉業です。その映像をぎゅっと美しくまとめてくださって、制作者の方々ももの凄く努力されたんだなぁと思います。

投稿者:Sadattch/女性/40代

これほど山と登山者を純粋に愛した方だったとは。多くのリスクがありながら、止まれぬ衝動に駆られて山に向登る意味。今も自問自答です。深い感銘を受けました。そして命懸けで救助に来てくれる人がいるからこそ、私たちは無理な計画やいい加減な準備で山に向かってはならないと改めて感じます。

投稿者:blue/男性/50代

たまたま途中から再放送を見ました。山に登るわけでも無いので穂高に行った事はありませんが、とても惹きつけられる映像と生き様でした。

投稿者:たまたま/男性/50代

ドキュメンタリーというより良質のドラマを観てるようでした。終盤に行くにつれて畳み込むように心を揺るがせます。お握り?の話では目頭が熱くなってしまいました。重い話なのにその様に感じさせないのが素晴らしい。
しっかりとした取材があったからこそ紡げた物語だったように思います。
取材の広坂さん有難うございます。

投稿者:いちむら/男性/50代

美しすぎる映像にポカンと見とれました。
穂高を愛しているのは自分も一緒ですがただ下から見上げることしか出来てません。
そうか、30年住んでこそ得られたこの映像なんですね。。

投稿者:ぶー太郎/女性/50代

もしかしたら、宮田さんにお世話になっているかも…と思いました。25年前の穂高、あの時助けて頂いた方々のうちの1人かもしれない。亡くなられてから気付くとは…申し訳ない気持ちで一杯になりました。宮田さん、ありがとうございました。

投稿者:ぷかり/女性/50代

番組スタッフから

photo photo

【制作でこだわった点、もしくは、苦労した点】
番組の中には、息をのむような穂高の絶景が沢山でてきます。
それらは「すべて!」宮田八郎さんが、穂高で暮らした30年間で撮影したものです。
30年間暮らしたから「こそ」撮れたもの、ということを忘れずに見ていただきたいです。
というのも・・・。今回、番組を担当することが決まり、宮田さんが撮った30年分の映像を見ることから始めたのですが、宮田さんが撮りためたテープには、至る所に綺麗な景色・・・。
山の知識はおろか、自然現象にも疎く、なんの苦労もせず、それをただ編集機の前で私は見続けていました。こんな景色があるのかぁ、へぇ綺麗だなぁ、と。
そして9月下旬。このロケの為、人生で初めて“本格的な登山”にチャレンジしました。
上高地からスタートし、歩けども歩けども、編集機で見た絶景は見えてきません。6時間以上登り続けた頃、土砂降りの雨にも打たれました。日頃の運動不足がたたって、腰も、背中も、股関節も、膝も、つまりは体の全部が痛い。ゴールも見えない。でも、「ギブアップ」といったところで、誰も助けてくれない。
登るしかない・・・はぁ・・・。その日は、標高2300m地点の涸沢に一泊。
次の日も早朝から、悲鳴をあげる体をひきづり、宮田さんが暮らした穂高岳山荘を目指しました。この日、初心者の私を待ち構えていたのは岩場の登山道「ザイテングラート」。沢山の滑落事故が発生し、命を落とすこともある危険な場所です。岩のわずかな隙間を見つけて足を乗せて進みました。崖にへばりつく感じです。大げさな!と言われてもいいです、そのくらい大変でした。しかもその私の姿は、山岳ガイドさんに命綱をもって引っ張ってもらう、犬の散歩状態。私以外の撮影クルーは、山大好き人間で構成されていたため、完全なお荷物となっていました。そんな自分が恥ずかしいやらなんやらで、「山なんて嫌いだ!」とイライラしながら、やっとの思いで穂高岳山荘に到着したのです。
確かに、そこからの景色はみごとでした。でも、なぜか感動が薄かったんです。なぜなら、宮田さんの映像の見過ぎで、目だけは肥えてしまっていたんです。「宮田さんの映像で見たここからの景色は、もっとすごかった・・・」と。そして翌朝、日の出を待ち構えました。宮田さんのテープに何度も記録されていた、朝日で山々が鮮やかな赤色に染まる「モルゲンロート」を楽しみにしていました。待ちに待った瞬間・・・綺麗な日の出でしたが、モルゲンロートは見ることができませんでした。翌日も、その翌日も・・・。
番組では本当に次々と、穂高の絶景が出てきます。日の出や日の入りだけでなく、様々な現象、たくさんの雲。説明が長くなりましたが、番組にでてくる宮田さんの映像その全てが、“特別”であり“苦労の賜”なのです。1カット1カットに、本当に命が注ぎこまれています。
宮田さんが撮影した30年分の映像を、贅沢に使わせていただいた99分番組。山好きの人はもちろん、山に興味が無い人にも是非みてもらえればと思います。たぶん、番組が終わる頃には、穂高が好きになっていると思います。
ちなみに、過酷な登山ロケで、「山にはもう一生登らない」と、撮影クルーや山の関係者に宣言していた私ですが・・・なんだか、山がとても恋しくなってきました。許されるなら、来年も登りたいです。

(番組ディレクター)

番組内容

BS1スペシャル「穂高を愛した男 宮田八郎 命の映像記録」

北アルプスの穂高連峰。その山小屋で働きながら、30年にわたって穂高の厳しくも美しい自然を撮影し続けた宮田八郎さん。穂高を知り尽くした八郎さんしか撮れない奇跡の瞬間がいくつも記録されている。強風と雪煙に浮かぶ険しい岩峰「原始の穂高」。日沈の瞬間、太陽が緑色に輝く「グリーンフラッシュ」。救助活動にも熱心に取り組んだ八郎さん。映像には危機一髪で遭難者の命を救う瞬間が。八郎さんの命のメッセージを伝える。

出演者ほか

【語り】本仮屋ユイカ

チャンネル

  • 2019年11月3日(日) 午後9時00分(110分)
  • 2019年11月7日(木) 午後8時00分(110分)
  • 2019年11月13日(水) 午前9時00分(110分)
  • 2019年12月8日(日) 午前0時00分(99分)

編集部のおすすめ