もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

日本人はどこから来たのか?~3万年前の航海 全記録~
BS1スペシャル「日本人はどこから来たのか?~3万年前の航海 全記録~」

BS1スペシャル「日本人はどこから来たのか?~3万年前の航海 全記録~」

  • 2019年11月4日(月) 午後10時00分(50分)
  • 2019年11月9日(土) 午前11時00分(50分)
  • 2019年11月14日(木) 午後9時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

photo photo

【この番組を企画したきっかけ】 
太古の昔、大陸から日本列島に海を越えてやってきたホモ・サピエンスの旅路を、実際に古代の材料と技術だけで舟を作り、再現実験で明らかにする。そんな計画を聞いたのは今から4年前の事です。国立科学博物館が始めた、この壮大な実験プロジェクトを、こんなに長く記録することになるとは、当時は思ってもみませんでした。私たちは実験の失敗や、資金難などプロジェクトが直面した数々の壁や逆境も含め、ずっと記録してきました。2016年に行われた草舟での最初の実験、2017年に行われた竹筏による台湾での実験、そして今年の夏に行われた丸木舟での最後の挑戦。これらを総集編としてまとめたのが今回の企画です。4年にわたる汗と涙の詰まった、前代未聞の実験プロジェクトの全貌をお届けします。

【制作でこだわった点、もしくは、苦労した点】
「3万年前の航海徹底再現プロジェクト」と名付けられた実験には、様々な壁が立ちはだかりました。中でも我々を最も悩ませたのは「天気」でした。実験航海を成功させたいプロジェクトのメンバーは、最も条件の良い日に出航したい。しかし、風も波もない凪の日は、そうそう訪れません。スケジュールを立てて撮影に臨んではキャンセルする。スタッフは、これを繰り返しながら、じっと船出を待つ。そんな忍耐の日が続きました。

【取材をする中で印象に残った言葉】
プロジェクトに海のプロとしてずっと関わってきた総監督が、古代の人々が島を求めて海にこぎ出した気持ちを、実験が全て終わった後に語ってくれました。「やっぱり希望だよね。希望があるから行くんだよね。そして勇気。希望と勇気があれば、人間は(海を越えて)行っちゃうんだよね」。実際に台湾から与那国島まで200キロの航海を成功させた後だけに、実感と説得力がありました。

(プロデューサー 柴田 周平)

番組内容

BS1スペシャル「日本人はどこから来たのか?~3万年前の航海 全記録~」

なぜホモ・サピエンスだけが大海原を越え日本列島に到達できたのか?この謎に挑む人類学者や考古学者たちが、実際に古代の技術や道具で製作した船で、台湾から沖縄へ渡海する実験に挑んだ。苦節6年間の挑戦の末、7月、ついに200kmの航海に初成功、人類学に大きな一歩を刻んだ。大海原で繰り広げられた苦闘の航海の裏側に独占密着。冒険を可能にした人間ならではのチカラとは?女優・満島ひかりさんがナレーションを担当。

出演者ほか

【語り】満島ひかり

チャンネル

  • 2019年11月4日(月) 午後10時00分(50分)
  • 2019年11月9日(土) 午前11時00分(50分)
  • 2019年11月14日(木) 午後9時00分(50分)

編集部のおすすめ