もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

改善か 信仰か~激動チベット3年の記録~
BS1スペシャル「改善か 信仰か~激動チベット3年の記録~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「改善か 信仰か~激動チベット3年の記録~」

  • 2019年3月22日(金) 午後7時00分(110分)
  • 2019年4月15日(月) 午前0時50分(100分)
  • 2019年4月20日(土) 午前9時00分(110分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

すばらしいドキュメント。非常に考え込まされる内容です。以前放送したスペシャルで終わらず、きちんと継続取材しているところがさすがNHKです。ラサやインドの亡命政府、北京のラマなどはどう捉えているのかについても知りたいと思いました。さまざまな面で取材は困難だろうと想像しますが、今後も続報を熱望しています。

投稿者:T/50代/女性

番組制作のスタッフの方々、感謝いたします。大変な取材だと思います。頑張ってください。自宅にBSないですが、初めてネットカフェに行ってまで!見ました。追い続けてください。昨年初めてチベットの事知りました。私のように知らない日本人多いと思います。真実を教えてください!頑張ってください!

投稿者:ルウ/50代/女性

正義とは何かを深く考えることができた。社会正義の本質は宗教の中にあるのかもしれない。

投稿者:善/60代/男性

私は青海省チベット人地域で5年余り日本語教師をしておりました。チベット仏教の観光化は著しく、このドキュメントの通りといえました。中国共産党の政策と抵触しないようにこの種の映像をとることは実に難しいことです。スタッフの皆さんの労苦に感謝します。

投稿者:阿部治平/70歳以上/男性

1951年後のチベット文化圏では自らの宗教 言語 文化を保つことがいかに難しいか、よく分かりました。ぜひ総合でもご放映を希望します。感謝。

投稿者:ゴリじいさん/60代/男性

チベットの鳥葬は高校時代住み込みだった新聞屋で読んで知ってた。まさかビデオに録ってくれてあった映像で出会うとは。今朝のmixiの日記に載せました。それにしてもあの高地にあれだけの僧侶が祈り暮らしていた幸せと中国の貧困対策の「改善」はたまげた。改善はトヨタの代名詞かと思ってた。幸せってなんだろうって思わされた作品に感謝です。

投稿者:やたさん/70歳以上/男性

偶然見ました。とても感慨深い、すばらしいドキュメントです。「改善」という名の「支配」、権力の統制によって街も人も精神も文化も崩壊する。観光化という魂抜き。鳥葬士の叫びが耳に残っています。あの僧侶たちはどうなったのか?彼らの営みが鉱脈の如く地下で持続しますことを!

投稿者:橘無明/60代/男性

番組スタッフから

photo photo

光輝く透明な紺青の空など、見たこともなかった。視界に入る6000メートル級の山々に草木は無く、荒れた頂に純白の雪が積もる。究極の自然美のコントラストは、まさに黄泉の国の入り口。そこに、天空の巨大仏教僧院「ラルンガル・ゴンパ」があった。

「中国・チベットの山奥に、“現代の奇跡”とされる、紅の宗教都市がある」
そう噂で聞いたのは、8年ほど前のこと。以来、「一度、この眼で見て見たい」と秘かに願い、その後、縁あって「天空の宗教都市」を訪れた。

初めての体験だった。1万人が暮らす紅の修行小屋が、乾いた谷間を埋め尽くす。紅の装束を身に着ける老若男女の修行僧が祈り、谷には、お経の声が響き渡る。
“現代の奇跡”は、千年もの時間、過酷な大地で生きてきたチベットの民の信仰心が作り出したのを知り、神聖な空気に圧倒された。

この秘められたチベット族の聖地に、現実が迫る。中国共産党が、民族の精神世界を改造し、純朴なチベット族少女の心をも変えていく。
「正義に善悪はあるのか」 3年の時間、中国・チベット社会の変貌を感じ、答えの見えない「現実の問いかけ」に向き合うこととなった。

(番組ディレクター・木下富夫)

番組内容

BS1スペシャル「改善か 信仰か~激動チベット3年の記録~」

中国・四川省の山奥にある、世界最大の仏教僧院。1万人が修行する、チベット仏教の聖地だ。中国共産党は貧困対策の一環として、この聖地の「改善」を決定し、観光地にするための工事を進めている。さらに中国政府は、チベット族の遊牧民の移住・集約も進め、中国語による教育や愛国教育を行っている。千年以上、独自の信仰と文化を守ってきたチベット族の暮らしが、大きく変貌した3年間。現地を克明に記録した、世界初の記録。

出演者ほか

【語り】國村隼

チャンネル

  • 2019年3月22日(金) 午後7時00分(110分)
  • 2019年4月15日(月) 午前0時50分(100分)
  • 2019年4月20日(土) 午前9時00分(110分)

編集部のおすすめ