もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

老いてなお 花となる~織本順吉 90歳の現役俳優~
BS1スペシャル「老いてなお 花となる~織本順吉 90歳の現役俳優~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「老いてなお 花となる~織本順吉 90歳の現役俳優~」

  • 2017年9月22日(金) 午後9時00分(50分)
  • 2017年12月14日(木) 午後6時00分(50分)
  • 2019年3月1日(金) 午後6時00分(50分)
  • 2019年4月3日(水) 午後7時00分(110分)
  • 2019年7月17日(水) 午後6時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

昨日織本さんが出演した「やすらぎの郷」のドラマを見ました。セリフも動きも本当にドラマの中の役柄が、まるで実在する人物のように思えました。今まさに、人生の荒波を超えて、生涯を終えようとする人の真に迫った演技でした。
もう、90歳になられていたのですね。俳優として、本当に立派です。

投稿者:ヤカワ チヤン

役者を続けるのは身体(老い)にとってあまりにも苛酷、といって断れば楽になるかというともっと落ち込む。なぜなら織本氏にとっては人生そのものを失うことになるから。車の運転にしても身(投稿者)につまされた。倉本氏が「老いてなお咲く花もある」とドラマへの出演を勧められたのには「さすが」。身を削り仮に死を迎えたとしても役者・織本氏が人生を全うできる道だと思った。

投稿者:ruiko

『やすらぎの郷』の織本さんの海での場面を見てからのこの番組でした。
いてくださるだけですばらしい名演技でした。
『風のカーテン』の緒方拳さんを思い出しました。
亡くなった母に見せたかったです。

投稿者:koronnomama

やすらぎの郷の織本さんが思い出されて、涙があふれました。織本さんの日常を、よく記録してくださったと思います。かつてのすばらしかった「人間ドキュメント」が、思われました。ぜひぜひぜひ、再放送をお願いします。

投稿者:オダギ 秀

ありのままの織本さんの日常と華やかなドラマの世界がこんなにも当たり前に混在しているのだということ、当然のことではありますが、ありありとみせて頂きました。
数年前に他界した父の晩年と重なりました。思うようにならない自身に怒り苦しんでいた父にも、織本さんのような生き甲斐を最後まで持って欲しかったです。
織本さんの演技これからも見たいです。

投稿者:さゆり

老いていくということ、自分の老いを認め生きること、それ自身が大事業であり、どんな役を演ずるより難しいことのように思われました。老いと立ち向かいある時は怒り、ある時は涙を流し、それでも自分自身を生き抜く姿に感動しました。

投稿者:岡田厚子

3年前に老衰で亡くなった父の晩年に重なるものが多く、泣きながら見ました。家族以上に本人が老いに戸惑い苛立ち不安になる。立派だった在りし日の父を思うと痛々しくてどう接して良いのか娘として分からず悲しい思いでした。
老いに体と心を蝕まれながらも、プライドを失わず役者人生を全うしようと奮闘する織本さんは本当に立派な方だと感動しました。

投稿者:ころまる

娘が父を思う気持ちが痛いほど伝わり涙が出た。同時に、その気持ちが本人を追い詰めて傷つけて泣かせてしまう姿も痛々しかった。どこでもある風景ではあるが、喪いたくない父ではあるのだが、工夫をして本人の自由を保障してあげてほしいと思った。

投稿者:kuro

肉親相手ならではの、飾りのない表情や感情の噴出。名優の怒りと哀しみはあるいは演技なのではと感じさせるものがある。老いた両親を持つ私にも実感することができた。正直、反則かなど思われる撮影もそれを飛び越えるだけの作品になっていた。大変面白かった。

投稿者:ニャンニャン

ここまで見せて頂いてありがとうございました。ご自宅での様子は、他人とは思えないほど自分の身の回りと重なりました。「老いてなお咲く花がある」その花を見ました。これからは、そんな花が増えていくのですね。

投稿者:のたり

自分の母親が織本順吉さんの1歳下です。日常の感情起伏の激しさは同じでした。身につまされます。

投稿者:masa

織本さんのお嬢様が織本さんのことを見たことはあるけど名前を知らない俳優と言われてましたが、私は織本さんのファンです。この番組も待ち遠しく取り上げて頂き注目してもらい感激です。ドラマに出演してくださると安心してます。ご自愛なさってください。佐々木すみ江さんへも同じような想(おも)いです。

投稿者:コロちゃん

「やすらぎの郷」で圧倒的な存在感を示していた俳優さんが、子供の頃からよくドラマで見かけていた織本さんだとわかり、運良くこのドキュメンタリーにたどりつきました。
ドラマでのすばらしい呼吸の背景には、ご本人の大変な努力や苦悩とご家族の支えがあったことを知り、頭が下がる思いです。すばらしいドキュメンタリーでした。
ぜひ地上波での放送も期待しています。

投稿者:んぽ

うちも父が91歳 しっかりしていて尊敬に値すると思っているからこそ衰えをみるとつらいものです。なので、織本さんの表の活躍だけでなく苛立ち、戸惑いも映し取っていただきそれにリアリティーを感じ元気付けられました。倉本さんの言葉もよかったです。

投稿者:pony

よかった。

投稿者:goma

僕は10歳です。母と一緒に見ました。90歳の忘れやすいおじいさんでも俳優としてがんばっている姿にあこがれて、かっこよかったです。
血糖値を食前にしかはからないのは、痛いからなのか、忘れてしまうのか、どちらかわかりませんでした。
僕のおじいちゃんもこうなってしまうのかなと思いました。

投稿者:エリック

家族だからこそ本音で隠すことないふだんの様子を撮れたドキュメンタリーでした。
織本さんがイライラして泣き出してしまう姿が切なく、見ていて自分の亡父の姿を思い出しました。
老いて出来ない事が多くなり自分にイライラする父と、それを責めてしまう家族。車の運転を止めさせるの大変だったなぁ、など。
「やすらぎの郷」はほんとに名演でした。感動しました。

投稿者:nori

良かったからみるといい…と教えられました。

投稿者:ゆりちゃん

生涯現役をつらぬくにはご本人も葛藤があるし、ご家族の支えがあってこそと痛感いたしました…。命をかけてセリフを覚えていらっしゃる姿には本当に胸が締め付けられる思いでした。

投稿者:たか

番組内容

BS1スペシャル「老いてなお 花となる~織本順吉 90歳の現役俳優~」

90歳(当時)の現役俳優、織本順吉。薄幸の父親役からヤクザまで、名脇役として2千本の映画やドラマに出演してきた。今、闘っているのは急激な老い。歩くこともままならず、セリフは一晩寝れば忘れることも。不安から睡眠不足が続く。それでも織本は現場に向かう。心配する家族に脚本家の倉本聰は言った。「老いを得て咲く花がある。そこにいるだけでいいのです」。生涯現役を貫き、懸命に生きる老俳優の姿を、家族が記録した。

出演者ほか

【出演】織本順吉

チャンネル

  • 2017年9月22日(金) 午後9時00分(50分)
  • 2017年12月14日(木) 午後6時00分(50分)
  • 2019年3月1日(金) 午後6時00分(50分)
  • 2019年4月3日(水) 午後7時00分(110分)
  • 2019年7月17日(水) 午後6時00分(50分)

編集部のおすすめ