もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

名人VS将棋ソフト 最終決戦
BS1スペシャル「名人VS将棋ソフト 最終決戦~密着・電王戦~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「名人VS将棋ソフト 最終決戦~密着・電王戦~」

  • 2017年7月16日(日) 午後11時00分(50分)
  • 2017年7月31日(月) 午後8時00分(50分)
  • 2017年8月21日(月) 午後7時00分(50分)
  • 2017年12月19日(火) 午後6時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

初心者でもわかりやすい番組構成がスバラシイ。
この製作者で今話題の藤井四段の対局解説番組が見たいですね。

投稿者:でぶち

録画ができず見れませんでした、、。
ぜひ再放送をお願いしたいです。
個人的すぎる意見ですみません!

投稿者:ぼたん

番組スタッフから

photo

【番組の見どころは?】
棋士の最高峰の名人を将棋ソフトがいかにして上回ったのか、そのとき名人は何を思ったのか?というところです。

【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
400年の将棋の歴史の中で培われた常識がソフトによって覆されていく様ですね。

【心に残った言葉は?】
「ポナンザの将棋は、人間よりも将棋の神様に近い側にいる…」
これは、将棋の神に選ばれし存在と言われている名人が言った言葉です。ソフトの凄みを感じました…。
 
【見てくださる方に一言】
将棋を知らなくても心理戦の面白さが存分に味わえます!

(番組ディレクター 渡邉賢司)

番組内容

BS1スペシャル「名人VS将棋ソフト 最終決戦~密着・電王戦~」

ドワンゴが主催する「電王戦」。トーナメント戦を勝ち上がった棋士とコンピューター選手権で優勝したソフトが2番勝負で対決するビッグマッチ。去年は、B級1組に在籍する山崎隆之八段と「ポナンザ」の組み合わせとなり、「ポナンザ」の2連勝に終わった。しかし、前期は羽生三冠や渡辺竜王が出場せず、将棋ファンから「真の頂上決戦」を望む声が上がっていた。
そして出場棋士を決めるトーナメント戦。準決勝で羽生三冠を下した、俊英・佐藤天彦名人が優勝した。一方のソフト側は、棋士相手に負け知らずの「ポナンザ」が2年連続の出場を決めた。今期のヴァージョンは前回版から、さらに改良を重ねた。将棋ソフトの開発者たちは「今のポナンザには、もはや、羽生や佐藤といえども太刀打ちできない」と見ている一方で「佐藤名人は、ポナンザ相手に互角に戦えるのではないか」という声も上がっている。というのも、佐藤名人はタイトル戦などでソフトが予想しない手を指し、それが結果的に最善手だったということがたびたびあったことから「将棋ソフトとは異なる独自の大局観を持っている」と評価されているのだ。勢いに乗る佐藤名人は、棋士相手に負け知らずの最強将棋ソフト「ポナンザ」と電王戦二番勝負でどう向き合い戦うのか?

しかし結果は、また圧倒的な差を見せつけられてのポナンザの2連勝。読みの深さで名人を圧倒したのだ。棋士の頂点に立つ名人がなぜソフトに歯が立たなかったのか?佐藤名人への長時間インタビューを元に全2局の戦いの知られざる真相に迫る。
さらにあの藤井聡太四段も人工知能から指し手を学ぶなど将棋界の変化も合わせて描く。
ナレーションを担当するのは、熱心な将棋ファンとして知られ、アニメ「3月のライオン」で主人公・桐山零のライバル二階堂晴信役を演じた人気声優の岡本信彦さん。

出演者ほか

【出演】将棋棋士 九段・名人…佐藤天彦,【出演】将棋コンピューター開発者…山本一成,【語り】岡本信彦

チャンネル

  • 2017年7月16日(日) 午後11時00分(50分)
  • 2017年7月31日(月) 午後8時00分(50分)
  • 2017年8月21日(月) 午後7時00分(50分)
  • 2017年12月19日(火) 午後6時00分(50分)

編集部のおすすめ