もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

横浜×PL学園“延長17回”から20年
BS1スペシャル▽あの日からの贈り物~横浜×PL学園“延長17回”から20年
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル▽あの日からの贈り物~横浜×PL学園“延長17回”から20年

  • 2018年6月9日(土) 午後7時00分(110分)
  • 2018年6月15日(金) 午後8時00分(110分)
  • 2018年7月13日(金) 午前0時50分(100分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

延長17回、リアルタイムで見た野球ファンです。あの日テレビの前で手に汗にぎりながら見た光景を鮮明に思い出しました。
あれから20年の歳月の、各々の人生を、松坂くんをはじめ少しでもかいま見ることができとても感慨深い思いです。
延長17回からの贈り物…それは、敵味方関係なく、仲間。
今、少年野球に汗を流す息子2人に、届けたい言葉でした。

投稿者:あっきー

当時の横浜高校松坂大輔投手の試合を欠かさず見て応援していました。どんなにいい試合を見てもこの横浜高校対PL学園、そしてそのあとの明徳義塾戦、京都成章戦を超える試合はないと思います。選手の皆さんは互いを思い合っていて本当に仲間ってすばらしいですね。そして松坂大輔投手、今年は是非頑張って欲しいです。ずっと応援します。すばらしい番組をありがとうございました。

投稿者:デイジー

あれから20年も過ぎたとは思えないくらい、あの試合は記憶に残っています。試合経過の中での一つ一つを取り上げられていましたが、そのプレイの重み、両チームの選手の以降の人生への影響の深さに考えさせられました。

投稿者:こもちゃん

まさか、あの時の懐かしい選手たちの20年後を見られるなんて、かなりどきどきしました。あの試合で、勝ってうれしい、負けて悔しい、の二つの感情だけではなかったという事を初めて知りました。横浜もPLの選手もそれぞれ想(おも)いがあったんだなぁと、特に大西選手の話は感慨深かったです。そして、それぞれの人生を歩んでいる姿に、あの時とは違う感動がありました。良かったです。

投稿者:はな

野球に関わりあった人たち、20年後…おもしろくもあり、感無量の話、感銘や感動的、内面的な気持ちの変化、当日の負傷、試合前からのケガ、などなど何かわからないが…
テレビを見ていると涙が止まらなかった。

投稿者:さるきちさるこ

高校野球ファンです。
地元横浜の優勝でもあり、忘れられない試合です。
当時の選手を丁寧に取材されており心が温かくなりました。
また、選手それぞれがすばらしい大人に成長していてうれしい気持ちになりました。

投稿者:リュウトラ

20年前に輝いていた子供たちが、それぞれ成長した今の姿を見て、いろいろと考えさせられる事があった。人生、常に勝ち続けているのはほんの一握りで、他の人は殆どが挫折を味わっていて、そこから立ち直っている姿を見て、自分も勇気をもらえたし、彼らを応援したくなった。また、同じような境遇の知人にも見て欲しいと思う番組だった。

投稿者:シゲちゃん

本来なら決勝戦で見たかった事実上の決勝戦。昼休みには結果出てるだろうと思いながら仕事開始。ところが昼休みになり高校野球のチャンネルにすると何!?まだやってる!?嘘でしょ!?あれほど見る者を引き付けた試合は、後にも先にもあの延長17回だけです。人生は上り坂あり下り坂ありですが逃げずに前に進んでいきたいですね。

投稿者:はる

とてもよく覚えている大会なのでとても面白かった。

投稿者:ミッキー

番組スタッフから

あの日からの贈り物 横浜vsPL学園「延長17回」から20年~by毛利
延長17回と聞いただけで、「ああ、あの試合」と、ぴんと来る方も少なくないのでは?平成10年、夏の甲子園準々決勝、横浜高校とPL学園の一戦です。
“平成の怪物”松坂大輔を擁する横浜に、強豪PL学園が立ちはだかったこの試合は、延長17回に横浜の常盤選手が劇的な2ランホームランを放ち、9対7で横浜が勝利。松坂投手の投球数250球、試合時間3時間37分に及んだ試合は、高校野球史にさん然と輝く名勝負となりました。

あれから20年。彼らは『延長17回』を、どのように心に刻みその後の人生を生きてきたのか?そんな好奇心から取材が始まりました。九州福岡から北海道網走まで訪ね歩き、19人のメンバーたちにお会いできました。

まず試合のことを伺いました。あの打席のヒットのこと、三振のこと、ファインプレーのこと、痛恨のエラーのこと。…続きはBSトピックス SPECIAL COLUMN あの日からの贈り物 横浜vsPL学園「延長17回」から20年~by毛利

番組内容

BS1スペシャル▽あの日からの贈り物~横浜×PL学園“延長17回”から20年

平成10年夏の甲子園準々決勝。横浜対PL学園は球史に残る名勝負。横浜のエースは松坂大輔。引き分け再試合かと思われた試合は延長17回、劇的な形で横浜が勝利。あれから20年、あの日の球児たちは今年38歳。松坂は今も現役にこだわり、復活のラストチャンスに挑む。ほかの選手たちもある者は野球に関わり、ある者は野球と決別し、人生というグラウンドで闘っている。彼らがあの試合から受け取った人生の贈り物とは?

出演者ほか

【語り】上地雄輔

チャンネル

  • 2018年6月9日(土) 午後7時00分(110分)
  • 2018年6月15日(金) 午後8時00分(110分)
  • 2018年7月13日(金) 午前0時50分(100分)

編集部のおすすめ