もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

追いつめられる女性たち
BS1スペシャル「偽りの結婚~追いつめられるシリア難民女性~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「偽りの結婚~追いつめられるシリア難民女性~」

  • 2017年6月11日(日) 午後11時00分(50分)
  • 2017年7月1日(土) 午後3時00分(50分)
  • 2017年7月31日(月) 午後9時00分(50分)
  • 2017年10月9日(月) 午後10時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

再放送してください。娘を思い泣いているお母さんを思い泣けます。

投稿者:haru

衝撃的でした。
自分一人の力では、彼女たちを救うことはできない。
でも、何かをしなくてはと思いました。
微力ながら何か貢献をしたいという思いに駆られます。
アンマンからオーストリアへ移住したファティマさん。
何か彼女のために出来ることはないでしょうか?
(極めて安直な考え方だとは自覚していますが、例えば、いくばくかのお金を送る、衣類を送るなど)

投稿者:KZ

ムトア婚について初めて知りました。難民の女性を食い物にする男性。そしてお金を得るために女性を紹介する役割をして生活してる人。内戦で住む場所を取り上げられたあげく、体まで差し出さなければいけないのか。心穏やかに過ごせる日が来るようにと切に願います。

投稿者:あや

痛くて、、言葉にできません。。
貧困が招いている現実なのでしょうか??男性の性を本気で軽蔑します。ただの強姦なのに。。

投稿者:おかっち

一言で言って、スゴい番組でした。
戦火のなかで取り残され絶望し苦しみのなかに放置された女性たちの姿を描きだし、人間の条件の極限を描き出しています。すばらしい取材力と番組製作の力に賛辞を送ると同時に、なんともやるせない戦争の現実を知らしめ、難民問題とは何か、その現実を知るために多くの人に見てもらいたい番組だと思いました。

投稿者:石田英敬

シリア難民女性の児童婚や売春の実態を知り、とても驚きました。
これらのひどい結婚をなくすべきだと思いましたが、簡単には撲滅できません。難民女性たちが自分で生きていけるように支援をすることが何より大切だと思いました。

投稿者:冬

つらい苦しい毎日が続き、見ている私もとても胸が苦しくなりました。でも、今は第三国定住で家族の住む欧州に渡ることができて本当によかった。言葉の壁は大きいでしょうが、負けないで、なんとか強くたくましく頑張ってください!心から応援しています。

投稿者:Queen

番組スタッフから

photo

【どんな番組ですか?】
ヨルダンで苦境に陥ったシリア難民女性。その生の声を女性ディレクターが密着取材しました。

【番組の見どころは?】
児童婚や売春など追い詰められた女性たちが赤裸々に証言しています。

【この番組を企画したきっかけは?】
2011年「アラブの春」の直後からヨルダンでシリア難民の家族をロケし、2つの番組を制作したことがきっかけです。

【心に残った言葉は?】
「もう二度と私の人生で泣きはしない」オーストリアへの渡航が決まったシリア女性の言葉。

【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
イスラム教シーア派の慣習である「ムトア婚」の名の下に売春や児童婚が広がっていること。
14歳で結婚し、四ヶ月で夫に去られた女性もいます。彼女が衝撃から立ち直り、生まれたばかりの娘と生きていこうとするまでを追いました。

【見てくださる方に一言】
難民というとシリアの内戦や、ヨーロッパへの移住は報道されますが、隣国ヨルダンで苦境に陥った女性には、なかなか光が当たりません。一番弱い女性が支援も少なく苦しんでいる状況を是非、知っていただきたいと思います。

(番組プロデューサー)

番組内容

BS1スペシャル「偽りの結婚~追いつめられるシリア難民女性~」

シリア内戦の行方が見えない中、国外に逃れた難民は495万人にのぼる。隣国、ヨルダンでは追い詰められた難民女性の間に児童婚や結婚の名を借りた売春などが横行し深刻な問題となっている。イスラム教シーア派では合法的とされる慣習である「ムトア婚」の名の下に、売春が行われているという。番組では、シリア難民女性とヨルダン女性協会など救済に乗り出した人々を密着取材。シリア難民女性の過酷な実態をヨルダンで見つめる。

出演者ほか

【語り】高橋美鈴

チャンネル

  • 2017年6月11日(日) 午後11時00分(50分)
  • 2017年7月1日(土) 午後3時00分(50分)
  • 2017年7月31日(月) 午後9時00分(50分)
  • 2017年10月9日(月) 午後10時00分(50分)

編集部のおすすめ