もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

女優たちの終わらない夏・終われない夏
BS1スペシャル「女優たちの終わらない夏・終われない夏」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「女優たちの終わらない夏・終われない夏」

  • 2019年11月10日(日) 午後7時00分(110分)
  • 2019年11月17日(日) 午後3時00分(110分)
  • 2019年11月22日(金) 午後8時00分(110分)
  • 2019年12月13日(金) 午前9時00分(110分)
  • 2019年12月26日(木) 午前1時35分(99分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

今から8年前に見に行きました。
涙が止まりませんでした。
日本のみんなに見てほしい。

投稿者:はにい/女性/40代

祈りと願いの朗読劇、そのまま伝えていくことを、自分も出来ているだろうかと、問わずにいられません。
ぜひ、自分の居場所から、持ち場から、この祈りを引き取った生き方をしていかなくては…。

投稿者:はばたき/男性/60代

戦争の記憶が薄れていきそうで悲しくなる。若い人への継続を願う。

投稿者:sarukanioyaji/男性/70歳以上

再放映を是非とも!

投稿者:松岡啓子/女性/60代

最近のNHKの様子を心配していましたが、現場はまだ捨てたものではないと感じました。
跡見学院の女性教師の言った言葉「最近それとなくじわじわと危険な方向に向かっている」は、至言であった。

投稿者:野田 一三/男性/70歳以上

私達が子供の頃知っている女優さん達がこんな活動を地道にしておられることは知っていましたが、見応えのある番組でした。

投稿者:ミコ/女性/60代

今、世界情勢の変化等を理由に改憲して緊急事態条項追記等日本が昭和の敗戦前の権力主導の国に戻そうとしている・再び戦争が出来る国にしようとしている動きが一部にある事に国の平和が脅かされるのではと危惧しています。
戦争の悲惨を知らない人が大半を占めるようになった今こそ戦争に正義はない事を知ってもらいたい意図もあり繰り返し放送を期待しています。

投稿者:aoinagareboshi/男性/50代

原爆や東京大空襲も小学生の時に学校の図書室で読みました。あまりに強烈な印象で閉じては閉じては少しづつ読んだ記憶があります。戦争は人間が起こすもの、自然災害は止められませんが戦争は止められると教わりました。しかし、毎日、紛争という名の戦争が繰り返されている。祈るばかりです。

投稿者:ふるちゃん/男性/60代

番組スタッフから

photo

【印象に残った言葉】
今回、わたしたちは「夏の会」の女優さんたちとともに暑い夏を過ごしました。地方巡業をご一緒した日々の中で、一番、印象に残っている言葉があります。公演のあと、地元の方々の感想を聞く交流会でのこと。観客の方から、朗読をするときの”テクニック“を教えてほしい、という要望がありました。一人の女優さんは、「テクニックなんてないんですよ。心で感じてですから」と答え、また別の女優さんは「書いた方の代読をしているんです。普通の芝居をするよりも非常に苦しい作業です」とまっすぐに答えました。その言葉に、会場にいた誰もがハッと息をのみました。もちろん、わたしも。彼女たちが12年間やってきたことのすべてがそこにあると感じました。
被爆して亡くなった子供達の最期の言葉や、その家族の手記などの言葉と向き合ってきた「夏の会」の女優さんたちの姿をぜひ見ていただければと思います。

(番組ディレクター 正岡裕之)

番組内容

BS1スペシャル「女優たちの終わらない夏・終われない夏」

舞台や映像の第一線で活躍してきた女優たちが結成した「夏の会」。広島・長崎で被爆した子どもや母親たちの手記などを読む朗読劇を毎夏、全国で巡演してきた。しかし、女優たちの高齢化の問題もあり、2019年を最後に活動に終止符を打った。戦争の記憶を風化させまいと12年間続けてきた女優たちの“最後の夏”に寄り添い、活動の原点にある “平和への願い”をどのようにして次の世代へバトンタッチしていく姿を見つめる。

出演者ほか

【出演】岩本多代,大橋芳枝,大原ますみ,長内美那子,川口敦子,高田敏江,寺田路恵,日色ともゑ,柳川慶子,山口果林,渡辺美佐子,【語り】長谷川勝彦

チャンネル

  • 2019年11月10日(日) 午後7時00分(110分)
  • 2019年11月17日(日) 午後3時00分(110分)
  • 2019年11月22日(金) 午後8時00分(110分)
  • 2019年12月13日(金) 午前9時00分(110分)
  • 2019年12月26日(木) 午前1時35分(99分)

編集部のおすすめ