もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

小さな命の絵~ペットと飼い主の震災~
BS1スペシャル「小さな命の絵~ペットと飼い主の震災~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「小さな命の絵~ペットと飼い主の震災~」

  • 2019年3月9日(土) 午後10時00分(50分)
  • 2019年3月15日(金) 午後6時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

泣けてくるね、かわいそう

投稿者:城太郎/60代/男性

「ペット」とは言うけれど、ペットではなく家族です。避難所での扱いなど、つらい思いをした方がたくさんいるのに、改善されないのが悔しくて仕方ないです。今まで展覧会の事は知らなかったのですが、是非足を運びたいと思います。

投稿者:きんたろう/40代/女性

悲しいのに、皆さんカメラの前では笑っている。
悲しいね(-_-;) そこに愛が有るのが、少し救いでした。
かわいかったしね 天使

投稿者:アヤナ/60代/女性

泣けました。動物は、海で発見されても連れて帰れないと知って、日本はまだまだ動物に対する意識が低いなあと思いました。画家の方たちが描くペットの絵は、写真よりも奥深く、伝わってくるものを感じました。地上波での放送、ぜひお願いします。

投稿者:たにぐちようこ/40代/女性

大阪で小さな命展を見ました。
うささんの活動に感動しました。
この活動を応援したいと思います。
ペットの命も人間と同じで非常に尊いものです。

投稿者:いかなご/40代/男性

涙が止まらなかったです。
救えたはずの命を救えなかった、そんなことはあってはならないですね。
これからもしもまた震災があったとき、繰り返してほしくないと思いました。
命に上下は本当にないですね。

投稿者:メロン/40代/女性

ペットは、家族なのに災害時に人間と一緒に避難ができない現実があることについて考えることがありました。ぜひ人間と一緒に部屋が別々だとしても人間が避難する建物等の外ではなく建物内などに避難できるように近い将来なるようにしてもらいたいので、とても賛同しました。応援、協力できることがあればしたい。

投稿者:ありがとう/40代/女性

泣きました。考えさせられました。知らない事ばかりで、続編希望します。

投稿者:雲助/50代/男性

人も動物も同じ家族であるのに、どうすることもできなかった悔しさとか悲しさを知って自分だったら…と深く考えさせられました。
絵でしかできないことがたくさんあって、それがたくさんの人を救っているんだなと感動しました。これから世の中も少しずつ変わっていくといいなと思いました。

投稿者:ひな/20代/女性

私も猫を飼っているので飼い主さんの気持ちになって…一緒に泣いてしまいました。
助けたかったけど助けることができなかった命…。後悔は終わることはないと思ってしまうけどあの絵を見ていたら「生きていた時は楽しかったよ、幸せだったよ」「後悔はしなくていいよ」て言ってくれてる気になりました。そして、人間も動物も同じたった一つの命なんだ!と強く感じました。

投稿者:なふく/30代/女性

うささんの絵を通して動物と人間との愛情の大切さを感じました。震災だからではなく平常時からの問題でもあります。学校教育でも使いながら多くの方々に見て頂けると良いと思います。
すばらしい企画、放送をありがとうございました。

投稿者:えとう/40代/男性

無償の愛が詰まったやさしい番組でした。けれど、あの絵になった愛くるしい動物たちは、すでにこの世にはいないんですね、、、うささんが、『助けられたはずの命というのは、もう嫌なんです』と話していた言葉が印象的でした。助けられた命があったという事実を、生きている私たちは知るべきだと思いました。あっという間の 1時間でした。もっと見たかったです。

投稿者:fuuka/20代/女性

多くの人がなくなる中でペットの死を話せなかったと話すシーンは強く心に残りました。一緒に避難できず家に残し、なくなるのはつらいです。たかがペット、という感覚をみんな変えてほしいです。より多くの人に見てほしい番組、是非地上波でのオンエアをお願いします。また大きな災害が起こった時、小さな命をより多く救うためにも。

投稿者:ゆゆ/40代/女性

昨年、一心同体だった彼を亡くし立ち上がれずにいますので番組の内容と重なって涙が止まりませんでした。ペットたちの愛らしさ、いとけなさ。テレビ画面から私も見つめられて反対に慰められてしまいました。
虹の橋を渡って行った命に合掌。

投稿者:きみばあ

人は、いざというときは助け合う生き物だと思う。
生死の境目を目の当たりにすれば、命の尊さを改めて思い知ることができる生き物だとも思う。
しかし、その対象に動物たちは含まれない。
緊急事態で余裕の無くなった人間の視野から彼らは外されてしまう。
そこにある命を救うのに、優先順位などあるのか?
命は皆平等であることを、優しく寄り添うように語りかけてくれる番組だ。

投稿者:どこ/40代/女性

私は大人になって初めて犬を飼いました。飼って強く感じることは本当にペッ トは“家族”だということです。“ 飼う”というより“共に暮らす”という感覚の方が大きいのです。この番組を見て災害時のペットの処遇についてもいろいろ考えさせられました。うささんの、人や生き物すべてに対する優しさ想(おも)いが伝わるすてきな番組でした。地上波でも是非放送して頂きたいです。

投稿者:とも/40代/女性

ベトナムの人がうささんの展覧会を見てから、飼っているペットへの考え方が変わったと話していたのがとても印象的でうれしかった。この展覧会がこれからも日本のたくさんの市町村で開催されて欲しいのと同時に再放送を是非お願いしたいです。

投稿者:蜜柑/50代/女性

日本はペットに優しくない国だと改めて感じました。人が亡くなってるのに動物?とか、あり得ない。犬や猫は言葉こそ人間語を使いませんが、感情を持った命です。更に、人間は文句を言ったり悪口を言ったりしますが、ペットはただただ飼い主と愛情で強く結ばれています。その幸せをくれるかわいくて、小さな動物の命は大きいです。ペットと一緒に避難生活を出来る国になって欲しい。

投稿者:ふっちゃん/50代/女性

人命の重みを動物たちの命を通してクリアに表現されていた、動物たちの命の重みを今、物のように捨てる人たちに見てほしい。

投稿者:くぅちゃんパパ/60代/男性

自分もペットと一緒に生活しています。自分たちでは家族ですが、ほかの人からすると犬はダメと言われてしまうつらさ共感できます。TVで見えた活動の裏にはたくさんの大変なこと、つらいことがあると思いますが、ベトナムの子供たちがとても喜んで、うささんに感謝のキスをしているシーンが印象に残りました。録画がうまくできなかったので、再放送をして欲しいです。

投稿者:田中秀憲/50代/男性

番組を見させていただきました。
震災で命を落としたのは人だけではなくて、かけがえのない大切な家族犬や猫。
あの時置き去りにしてしまった、一緒に逃げる時に飼い主さんと亡くなって。うささんをはじめ沢山の作家さんの優しさあふれる絵に見ていて涙があふれました。人も動物も同じ命ですね。すてきな番組ありがとうございました。

投稿者:もも/60代/女性

ペットは家族
大切な命

投稿者:ケイニャン/40代/女性

ペットの命と人間の命、何ら変わりはありません。
これからどのように彼らの命を守っていくか、私たちが意識を根底から変える必要があると思いました。

投稿者:じのりん/50代/女性

震災時は口に出せなかったペットの死。泣きながら息子と土に埋める事しか出来なかった。この番組を見て人の死には比べることのできないとはわかっていても家族にとっては同じでした。これを見てくださったたくさんの人にも伝わればと思います。うささんの活動には頭がさがります。ありがとうございます。無理せず、お身体ご自愛ください。

投稿者:ボーンちゃんママ/50代/女性

うささんの優しさ、心強さに、心が温かくなりました。震災の中、ペットが亡くなったことを言葉にできない思い、そして悲しみをすべて包んでくれました。我が家にも、書いていただいた我が家のワンちゃんの絵が飾ってあります。今でも本当に生きているかのように、私たちに微笑んで、見守ってくれています。また、頑張ろうと思える、特集でした。ありがとうございました。

投稿者:ヒロ/30代/女性

私もたくさんの動物を飼っているため ものすごく考えさせられました!!
もっといろいろな方へ見て知って頂きたいです!

投稿者:れおさま

命の重さを痛感しました。
忘れがちな事、優しさ、慈愛、子供たちに見てほしいです。もちろん私たち大人も。

投稿者:愛ちゃん/60代/男性

活動に感動しました。ひとりひとり死生観、命に対する考え方は違うので100%受け入れられないかもしれませんが、うささんと同じ気持ちの人はたくさんいると思います。心から応援しています。

投稿者:なな/50代/女性

人であれ人以外の命であれ家族にとってはどんな命の重さは同じであると改めて考えさせられました。
たくさんの人に知ってもらいたいのでぜひ再放送をお願いします。

投稿者:中戸哲也/60代/男性

家族同然に大切にしていたペットを亡くしても災害時にその悲しさを口に出せない、自分の胸の中にじっと押さえていなければならなかった方々のつらさが伝わって来ました。かわいらしく幸せそうに描かれた絵は、どれだけ飼い主さんの心を救っているかがペットとの思い出を語るお顔の穏やかさで想像されます。人も動物も命の重さは同じな事をこの番組を見て感じてもらいたいです。

投稿者:飯塚あつこ/60代/女性

涙が止まりませんでした。
ペットも家族。言えなかった悲しみ…
絵で励ます活動の方々に脱帽。

投稿者:きゅんのママ/50代/女性

ペットは家族。泣けました。

投稿者:びびあん/50代/女性

「ペットが死んだ悲しみを言えない。人が死んでる人がいるのにと…」この感情は、その場に居る人しか気づかない事です。
でも、私も同じ状況になれば必ず感じる苦しみなんだと思いました。
みんなに知ってもらいたいです。
地上波での放送を希望します。

投稿者:yuko/40代/女性

以前 京都での展示会で 小学生の娘と 拝見させていただきました。会場の入り口で、少し絵を見せていただいただけで、涙があふれ 絵に近づくことが出来ませんでした。それほど 小さな命に対する愛情が絵にあふれてだしていました。うささんからお声かけをしていただきましたが、涙で上手く話せず申し訳なかったです。改めてテレビでうささんの活動を拝見し、感動しました。

投稿者:ルミィ/40代/女性

小さな命の絵の事は以前から存じておりました。
今回このような番組が放送され、うれしく思います。
内容も命の大切さ、愛おしさにあふれ、涙がとまりませんでした。人間も動物も同じかけがえのない命と絆、是非、地上波での再放送を願います。

投稿者:hana/50代/女性

こんなに悲しい事があったなんて…
ペットも家族、失った悲しみに違いはありません。

投稿者:サンタの父ちゃん/50代/男性

震災は人と動物の両方を傷つけていることを知りました。そして、人であれ動物であれ、その人にとっては家族を失うことに変わりない事がわかりました。この展示が少しでも皆さんの心の助けとなっているのならすばらしい活動だと感じました。

投稿者:はる/40代/女性

我が家にも大型犬がおりますので
この番組はとても考えさせられるものでした。
もしも自分がその立場だったらどうしただろか?考えただけで涙が出てきます。
しかしこの番組を通じて、防災と避難方法を具体的に考えることができ、感謝しています。
ボランティアで被災された方に寄り添う姿勢に頭が下がりました。
ありがとうございました。

投稿者:タム/50代/女性

家族同然のペットを亡くした悲しみを、口にする事もできずにいた被災者の方々。その心に寄り添った活動をされているうささん。絵の中の幸せそうな動物達にやっと会えた飼い主の方々の表情に涙が止まりませんでした。

投稿者:chiroko/60代/女性

海で見つかっても連れてかえってこないっていう所で、涙腺崩壊した。飼い主さん達の後悔と心の痛さが、ホントに胸にきた。静かに微笑む絵、元気に跳んでる姿、愛らしいお顔で見つめてくる絵、ああおかえり、一人で寂しかったよ、置いてちゃってごめんね、助けてあげられなくてごめんね、許しておくれ、長い間一人で寂しかったね、また一緒に暮らそう。そんな声が聞こえた気がしました。

投稿者:なみ/40代/女性

考えさせられ、また目頭があつくなりました。ひとりでも多くの被災者を救い、守るために、災害の真っ只中でペットたちまでは思いが及ばないのが常だが、小さな命が生きる支えになる。

投稿者:けん三世/60代/男性

何年か前にクラウドファンディングに参加させて頂きました。人間だけでなく家族であるペットも被災し悲しい別れがあったことを知らない人もまだ多いです。多くの人が視聴できる地上波でも放送して頂きたいです。

投稿者:kan/40代/男性

この先また災害が起きた時、悲しい思いをする命が少しでも減ることを祈ってます。BSだけでなく、是非幅広く地上波で再放送されますように。

投稿者:なまこ/40代/女性

番組内容

BS1スペシャル「小さな命の絵~ペットと飼い主の震災~」

知られざるペットと飼い主の物語をお伝えします。震災から8年、今も続くささやかな展覧会がある。「災害で消えた小さな命展」震災で命を失った犬や猫の似顔絵を描いたものだ。一人の絵本作家が無償で続けてきた。家族同様だったペット。しかし多くの人が亡くなる中で、犬や猫を失った悲しみは誰にも言えなかった。肉親も亡くした人は、なおさらだった。癒えない傷を救ってくれたのが、一枚一枚のペットの似顔絵だった…

出演者ほか

【出演】絵本作家…うさ,【語り】渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)

チャンネル

  • 2019年3月9日(土) 午後10時00分(50分)
  • 2019年3月15日(金) 午後6時00分(50分)

編集部のおすすめ