もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

世界の果てに花を生ける
BS1スペシャル「世界の果てに花を生ける」

BS1スペシャル「世界の果てに花を生ける」

  • 2017年12月15日(金) 午後9時00分(50分)
  • 2017年12月23日(土) 午前8時00分(50分)
  • 2018年1月7日(日) 午後7時00分(50分)
  • 2018年1月29日(月) 午前0時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

  • フラワー・アーティスト 東信さん 想像を超えるプロジェクトに密着
  • 宇宙で?!吹雪の雪原で!暗闇の深海で… 世界各地で“極限の生け花”に挑む!
  • 独特なタッチの高画質映像と音楽 ノーナレーションで東さんの世界を体感

どんな番組?

「想像を超えるような、
花のあり方みたいなものをやってみたい」

photo

フラワー
アーティスト
東信さん

型破りな“生け花”で
世界の芸術家たちをも魅了する

photo

「東は 花に詩的な美しさを添える。すばらしい」
ファッション デザイナー
ドリス・ヴァン・ノッテン

東さんは “極限の世界”に花を生ける
創作活動に挑み続けている

photo

「最近、きな臭い世の中になっているので
『爆弾の代わりに花を』じゃないけど」

photo

上空約3万メートルへ!
バルーンで花束を上げる

「記録していくことは、
命に対しての自分たちの敬意でもある」

北海道の雪野原
吹雪の中で生けられた松

photo

作品を間近で見るために
大阪からやってきた青年

photo

「木独特の匂いもあって…
来たかいはあると思います」

東さんの次なるプロジェクトは
「深海に花を生ける」

photo

強い水圧がかかった時、花はどう変化していくのか?

「やっぱ花って強いのよ」

photo

ノーナレーションでおくる映像詩

BS1スペシャル
「世界の果てに花を生ける」
12月15日(金)午後9時00分放送
BS1

番組スタッフから

【この番組を企画したきっかけは?】
日本に住んでいる間に「生け花」を習いたいと思い、インターネットで生け花教室を探しているときに、東さんの数々のすばらしい作品を見つけ、一瞬で虜になりました。

【番組の見どころは?】
東さんの手掛ける美しい花の作品の数々、そして、それが“極限の世界”に置かれたときに作り出す光景を楽しんでいただけたらと思います。東さんは、「誰もまだ見たことのない花の本来の姿や美しさを知りたい、引き出したい」という一心から、上空30,000m、深海1,000m、吹雪など、常識を超えた“極限の環境”に花を生けることに挑戦します。そんな彼の姿を通して、熱い追求心・強い執念が生み出す「人間の底力」、さらに日本人の心に息づく「はかなさへの畏敬」を感じて頂ければ幸いです。

【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
東さんの創作のほとんどは、極彩色の花々を使った、非常に華やかで あでやかなものです。でも、それと対照的に、お店兼スタジオは、極めてシンプル。灰色のコンクリートの壁や天井に覆われ、ステンレスの台とガラス瓶が並び、「ここはクリニック?」と見まがうほどに整理と清掃が徹底されています。東さんの「美学」を感じます。
東さんの作品を作るスピードにも目を奪われました。とてつもなく速いです。東さんは「花は人間を待ってくれない」と言います。切り花は、人間にたとえると、1日10歳、年を取る。だからこそ、一瞬一瞬が真剣勝負。花の命を最期まで最大限に輝かせるために、東さんも全力を出し切って、注ぎきって、花と向き合っている。そんな気がしました。

【心に残った言葉は?】
「花は人間にたとえると、1日に10歳としをとる。だからこそ、瞬間瞬間を切り取っていくことが大事」。

(番組ディレクター オフェリ・グヨマタリス)

番組内容

BS1スペシャル「世界の果てに花を生ける」

“宇宙”から深海まで。本来、植物が存在し得ない極限の世界に花を生けたとき、その光景は人々に何を訴えかけるのか…。極彩色と躍動感あふれる花々を氷漬けにするなど、型破りな“生け花”で世界の芸術家たちをも魅了する日本人フラワーアーティスト・東信(あずままこと)。彼の新たな挑戦に、4Kカメラが密着。花の命と徹底的に向き合う東の情熱と、世界の果てで開花する“命の輝き”を、ノーナレーションの映像詩で見つめる。

出演者ほか

【出演】フラワーアーティスト…東信

チャンネル

  • 2017年12月15日(金) 午後9時00分(50分)
  • 2017年12月23日(土) 午前8時00分(50分)
  • 2018年1月7日(日) 午後7時00分(50分)
  • 2018年1月29日(月) 午前0時00分(50分)

編集部のおすすめ