もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

一獲千金!荒野のデニムハンター
BS1スペシャル「“青い黄金”を追え!~一獲千金 荒野のデニムハンター~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「“青い黄金”を追え!~一獲千金 荒野のデニムハンター~」

  • 2017年5月5日(金) 午後10時00分(50分)
  • 2017年5月21日(日) 午後10時00分(50分)
  • 2017年6月6日(火) 午後6時00分(50分)
  • 2017年9月17日(日) 午後11時00分(50分)
  • 2018年1月3日(水) 午前11時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

私は加州大学大学院在学中、ゴールドラッシュ時代に興味が湧いてきっかけになったコロマの村に何度か足を運びました。何にもない渓谷のひなびた集落です。一攫千金を夢見た祭りの跡です。
実際、金鉱掘りで金持ちになった人間はいなかったようです。それよりも男たちに日用品を売っていた商人が一儲けしました。デニムはその象徴です。新考古学ですね。

投稿者:フラフラ

最高でした!
こんな感じの放映をしてほしい。
2時間放映してほしい。
ありがとうございます。

投稿者:上野

デニム愛にあふれたすばらしい番組でした。

投稿者:まぐろ

90年代から00年にかけてのvintage clothes熱狂時代を過ごした私にとってはものすごく引き込まれる内容でした。また沸々とvintageブームの再燃が感じられる昨今、とても楽しく、興味深く見ることができ、早速1枚手に入れたくなってきました。すばらしい番組をありがとうございました。

投稿者:Mr brick

見ごたえリアリティ高いドキュメンタリーでした。

投稿者:DGO

とても興味深く視聴させていただきました。ヴィンテージジーンズについては素人同然ですが、大変熱心なコレクターでありジーンズに関しては恐らくプロ並の知識をお持ちの草なぎ剛さんのファンなので、これまで彼が語っていたジーンズのあれこれが番組でも紹介されていて面白かったです。またBGMに草なぎさんのドラマの曲が使用されている事に気づき、驚くと同時に大変うれしかったです。

投稿者:まゆ

すごい世界があるんだと発見することが出来ました!

投稿者:まや

好きなタレントさんがヴィンテージジーンズが好きなので、興味が出て見てみました。
正直、ナレーションがそのタレントさんなら最高だな~と思いながら見てました。
テレビや雑誌でよく話してるワードがたくさん出てきて、詳しく知ることができたので、とても勉強になりました。もし第二弾をされるようでしたら、草なぎ剛さんにナレーションしてほしいな…

投稿者:かずつよ

面白い

投稿者:たか

まさに今時のトレジャーハンター!発掘の面白さもさることながらボロ切れが黄金に変わるデニムの取引現場、さらには末端まで密着しているのはさすがNHKの取材力だと感心。

投稿者:evis

遥か昔の鉱山に入り、宝物のジーンズを探す。番組自体も盛り上がりがあり面白かったですし、ハンターと名が付くにふさわしい職業だと思いました。

投稿者:リョウ

希少性ゆえの価値。投資先として、アジアの富裕層が買っているという話は驚きでした。低金利で行き場を失ったお金がこんなところにも流れているのかという、新しい発見でした。

投稿者:デニムの価値わからない

面白かった。続編がみたいです。
地上波でもお願いします。

投稿者:Shu

続編希望

投稿者:江戸勝
  • アメリカの礎を築いた労働者たち その営みに寄り添ってきたデニム
  • 100年以上前の古いデニムはビンテージと呼ばれ、高値で取引されている
  • 鉱山跡や廃屋に眠るデニムを求めハンターに密着 お宝は見つかるか?

どんな番組?

「準備はいいか?行こうぜ!」

photo

彼らが探すのは、鉱山跡や廃屋に眠る
100年以上前の古いデニム

もともとは鉱山労働者たちの作業着

年代物のジーンズは、「ビンテージ」と呼ばれ
世界中で人気が高まっている

photo

現存する世界最古のジーンズ
15万ドル、およそ1600万円の値がつく

photo

ベテラン
デニムハンター
ブリット・
イートン

これまで10万本以上のジーンズを
見つけ出してきた

「1つの鉱山から
100万ドルの
品物を見つけた
こともある」

photo

やって来たのは古い鉱山

photo

ヘッドランプに
マスクと手袋
ハーネス、
ハンティングの
装備

果たして“青い黄金”を
見つけることは出来るのか?

発掘された
デニムを買い取る
ディーラー
ラリー・
マッコイン

photo

キングと呼ばれる彼の元には
世界中から情報が集まってくる

photo

デニム取り引きの現場に密着

photo

「絶対に欲しい
ですね 」

ビンテージデニムの何が
人びとをひきつけるのか?

photo

「デニムはもっとある。
生きて歩けるうちは探し続ける」

photo

知られざる、現代のゴールドラッシュ

BS1スペシャル「“青い黄金”を追え!
~一獲千金 荒野のデニムハンター~」
5月5日(水)午後10時00分放送
BSプレミアム

番組スタッフから

photo

【どんな番組ですか?】
かつてゴールドラッシュに沸いたアメリカで、鉱山労働者のために作られた作業着がジーンズの起源です。番組では、鉱山跡や古い農家の納屋などに眠る「ビンテージ」と呼ばれるジーンズをめぐり、発掘するハンターや研究者、バイヤーによるビジネスの最前線を取材しました。

【番組の見どころは?】
150年前の古いデニムを追い求めて、鉱山跡に潜るデニムハンターのブリット・イートンさんに密着。ヘルメットにヘッドランプ、軍手、マスク、それにハーネスを装備して鉱山跡に潜りました。坑道の中は粉塵と漆黒の闇。落石に注意しながら、坑道内をさらに進んでいくと…突然、ブリットさんの叫ぶ声が響き渡りました。果たして、ブリットさんが出会ったモノとは?

【心に残った言葉は?】
デニムハンターのブリットさん
「寝ても覚めてもジーンズのことばかり考えているんだ。
 デニムはもっとある。生きて歩けるうちは探し続けるよ」

【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
日本からブームがスタートしたビンテージデニム。それが今では、アメリカ、ヨーロッパだけではなく、タイや中国など、世界中に広がり始めていることに驚きました。

【見てくださる方に一言】
青い黄金をめぐる最前線を取材しました。そして、意外な日本とのつながりも紐解いていきます。是非、ご覧下さい。

(番組ディレクター)

番組内容

BS1スペシャル「“青い黄金”を追え!~一獲千金 荒野のデニムハンター~」

アメリカには、高額で取り引きされる「ビンテージ・デニム」を求め、廃坑や廃屋を探し回る男たちがいる。彼らは「デニムハンター」と呼ばれる現代の宝探しだ。近年古いデニムは、アメリカの労働者の歴史を彩ってきた貴重なアイテムとして再評価が進み値段が高騰、1着1万ドル、100万円以上するものも少なくない。“青い黄金”を探し求めるデニムハンターたちの冒険と取り引きの現場に密着。そこには驚くべき世界が!

出演者ほか

【語り】渋川清彦

チャンネル

  • 2017年5月5日(金) 午後10時00分(50分)
  • 2017年5月21日(日) 午後10時00分(50分)
  • 2017年6月6日(火) 午後6時00分(50分)
  • 2017年9月17日(日) 午後11時00分(50分)
  • 2018年1月3日(水) 午前11時00分(50分)

編集部のおすすめ