もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

ザ・カミングアウト~中国・LGBTの叫び~
BS1スペシャル「ザ・カミングアウト~中国・LGBTの叫び~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「ザ・カミングアウト~中国・LGBTの叫び~」

  • 2019年2月27日(水) 午後9時00分(50分)
  • 2019年3月7日(木) 午後6時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

「同性愛を変えろ。中国社会に同性愛者の居場所はないんだ」と言う父親。「一人で背負うのはもう限界です」と理解を求める息子。なんて哀しいんだろう。日本では近年LGBTへの理解を進める動きが活発化しているが、個個にはまだこうした壮絶な葛藤があるのだろう。“受け入れる事”の難しさも伝わってきた。

投稿者:ユウ/50代/女性

同性愛者であることを分かってほしい子どもと、それを受け入れることができない親。どちらの立場から見てもつらくて涙が出た。社会人としてちゃんと生きているのに、ただ恋愛の対象が同性というだけなのに…。中国は日本以上に親からの結婚・出産のプレッシャーが強い。そんな環境でカミングアウトをした彼らの勇気に拍手を送りたい。そして、少しでも生きづらさが薄れていくよう願う。

投稿者:無限飛行/30代/女性

番組スタッフから

3年ほど前に、後輩の女の子から「私 彼氏いないけど、彼女がいます」と言われ、初めてLGBTに関心を持ち始めました。その後、彼女とパートナーが暮らす家にも時々行くようになり、いろいろと話を聞きました。二人とも親へのカミングアウトで悩んでいることや、親に認めてもらえずパートナーと別れ、本当の自分を押し殺して異性と結婚してしまう仲間もいることを知り、衝撃を受けました。
なぜ親子が傷つけ合わないといけないのか、彼らはこの先どうなるのか・・・その歩みを記録したいと思うようになり、取材を受けてくれる方を探し始めました。
私自身はLGBTではありませんが、「彼氏が日本人だ」と中国の父と祖父母になかなか言えず、いつかは「カミングアウト」しなければと思っていたことも、どこか重なって動機の一部になったように思います。
2人の主人公にとって、親へのカミングアウトは人生を左右する瞬間。そんな大切な瞬間を記録させて頂けたことは非常に嬉しく思うと同時に、重大な責任を感じました。制作者の解釈をなるべく減らし、親子の言葉、表情、笑顔、涙、ひとつひとつ「ありのまま」を感じ取ってもらえるようなドキュメンタリーにしたいと思いました。
番組を見てくださる方々は、LGBTではない方のほうが多いかと思います。それでも、親子の物語のどこかに自分を重ねて、少しでも共感して頂けることを願っています。

(番組ディレクター 房満満)

番組内容

BS1スペシャル「ザ・カミングアウト~中国・LGBTの叫び~」

中国で7000万人と推定される性的マイノリティの人々。偏見や差別が根強い社会で、ほとんどのLGBTの人々は本当の自分を隠して生きている。「せめて親にはありのままの自分を受け入れてもらいたい」。勇気を振り絞って親に告白するが、親はあまりの衝撃で拒絶し、泣き崩れる。そんな崖っぷち親子の相談役になって共に解決をめざすボランティア団体も存在する。激しく葛藤し苦悩を乗り越えようと模索する親子の感動のドラマ。

出演者ほか

【語り】清水ミチコ

チャンネル

  • 2019年2月27日(水) 午後9時00分(50分)
  • 2019年3月7日(木) 午後6時00分(50分)

編集部のおすすめ