もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

混迷の時代に哲学は応えられるか?
BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」

  • 2018年7月15日(日) 午後10時00分(50分)
  • 2018年7月30日(月) 午後9時00分(50分)
  • 2018年9月10日(月) 午前0時50分(50分)
  • 2018年10月1日(月) 午後1時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

映像や話す内容から、物事はフォーカスしないところでも同時並行的に起こっているし、流れるように俯瞰して客観視することが、この欲望時代、必要かと感じました。
また、人間を定義するかしないかの対談内容も、もしかしたら、人間に焦点を当てすぎるのが欲望につながるのかとも感じました。
考えるきっかけをありがとうございます。
番組自体も、まさに哲学的だな~って思いました!

投稿者:キャリコ

国の歴史が価値観やその国の憲法に影響を与えていること。
哲学とは無縁だと思っていたけど、この歳でも感銘を受けました。
著書を買って読みたいと思います。

投稿者:あーちゃん

考えさせられた!皆さんにも見せたい!

投稿者:末吉暁生

学生の頃に哲学や現代思想を少しだけかじったが、今はこういう人が話題になってるんだ、と思いながら見た。
某国に住んでいるとき、哲学の番組があったり、哲学者がコメンテーターだったりして、ああ、ここでは哲学は脈々と生きているんだと実感した。
日本でも、大学を出た人は哲学史の概要がわかってるような社会になるとイイ。

投稿者:マンゴ

今までにみた番組のなかで世界一凝縮された面白い番組だった

投稿者:ミラクル・スイッチ

マルクスさんは「欲望の資本主義」を観て注目していた哲学者だったので、彼が日本で哲学を考えるというのは、非常に興味深かったです。
日本の社会について、さまざまな考察をしていましたが、どれも納得させられるものばかりでした。
哲学は難しいイメージでしたが、マルクスさんの話は分かりやすく、私も考えやすかったです。

投稿者:ピーチ

新橋の居酒屋の日本人女性二人が、あれが日本人の平均なのだろうが、ちょっと悲しくなった。ちゃんと語りたいけれど冷笑されるかもしれないから笑いでごまかしながら無垢を装い・・という姿。日本では思いを語るという場がもっとあってほしいなぁと。でも内容は面白かったし、大阪のタクシードライバーのおじさんが言う言葉も私の疑問に答えてくれた。

投稿者:あきこ
  • 今哲学って?新実在論って、ナンだ?
  • 噂の哲学者が、東京へ、大阪へ、京都へ…。
  • 「人間は動物だ。ただし…?」ニッポンの進む道は?

どんな番組?

photo

あの男がやって来た

哲学者 マルクス・ガブリエル

photo

日本の抱える闇とは?

photo

テクノロジーとポップが競演するニッポン

photo

「アンドロイドは シンギュラリティーの夢を見るか?」

photo

東京、大阪、京都…。旅で見えてくるのは?

photo

今、哲学に何ができる?

BS1スペシャル「欲望の時代の哲学
~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」
2018年7月15日(日)午後10時00分放送
BS1

番組スタッフから

photo

【番組を企画したきっかけは?】
「資本主義はショウだ」(「欲望の資本主義2018」)「民主主義は、“真実を得る方法”でもなければ“噓つきの政府を暴く方法”でもなく情報処理の一形態」(「欲望の民主主義」)など、刺激的にしてフラットな言葉を番組に残し、大きな反響を生んだ、哲学者マルクス・ガブリエルが、6月に来日しました。
資本主義が格差を拡大、民主主義に亀裂を走らせ分断を生み、さらにテクノロジーの発展が恩恵のみならず人々の心の底に不安感を生む時代…。彼の思想の何が日本の、世界の人々の心を捉えたのか?
時代の変動期だからこそ、立ち止まり、自分たちが生きる社会のあり方を考える、ひとつのきっかけとなることを願っています。

【番組の見どころは?】
東京、大阪、京都…、一週間あまりで駆け抜けた、2018年、ニッポンの初夏。
講演会、知識人との対話のみならず、街場で様々な人々とも触れ合います。たまたま相席になった女性たち、仕事帰りのビジネスマン、タクシーの運転手さん…、様々な市井の人々の等身大の悩みにも答えます。
「幸せになるには?」
「新実在論」という哲学の叡智がもたらす、答は?
次々に、刺激的な言葉が漏れます。その真意は…?どうぞ、番組をご覧ください。

【見てくださる方に一言】
2018年初夏。
哲学は、形而上の単なる「知識」などではなく、今や時代が要請する、実践的な思考の技術なのかもしれません。
ガブリエルの旅に、映像でご一緒いただき、ぜひ一緒に考えましょう。

(番組プロデューサー 丸山俊一)

番組内容

BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」

若き天才、ヨーロッパの知性の新たな継承者と称されるマルクス・ガブリエル。彼の思想が欧米ではもちろん、日本でも話題となり広がりを見せている。格差、分断、民主主義の危機も叫ばれ、テクノロジーが皮肉にも人々に恩恵のみならず不安とストレスを生んでいる時代に日本の可能性は?さまざまな分野の知性、街行く人々など多くの偶発的な対話も取り込んだ対話の旅。その軌跡から見えるのは?2018年日本の予定調和なき思索紀行

出演者ほか

【出演】哲学者…マルクス・ガブリエル,阪大教授(知能機能創成工学)…石黒浩,哲学者・東京工業大学教授…國分功一郎,哲学者・立命館大学准教授…千葉雅也

チャンネル

  • 2018年7月15日(日) 午後10時00分(50分)
  • 2018年7月30日(月) 午後9時00分(50分)
  • 2018年9月10日(月) 午前0時50分(50分)
  • 2018年10月1日(月) 午後1時00分(50分)

編集部のおすすめ