もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

欲望の経済史 特別編
BS1スペシャル「欲望の経済史~ルールが変わる時~特別編」

BS1スペシャル「欲望の経済史~ルールが変わる時~特別編」

  • 2018年4月8日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2018年4月15日(日) 午前1時10分(100分)
  • 2018年5月4日(金) 午前7時00分(110分)
  • 2018年6月6日(水) 午前9時00分(110分)
  • 2018年9月17日(月) 午後3時00分(110分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

  • いつの時代も欲望が生む「ルール」がある
  • その「ルール」が、次の時代の欲望の形を決める…
  • 「ルール」が変わる時を捉える、異色の経済史

どんな番組?

歴史は繰り返す。
一度目は悲劇として、二度目は喜劇として。
カール・マルクス

photo

やめられない、止まらない
欲望が欲望を生む、資本主義

photo

ルールが変わる時はいつだったのか?

時が富を生む魔術=利子。
誕生のからくりとは?

photo

コロンビア大学教授 Jスティグリッツ

空間をめぐる攻防=重商主義とは?

photo

国立海洋博物館学芸員 Rブライス

グローバリズムと国家の関係とは?

photo

オックスフォード大学教授 Kオウローク

勤勉が美徳になった?
宗教改革の内実とは?

photo

産業革命とは何だったのか?
その最も重要なものとは?

photo

カリフォルニア大学教授 Gクラーク

そして、繰り返すバブル
果たして資本主義はどこへ?

photo

ウォーリック大学名誉教授 Rスキデルスキー

photo

世界経済の識者たちの言葉で紡ぐ、異色の経済史 特別編

BS1スペシャル「欲望の経済史~ルールが変わる時~特別編」
2018年4月8日(日)午後10時00分放送
BS1

番組スタッフから

【この番組を企画したきっかけは?】
大きな反響をいただいた、総合、BS1の「欲望の資本主義」、さらにスピンオフした「欲望の経済史」も好評をいただき、まとめて見たいという皆さんへの特別編です。
そもそも「時が富を生む魔術」=利子は、どこでどのように生まれたのか?すべてはそこから始まり、俯瞰で富が生まれる「ルール」に着目、様々な欲望の形が生まれるポイントをつかみ出し、現在との間を行き来します。

【番組の見どころは?】
歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は喜劇として。あのカール・マルクスの言葉ですが、ここにすべては集約されます。様々な事象が、少し読み替えるだけで、今という時代とつながって見えてくるのではないでしょうか?
 様々な世界の知性たちが、「欲望の歴史」を紐解き、その読み解き方を語ってくれます。

【見てくださる方に一言】
歴史とは、「現在と過去との絶えざる対話」(E・H・カー)です。
どうぞ、2018年の今から振り返るからこその「ルールが変わる時」を味わい、歴史の遠近法を捉え直してみていただければ幸いです。
初めてご覧いただく方はもちろん、「欲望の経済史」を毎週ご覧いただいた方にも、新しい要素も入っていますし、あらためて100分で捉えることで、見える世界があると思います。
ご一緒に、知の冒険に出かけましょう。

(番組プロデューサー 丸山俊一)

番組内容

BS1スペシャル「欲望の経済史~ルールが変わる時~特別編」

世界で拡大する格差、分断。そのルール変更はいつ、どこで?利子という、時間を金と交換する神にしか許されぬ蛮行が資本主義の原点だった?時が富を生む魔術=利子。空間をめぐる攻防が生んだグローバリズムと国家の関係、重商主義。勤勉という美徳が社会を変えた、宗教改革。そして技術が人を動かした産業革命、フォーディズム。そして株式市場という場が引き起こす、繰り返すバブル。全5章で考える経済の本質、欲望のドラマ。

出演者ほか

【出演】ジョセフ・スティグリッツ,アンジェラ・オルランディ,ウルリケ・ヘルマン,トーマス・セドラチェク,マルクス・ガブリエル,ファウスト・スバッフォーニ,ルドビカ・セブレゴンディ,フランスワ・デルマンジュ,ロバート・スキデルスキー,ザンジーブ・メフタ,ロバート・ブライス,ケビン・オウローク,ルーベン・シャルケ,ジェイムス・モリソン,バリー・アイケングリーン,ダニエル・コーエン,【語り】池田伸子

チャンネル

  • 2018年4月8日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2018年4月15日(日) 午前1時10分(100分)
  • 2018年5月4日(金) 午前7時00分(110分)
  • 2018年6月6日(水) 午前9時00分(110分)
  • 2018年9月17日(月) 午後3時00分(110分)

編集部のおすすめ