もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

欲望の資本主義2018
BS1スペシャル「欲望の資本主義2018~闇の力が目覚める時~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「欲望の資本主義2018~闇の力が目覚める時~」

  • 2018年1月3日(水) 午後9時00分(110分)
  • 2018年1月9日(火) 午後7時00分(110分)
  • 2018年1月20日(土) 午後0時00分(110分)
  • 2018年1月31日(水) 午前9時00分(110分)
  • 2018年4月1日(日) 午前0時50分(99分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

創造性とはthe most newであると思う。まだ存在しないプログラムを現存へと持ち上げる。作業プログラムを持たずにスキルを持ち、結果が全て。労働者の自由競争と一人での立ち振る舞い。他者への関心・他者からの関心が大前提であるのが、資本主義平等民のようで社会主義階級民のような。闇の力が社会占拠でないように祈ります。

投稿者:ドルフィンちゃん

久々に考えさせられる番組でした。

投稿者:BOB

なぜ人はお金に執着するのか、この問いに個々人が向き合わなければ、生活や心を豊かにすることは出来ないのだろうと考えさせられました。「外側がなくなると、悪が生まれる」とは?理解は出来ていませんが、非常に興味深い説ですね。年始早々に、モヤモヤ考えたいと思います。

投稿者:RICEMAN

マルクス、ケインズそしてシュンペーターなど偉人の知恵がまさに現代的な意味と意義をさらに増しつつある時代。
そのなかで普段われわれが「資本主義」というしくみのなかで生き暮らしていることなどあまり気にしていないのが実状であろう。しかしその「資本主義」をめぐって数多くの謎と問題が依然として未解決なまま残されている。実に興味深い番組だ。

投稿者:YT

昨年と同じく、今年もヒヤッとさせられ、考えさせられる内容だった。経済学者や哲学者の方々の例がとても分かりやすく難しい内容でも理解しやすかった。これから大学に進む上でこういうことを学びたいという指針になった。これからの時代どう生きていくか少し考えてみようと思う。

投稿者:RB7

テンポよく、よく整理されていて現時点での資本主義に関する各界の考え方がよくわかり、とても面白かった。特に資本主義が共産主義を内包しているというところは、思わず頷いた。他にも膝を打つ話が多く、久しぶりに知的興奮を覚えた。ノートを取りながら見ればよかった。再々放送を希望します。

投稿者:とも

昨年定年を迎え、今フリーな時間を過ごしているが、かって現役時代の自分を考えさせられる内容だと思った。再放送を望みます。

投稿者:John君

面白かったです。

投稿者:猿子

色々な番組で歴史が語られるとき「奴隷制が廃止された」と流れることがありますが、お金を得るために働くことを強いられる今の社会は奴隷制と同じだろう?どこが廃止されたんだ?といつも疑問でした!
しかしベーシックインカムのアイデアを知って、これこそが本当の奴隷制の廃止と言えると思いました!

投稿者:アライブ

昨年5月の放送より、資本主義経済そのものをテーマにしたもので、ずっと良かった。著名な経済学者のみならず、ガブリエルやヘルマンなど哲学者やジャーナリストを登場させているのも非常に良い。

投稿者:斎藤幸平

久しぶりに面白い番組に出会えた。
安田洋祐先生の活躍を期待します。

投稿者:日新

いち専業主婦のおばちゃんなんですが、、正月からさらっと放送してましたけど、これ、やばない??
テレビのニュースで毎日経済対策景気対策どーのこーの言ってますが
うちの旦那の会社がブラックなのも死ぬほど働いてもぜんぜん給料上がらんのも、資本主義の構造的な問題であってルーチンワーカーには地獄しか待ってないというかそもそもルーチンワークが消滅するのでどーしろと。

投稿者:通りすがりのおばちゃん

2017も面白かったのですが、それをはるかに上回る面白さでした。今年の終わり方はベーシックインカムの考え方を紹介はしつつも、視聴者に考えさせるような内容で、余韻が良かったです。全世代の人がこの番組を見て考えるべき。来年はFANGのような世界を変えている企業のコメントも聞きたい!

投稿者:みか

お金は使う手段なのに目的に変えてしまい、決して満たすことが出来ない、終わりなき果てしない欲望。欲望に蝕まれ朽ちていく人間。人間が完璧でないからこそ、お金も完璧ではない。テクノロジーも同じ。完璧を目指すことが良いのか、それとも違う何かを目指す方が良いのか、考えていきたい。毎週の放送に期待している。

投稿者:岡本安弘

すごくわかりやすくておもしろかった。経済学を習っていなくてもわかった。
ナショナリズムやベーシックインカムなど。今世間で話題にされている題材にもフォーカスされてて面白かった。また観たい。

投稿者:Sanny

哲学と経済と政治と、そして資本主義を結びつけて考えることは本当に難しいが、これからの社会を考えるときに必要な知識であり、考えていかなければいけないことですね。
「資本主義に代わりがないのは自身が変わり続けるからだ」と紹介されていたシュンペーターの言葉が心に残りました。

投稿者:ドイーニ

1%の富裕層が大半の資産を握るような資本主義体制は、民主主義とは両立しないのではないか、と疑わずにいられない。

投稿者:ボンぼん

イギリスで発生した資本主義が、デジタル化やグローバル化を経て、金融資本主義というべき形態に変貌した現在を生きる人間として考えさせられました。資本主義は臨界点を迎え、新たな経済形態が発生するのでしょうか?マルクスガブリエル氏の「ショウ」という表現は印象的でした。

投稿者:石井義晴

現在の不安定な世界を鳥瞰できた。番組にでた人の著作を読みたくなった。
これからもこのような番組を期待しています。

投稿者:リバーフィッシュ

富の再配分はスムーズにされるの?
そもそも再配分されるべき富はグローバルな巨大企業がもってっとるとして国家を越えての再配分?
労働は奴隷(機械)にさせて1日4、5時間働くだけで足りない分の基本給はどっかから払われるような生活にほんとになるの?
ドラマ仕立てでもいーので、新しいシステムの愉快な生活とそこへの移行を具体的にみてみたいです。

投稿者:通りすがりのおばちゃん

資本主義がこれからどのように動くのか今までにない視点で学べる考えさせられる番組でした。一つだけお願いするならば、いわゆる国家資本主義でもある中国の位置づけをどのように見るのかを加えていただければより身近に感じられると思いました。

投稿者:ブルーベリー

やや物足りなさが残るが、むしろ「考えるヒント」としては、この寸止めでよかったのかなとも思う。この番組のスピンアウトとしてもっと掘り下げたものや、未来の仮説検証をやってみても面白い。

投稿者:ms020306

企業での労働、給与の受け取り、物品の購入といった、一見、自分たちが主人公で、自由のもとにしている生活活動は、構造の中で誰かの為にさせられている営みである。とっつきづらい経済が、実はこんなに面白かったとは。
是非、2019も放送してください。

投稿者:ユング

面白かったが、個人的には前作(欲望の資本主義2017)には及ばないと思った。
前作が「視聴者が自ら考える」事を促す内容だと感じたのに対して、本作は視聴者を番組が定めた方向に導こうとしすぎているように感じた。
トマス・セドラチェク氏の対談は、前作同様に良かった。割り込み画面が再三入るのが残念。未放送の部分と併せて「通し」で見てみたい。

投稿者:elwood

昨年も興味深く拝見させて頂きましたが、すごく面白くてめちゃめちゃ皆に話したくなる内容でした。これは総合でも再放送して欲しいなぁ。。。

投稿者:ひるで

今の世界を検証するためにシュンペーターやマルクスなどによる指摘を新しい視点から見つめ直し映像の特質を活かしたわかりやすい内容に心を動かされました。
経済は単に数字だけでなく、個々人の心の問題、哲学?としてとらえていかなければ見えないものがあること。
すべての問題に かならずしも「正解」は用意されていない?!

投稿者:Shige.

今までに関連する様々な書籍を読み、この番組に関連する映像も見て来ましたが、どうもまだ良く飲み込めない。自分たちはもうドップリ資本主義・未来の為に現在を犠牲にして不満と不安の毎日を過ごす事に慣れっこになってしまっている。薔薇色の未来を想起しなければ今を生きて行けない。オカシイと思いながらもう人生の大半を過ぎ越してしまった。

投稿者:カイアシ

昨年2017も見ました。

投稿者:青りんご

資本主義をおう歌する人がホームレスや精神疾患の人たちを資本主義に必要な犠牲と言った事や、経済移民は良かったが、政治移民は拒否する事が世界的なトレンドなのかと思うとやっぱり何か間違っていると思った。

投稿者:lp

驚きの視点だ!
まさに今、世界は動いている。

資本主義は、その矛盾ゆえに崩壊する。
今のトランプ大統領、安倍政権はその象徴なのだろう!
格差社会、不公平を人々は知り、ポプュリズムと勘違いするが実はポプュリズムではなくて、社会主義を求めていることに気がつくのだろう。
やがて、革命が起きるのかもしれない。

投稿者:レオン

内容は啓発的で深く考えさせられました。
ただ、松平さんのような、説得力のある信頼感を抱けるナレーションでないのが残念でした。

投稿者:あんぼう

この番組で話されている内容全てに、納得しました。 二時間弱、資本主義の現状について取り上げ、様々なフィールドから選ばれた人々が、現代について議論している番組は他にはないので、とても楽しく拝見させていただきました!

投稿者:えい

わかりやすかった。考えさせられた。

投稿者:とも

わかりやすく議論の下地を提示する内容であったと思う。
ただ、視聴者の立場で考えれば、ある価値観を持つ人にとっては、まさにそのとおり!と自己肯定感を喚起する内容。
何も考えていなかった人にとっては、衝撃的であったかもしれない。
批判の的となっている人にとっては、弁解の機会がないのはどうか。
個人的には、固定的視点に不満の残るコメントが散見された。

投稿者:あ

やっぱりベーシックインカムしかないと思いました。AIの台頭で人間の仕事がなくなるということですが人間はAIよりはるかに優れた仕事をしている。それは地球の水循環を担っているということ。
ー呼吸と食事と排泄ーによって。その各自に与えられた「仕事」をなんの心配もなくできているとき、各々がもつ創造性を発揮できるのではないでしょうか。

投稿者:まるむ

ずっと学んできた内容が盛り込まれた非常に興味深い力作でした。これは他の人にも見せたいのですが、家はBSは録画できないので、NHK総合でも再放送してほしいです。

投稿者:T・NAKAO

非常に良かった。

投稿者:一ノ瀬直也
  • 「格差」「分断」が深まり、「成長」なき時代… 生き延びる術は?
  • 成長の限界?資本主義の終焉? …今、資本主義に何が起きている?
  • 「欲望」をめぐる物語 「闇の力」とは、一体…?

どんな番組?

資本主義は、自壊する。
その成功ゆえに、自ら壊れる。
ヨーゼフ・A・シュンペーター

photo
photo

「テクノロジーが成長を生まない時代が
到来した。その理由は…」
経済学者 ダニエル・コーエン

photo

「成長がなければ、
資本主義を名乗る資格はない。しかし…」
経済ジャーナリスト ウルリケ・ヘルマン

photo

「資本主義の本質は、ある意味、
ショウ=見世物なのです。だから…」
哲学者 マルクス・ガブリエル

photo

「いよいよ闇の力が目覚めたようだ。今こそ…」
チェコ総合銀行 アナリスト トーマス・セドラチェク

photo

やめられない、止まらない。
資本主義はどこへ行く?

photo

めくるめく資本主義をめぐる対話

BS1スペシャル
「欲望の資本主義2018~闇の力が目覚める時~」
1月3日(水)午後9時00分放送
BS1

番組スタッフから

【番組を企画したきっかけは?】
「私たちは、いつからこんな世界を生きているのだろう?」この問いがすべての始まりです。やめられない、止まらない、欲望が欲望を呼ぶ資本主義。分断が深まる時代に、世界経済の第一線を走る人々に問いを投げかけ構成したインタビュー・ドキュメント。2017年新春の放送で大きな反響をいただき、今回は新たな、2018年版をお送りします。
この30年、時代は大きく変わりました。バブル崩壊、冷戦構造の解体、加速化する情報化、グローバルスタンダードの嵐…。さらに、グローバリズム一辺倒となった流れが、今また自国ファーストの時代へ。こうした時代の変動期だからこそ、立ち止まって、自分たちが生きる社会のあり方を考えるきっかけとなればと思ったのです。

【番組の見どころは?】
「テクノロジーが成長を生まない時代が到来した」「資本主義の本質はある意味見世物なのだ」など、知性たちの口から次々に、刺激的な言葉が漏れます。その真意は…?どうぞ、番組をご覧ください。
大きな潮流の変化を予想させる時代に、私たちは、どう考えるべきか?
今回は「闇の力」が目覚める時との副題にありますように、さらに資本主義の深部に迫っていきます。「資本主義」はひとつではない。あらためて発見します。「資本主義」…。皆同じつもりで使っているこの言葉が、いかに様々な異なる定義、ニュアンスを、国より、人により、時代により変遷し、今どうなっているのか?
あらためて考えさせられることになると思います。

【見てくださる方に一言】
2018年新春。新たな年の始まりに、私たちはどこから来て、どこに居て、どこへ向かおうとしているのか?ぜひ一緒に考えましょう。

(番組プロデューサー 丸山俊一)

番組内容

BS1スペシャル「欲望の資本主義2018~闇の力が目覚める時~」

異色ドキュメント2018年新春版。安田洋祐准教授はパリへと飛びフランスの知性ダニエル・コーエンから資本主義の未来像を引き出し、チェコの異端の奇才トーマス・セドラチェクと気鋭の哲学者マルクス・ガブリエルはボンで激論。経済学の巨人、ケインズ、マルクス、シュンペーターらが残したビジョンは、今どこまで有効か?「闇の力」が目覚め始め「分断の時代」を生き延びる術を世界の知性たちと共に考え、経済の最前線に迫る。

出演者ほか

【出演】安田洋祐,ダニエル・コーエン,トマス・セドラチェク,マルクス・ガブリエル,ウルリケ・ヘルマン,ジョセフ・スティグリッツ,ロバート・スキデルスキー,ルトガー・ブレグマン,カビール・セガール,ジョナサン・ストラル,【語り】やくしまるえつこ

チャンネル

  • 2018年1月3日(水) 午後9時00分(110分)
  • 2018年1月9日(火) 午後7時00分(110分)
  • 2018年1月20日(土) 午後0時00分(110分)
  • 2018年1月31日(水) 午前9時00分(110分)
  • 2018年4月1日(日) 午前0時50分(99分)

編集部のおすすめ