もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

父を捜して~日系オランダ人 終わらない戦争~
BS1スペシャル「父を捜して~日系オランダ人 終わらない戦争~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「父を捜して~日系オランダ人 終わらない戦争~」

  • 2017年10月8日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2017年10月19日(木) 午後8時00分(110分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

戦争によって生み出される数々の不幸(困難)な人生があることを改めて考えさせられた 忘れることはできないが乗り越えることはできると語った女性の姿が深く印象に残った

投稿者:因島の壮年

戦後70年も経過しているのに、未だ戦争で受けた心の傷の影響が世代がかわっても別の形で継続され、その人それぞれに苦しみを持って生きて来なければいけなかった人生に悲しさと、戦争は誰にとっても不幸を招く愚かなことだとつくづく思わされた。

投稿者:Ma

過酷な境遇から目をそらさず、過去に真剣に向き合う登場人物の方たちの生き方に感動した。

投稿者:kame

戦争というものがいかに一人一人の人間の尊厳を奪っていくのか、そして世代を越えて、その傷がさまざまな形で受け継がれてしまうのか。生き延びるために犠牲にすること。その時の情勢によって、民族的背景によって、立場が変わり、受ける傷が違うこと。それはまた、男性と女性で違うこと。その後の家族のあり方も左右すること。とてもとても考えるし、今の私たちとは決して無縁な話ではない。

投稿者:あさひ

私の父も戦死し、母が再婚。私もつらい体験を致しました。
敵の子として過酷な人生を送られた皆様に心がつぶれる思いです。これからの人生がお幸せでありますように。

投稿者:ペチちゃん

父親を探し、人の罪を憎みながらも人は生まれながらに悪人ではないと信じている母娘。起こってしまった過去にただ誠実に向き合っている姿は勇敢で優しい。ナニーの息子がそれでも絶対に継父を許さない、という高潔な倫理観はすべての救いだと思った。ナニーのご主人や第三世代の男性が皆優しく温かい表情で胸を打つ。

投稿者:みふりん

放送時間を忘れていて、途中からでしたが終わりまで見いってしまいました。初めからゆっくりともう一度見たいので、是非再放送お願いいたします。戦争中のまだまだ知らない現実、これからも放送して頂きたい。

投稿者:piroko

日本の占領下のインドネシアで日本人の父親とオランダ人の母親から生まれた日系オランダ人。戦後その血筋ゆえに蔑まれ、虐待され、どれだけ苦労をしたかしれないのに、それでも父親を探さずにいられない彼らの気持ちが切ない。
そして、日本がしたことの責任の重さを思わずにいられない。それを思うと、戦争責任について謝る、謝らないといった政治家の議論があまりにも薄っぺらい。

投稿者:はなどり

途中からみたのでぜひ再放送リクエストします。
今村均中将が実施した。旧宗主国を掃討したあとの日本軍の南方の人々への指導方針、働きなさい、学びなさい、自らの力で独立を。という天皇が示した要綱はどのくらい実施されたのだろうか。
日本の侵略戦争如何の前に、ポルトガル、オランダ、英米、仏、白人国家が支配してきたその搾取と愚民政策についての真実を皆が知るべきだろう。

投稿者:Hiroko Inuyamada

日本人の父親を持つが故に家族から虐待を受けていた方の、ご自分の壮絶な人生を投げ出さず、逃げ出さず耐えてきた姿が印象的だった。きっとそうできなかった方も少なからずおられるのだろう。本番組の主旨は戦争の悲惨さなのだろうが、私は現在家族や環境に恵まれず、苦しんでいる方にも見ていただきたいと思った。この番組は説教するのではなく、教訓を与えるのでもなく、寄り添う番組だった。

投稿者:maki

戦争が個人の歴史にどのように影響するのか、そのことを具体的に明らかにしたドキュメンタリー。戦争によるPTSDは、日本の沖縄戦に関して現在も進行中の問題であることを知っていても、オランダでも起きていたことを知らなかった。戦争による被害を想像することの重要性を喚起してくれる番組でした。

投稿者:希望の自由

番組スタッフから

「父を捜す」・・・それは自分と向き合うこと、人と繋がること。過酷な運命を乗り越えようとする人々の強さを感じてほしい。~by金本

「日系オランダ人」。その言葉さえご存じでない方も少なくないのではないでしょうか?
インドネシアはかつて300年以上、オランダの植民地でした。太平洋戦争中、日本はオランダを破りインドネシアを軍政下に置きます。日本軍兵士や軍属と蘭印系(オランダ系インドネシア)の女性との間に子どもたちが生まれました。その数、5千~2万人といわれています。終戦後、インドネシアでは再び独立戦争が勃発し、母子はオランダへ渡ります。こうした人々が「日系オランダ人」です。

オランダへ渡った日系人たちは「敵の子」とされ苦難の戦後を生きることになります。彼らが心の支えにしているのが日系人会です。定期的に開催されるインドネシア風バーベキュー大会。皆さん楽しみにしています。日本人の父親が見つかっても…続きは「父を捜す」・・・それは自分と向き合うこと、人と繋がること。過酷な運命を乗り越えようとする人々の強さを感じてほしい。~by金本

番組内容

BS1スペシャル「父を捜して~日系オランダ人 終わらない戦争~」

「日系オランダ人」たちの日本人の父親探しが、戦後72年の今も続いている。太平洋戦争中、日本軍政下のインドネシアで日本軍兵士・軍属と現地の蘭印系女性との間に多くの子どもが生まれた。しかし、終戦後、父は日本に送還され、母子はオランダへ移住した。多くは「日本人の子」であることを長く知らされずにきた。真実を告げられ、父親探しを始めた人々。自らの人生の意味を問う「戦争の落とし子」たちの姿を見つめていく。

出演者ほか

【語り】大竹しのぶ

チャンネル

  • 2017年10月8日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2017年10月19日(木) 午後8時00分(110分)

編集部のおすすめ