もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

幻の巨大空母“信濃”~乗組員が語る 大和型“不沈艦”の悲劇~
BS1スペシャル▽幻の巨大空母“信濃”~乗組員が語る 大和型“不沈艦”の悲劇
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル▽幻の巨大空母“信濃”~乗組員が語る 大和型“不沈艦”の悲劇

  • 2019年8月11日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2019年8月18日(日) 午後1時00分(110分)
  • 2019年9月9日(月) 午前0時50分(100分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

私の父の兄は重巡洋艦鈴谷の高射砲手でした。沈没時に逃げることができたのに逃げなかったと戦友が報せてくれたそうです。婚約者だった女性は、弟の父と結婚しました。母は不遇な人生で、船を捨てて帰って欲しかったでしょう。

投稿者:川合治義/60代/男性

息子と一緒に見ました。
息子はよく信濃を知っていました。
悲しくてたまりませんでした。
元乗り組員の方達のお気持ちもわかるような気もしますがやっぱりたくさんの人に知ってもらうべきだと思いました。

投稿者:ゆみこ1202/60代/女性

空母信濃については何十年も前にタミヤの模型で初めて存在を知りました。ミッドウエー海戦の敗北後は何をやってもうまくいかない日本軍の象徴の様な存在に思えます。この信濃をこれほど深く掘り下げた番組はなく、NHKの取材力に敬服致します。信濃の沈没に限らず、都合の悪い事は無かった事にして隠す日本社会の悪癖は今も余り変っていない様に感じます。

投稿者:ガモピー/60代/男性

16、17歳で乗組員として招集され乗務していた方の話に聞き入りました。貴重かつ重くのしかかるような話。よくお話ししてくださったと思います。お汁粉の話。「美味しかった」というのに何故か切なくて。「信濃」の事はあまり広めたくない理由を聞くと、やはり戦争というものは終わらない、個人のなかでは終わっていないと思いました。

投稿者:ぷかり/50代/女性

祖父が信濃の関係者で手記を遺しておりました。史実に基づき、空母化されて沈むまでの流れをしっかりと追い、あまり知られていない信濃の存在、そして生還された方々のお話などを多くの方々に知っていただく機会を作ってくださり感謝です。ありがとうございました。

投稿者:まる/50代/女性

亡くなられた乗員の方々の責任感の強さに敬意を表したい。

投稿者:きんにくまん/40代/男性

父が1080人の生き残りの一人で、轟沈の際の話を聴いておりました。司令塔下の機関砲座に居たようです。浜風に助けられ、三子島から長崎、終戦は鳥羽の駆潜艇の上だったそうです。

投稿者:Robin/70歳以上/男性

大変貴重な報道を有難うございました。普通であればあの戦況でこれだけの被害を受けたのであれば敗戦は明らかで、速やかに戦争終結に向けて進むべきでした。
逆に本土決戦に向かったのは、軍人だけでなく一般国民の命も犠牲にして当然との考えがあったからでしょう。太平洋戦争の一つ一つ局面で”退進”せざるを得なかった時、負けた戦闘の指令を下した人達は処刑されたのでしょうか?

投稿者:おたふく/60代/男性

回航中にも工事をしていたとは。
未完のまま回航したのは知っていましたが、大和や武蔵と比べても短い試験しかやっていない。
切羽つまっていた状況がよく分かりました。

投稿者:曽根正之/50代/男性

過去の上に現代があるのですね。

投稿者:桂/50代/男性

幻の空母 信濃 番組制作大変お疲れ様でした。
信濃に乗り込まれて命を繋ぐ事が出来ましたご生存の方々が大変なご経験にも関わらず大変生き生きとお元気にお話を語って下さり、後世に残す映像として素晴らしい番組を有難うございました。戦争で命を落とされた方々のご冥福はご生存された方々からのお話で浮かび上がる事だと思っております。生のお話こそが史実となる事と思います。

投稿者:本多修子/50代/女性

日本海軍の泥沼
兵隊さんは偉かった!
英霊に鎮魂、感謝!

投稿者:髙橋保則/60代/男性

地上デジタル放送してください!お願いいたしますm(__)m
【信濃】は当初、大和型戦艦の三番艦として建造されたのだがミッドウェー海戦の大敗で主力空母が撃沈され空母不足を補うため空母に改造されたのだが、急場凌ぎで防御力がおざなりになったのではないかと思われます。

投稿者:知立グランパス/50代/男性

信濃艦長がなぜああ判断したのかの掘り下げが浅くモヤモヤが残った。注排水システム指揮所の最期が美談的ハイライトになっていたのは安易では。いずれにしても戦況が不利になってからのことで、貧すれば鈍すを地で行く感じが詳細にわかり、現在と地続きだと感じられる内容だった。

投稿者:村松太郎

家が貧しかった父は、勉強を教えてもらえるからと、海軍に志願し、やがて信濃に乗り込むことになりました。沈没後、少年兵の父が救出されるのは最後の方だったそうで、生還してくれたからこそ、今の自分があるのだと思うと、それだけで感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿者:小林潤一/40代/男性

番組内容

BS1スペシャル▽幻の巨大空母“信濃”~乗組員が語る 大和型“不沈艦”の悲劇

太平洋戦争末期に登場し、明瞭な写真は1枚のみ、という幻の空母『信濃』。もともと、大和・武蔵に次ぐ3番目の巨大戦艦として建造途中、急きょ、航空母艦に改造された艦だ。大和ゆずりの強固な防御力で、『不沈空母』として期待された信濃。しかし最初の航海の途中、わずか4発の魚雷攻撃で沈没。いったいなぜ? 生存者へのインタビュー、新発見の貴重な写真、信濃の4K高精細CG等から、幻の空母の悲劇の最期とその謎に迫る。

出演者ほか

【語り】増谷康紀,佐藤利奈

チャンネル

  • 2019年8月11日(日) 午後10時00分(110分)
  • 2019年8月18日(日) 午後1時00分(110分)
  • 2019年9月9日(月) 午前0時50分(100分)

編集部のおすすめ