もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

冬の東京 たい焼きエレジー
ドキュメント72時間「冬の東京 たい焼きエレジー」
みんなの
レビューは
こちら

ドキュメント72時間「冬の東京 たい焼きエレジー」

  • 2019年2月15日(金) 午後10時45分(25分)
  • 2019年2月23日(土) 午前11時25分(25分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

いつもこの番組を楽しみにしています。今回のたい焼き屋さん、所謂「天然」物。訪れる方々が、たい焼きでほっこりされている姿に癒やされました。

投稿者:ソトンかーちゃん/40代/女性

小学3年生と自営業のお母さんの週一回のたい焼きを一緒に食べる温かい時間に癒やされました。1年生の時からずっと一緒と言う所にも親子の絆を強く感じました。
その後の逆上がりの練習の話にも、幸せな時間を感じました。とても良い場面でした。

投稿者:おけい/60代/女性

このような鯛焼き屋さんが近くにあったら素敵ですね。先日伺ったら長蛇の列で諦めたので、空いていて店内で食べられるのは羨ましいです。。

投稿者:リトルベア/40代/女性

面白かった。たい焼きはスーパーで安価で買えるのに、繁盛している。一度行ってみたい。
4、5才くらいに兄弟が来店して、カメラマンを見つけて「あー、変な人いるー!」が微笑ましく、番組のスパイスになっていた。

投稿者:千葉のオッさん/70代/男性

娘を亡くしたお母さんが決して忘れることはできず死生学を学んでいた。それでも取材に対して明るく接している様子をみてで一言では表現できないこの方の強さを感じました。

投稿者:たも/30代/女性

番組内容

ドキュメント72時間「冬の東京 たい焼きエレジー」

駅前の再開発が進む東京・四谷。通りを入った路地に、創業60年の小さな「たい焼き屋」がある。連日数十人が列を作り、寒くなればなるほどその列は長くなるという。味は「粒あん」のみ。創業以来使い続けている鋳型で焼くたい焼きは、1個150円、1日2500個を売り上げる。平成の終わり、日々変貌する東京の片隅で、スタイルを変えず営業を続ける老舗たい焼き屋。どんな人たちが、どんな思いで、ほお張るのか。

出演者ほか

【語り】市川実日子

チャンネル

  • 2019年2月15日(金) 午後10時45分(25分)
  • 2019年2月23日(土) 午前11時25分(25分)

編集部のおすすめ