もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

日々、われらの日々~鉛筆画家 木下晋 妻を描く~
ETV特集「日々、われらの日々~鉛筆画家 木下晋 妻を描く~」
みんなの
レビューは
こちら

ETV特集「日々、われらの日々~鉛筆画家 木下晋 妻を描く~」

  • 2019年12月21日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2019年12月26日(木) 午前0時00分(60分)
  • 2020年3月14日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2020年3月19日(木) 午前0時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

木下先生のアトリエにある小さくなったえんぴつに、心が震えました。

投稿者:りかぷりお/女性/50代

先日パーキンソン病の祖母を亡くしたばかりで、いまこの番組が放送され、見ることで心がとても揺さぶられました。

投稿者:とりや/女性/20代

難病に冒された最愛の妻がやがて死んだとき、画家は画家でいられるのだろうか。死に向かいながらともに生をむさぼり、見つめ、描く。仏壇を運んでくる車内での笑顔と、月に一度の通院時にきつく繋いだ手が印象的だった。鉛筆を握るのと同じように、ずっと強く手を繋いでいてほしいと願ってしまった。機会があったら木下さんの絵を見てみたい。

投稿者:みわっち/男性/40代

絵からリアルに人の「生」が伝わってくる。
感動をもらいました。
嘘偽りのなく生きる事に必死に向き合い戦っている家族が素晴らしく美しい。

投稿者:オリーブ/女性/40代

勇気をもらった。今、小さなことに悩んで生きることに絶望しかけている自分が馬鹿馬鹿しくなった。俺も頑張ろう!そう思った。

投稿者:BALLY/男性/50代

長年連れ添った妻の現在ありの儘その全てを余す処無く描くのは妻の足跡を遺す為の最後の仕事
ライフワークになるのだろうか!

投稿者:のんべえのん/男性/60代

木下氏の壮絶な人生をもっと知りたいと思いました。
彼と母親との確執。
驚いたことに、母親に対する見方が変わったのはなんとあの大芸術家「荒川修作」の一言だったとは!
この事実に震えた。
NHK様、再々放送をお願いします。

投稿者:ボノボ/男性/40代

母が、進行性核状性麻痺で、パーキンソン症候群の病ですが奥様の目付や表情や姿勢が母と同じで他の人の状態や生活を見れてとてもタメになりました。背骨や、お尻の筋肉のたるみ具合も、同じで鉛筆で良く描かれてます。

投稿者:ポンちゃん/女性/60代

番組内容

ETV特集「日々、われらの日々~鉛筆画家 木下晋 妻を描く~」

鉛筆画家木下晋(72)「最後の瞽女(ごぜ)」と呼ばれた小林ハルさんやハンセン病患者で詩人の桜井哲夫さんなど、障害や病を抱えながらも懸命に生きる人々を鉛筆で描いてきた。そして今取り組んでいるのがパーキンソン病に苦しむ妻君子(70)の姿だ。木下は、痛みと闘う妻を見つめながら、そこに「生命の輝き」を見出す。一方で自分の奥底に抱えてきた「心の闇」に突き当たる。創作と介護の中で葛藤する老夫婦の日々を描く。

出演者ほか

【出演】木下晋,木下君子

チャンネル

  • 2019年12月21日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2019年12月26日(木) 午前0時00分(60分)
  • 2020年3月14日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2020年3月19日(木) 午前0時00分(60分)

編集部のおすすめ