もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

少女たちがみつめた長崎
ETV特集「少女たちがみつめた長崎」
みんなの
レビューは
こちら

ETV特集「少女たちがみつめた長崎」

  • 2019年8月17日(土) 午後11時15分(60分)
  • 2019年8月22日(木) 午前0時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

素晴らしい番組をありがとうございました。実際の被爆者がいなくなってしまったとき、原爆の被害・悲しみが忘れ去られてしまうのではないか?その時どうすべきかという大切な問題にスポットを当ててくれた。そしてその問題を真剣に考える構成であり素晴らしかった。話し合う、忘れないことが大切だなと思いました。

投稿者:近藤よしゆき/30代/男性

被爆した方が小説を発表するまでに30年かかった、ご自分の日記を段ボール箱に封印してきた歳月、重く受け止めました。高校生が真摯に取材し、同世代に発信していることにも胸が熱くなりました。良い番組をありがとうございます。

投稿者:たか/女性

以前の広島の原爆体験者からの思いを絵にする学生さん達と同様に、考える、思いを若い人たちなりに共有する、思いを言葉にして語る。 この子たちがこれからの表現者語り部になっていってほしい、そうすればたとえ無関心な人達にもいくらか伝わる、長崎の8月9日から引きずる思いはこれからも続く、これら若い人たちが被爆された方々の未来の希望であると思う。

投稿者:辻本/50代/男性

語り継ぐ前に語り合う事が必要
最後の被爆者が亡くなっても
引き続き永遠に忘れぬ事です。

投稿者:のんべえのん/60代/男性

番組の冒頭で映った慰霊碑の中に、叔父の名前を発見。存命の兄弟に知らせたく、再放送を強く希望します。

投稿者:マーケ/40代/男性

原爆投下の時は怖かったね

投稿者:藤永清華キヨピー/40代/女性

番組内容

ETV特集「少女たちがみつめた長崎」

74年前、勤労動員中に被爆した長崎高等女学校の生徒の日記が次々と見つかっている。その体験を受け継ごうと、後輩にあたる長崎西高校の生徒たちが生存者への聞き取りを始めた。長崎在住の芥川賞作家・青来有一さんも女学生たちの被爆体験に関心を持つ一人。女学生の生き残りで原爆を多くの作品に書いた芥川賞作家・林京子の遺志を継いでいきたいと考えているのだ。被爆体験の継承をめぐる高校生と青来さんのひと夏の試みを追う。

出演者ほか

【出演】芥川賞作家…青来有一,芥川賞作家…平野啓一郎,【語り】鹿島綾乃

チャンネル

  • 2019年8月17日(土) 午後11時15分(60分)
  • 2019年8月22日(木) 午前0時00分(60分)

編集部のおすすめ