もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

宮沢賢治 慟哭の愛と祈り
ETV特集 アンコール「宮沢賢治 銀河への旅~慟哭(どうこく)の愛と祈り~」
みんなの
レビューは
こちら

ETV特集 アンコール「宮沢賢治 銀河への旅~慟哭(どうこく)の愛と祈り~」

  • 2019年2月9日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2019年2月14日(木) 午前0時00分(60分)
  • 2019年5月4日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2019年5月9日(木) 午前0時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

途中からしか見れなかったけど、宮沢賢治の心の中を紐解いていく感じがとても良くて感動しました。
景色も、宮沢賢治はこの景色を見てこの文章と繋がるんだって考えたら、景色もすごくきれいで文章もきれいでマッチして感動して涙が出ました。
とってもすてきでした!
再放送見ます!

投稿者:まめ/20代/女性

すばらしい番組でした。
見ていて胸が苦しくなりました。
もう一度賢治の作品を読み返そうと思います。

投稿者:鮭/20代/女性

後半しか見られず 再放送を。

投稿者:すし太郎/50代/男性

「銀河鉄道の夜」で、カムパネルラがなぜ、サザンクロスの先まで行ったのか、疑問に思っていました。長年の謎が解け、かつ賢治の苦しみの根元がわかり、感動しています。

投稿者:bakechan/50代/女性

宮沢賢治の交遊についてはさまざまな記録や記事が書かれていますが、ひとりの人とのポイントに絞り込んだ今回の番組は興味深く拝見いたしました。
影絵、緑の山地での舞踏ロケなど、賢治の世界を語る表現が好ましかったです。見逃して悔しがっている若き友人たちに再放送をプッシュしておきました。わたくしももう一度じっくり見直します。

投稿者:ちえ/50代/女性

いやいや、何とも内容の濃い発見だらけのバンクでした!宮沢賢治、読み直してみたくなりました。賢治の苦しい恋心が美しい世界観の根底にあったとは驚きです。取材、企画に拍手!

投稿者:なむめこ/50代/女性

『春と修羅』に感じていた違和感が、霧が晴れるようにぬぐい去られました。この番組はすごい。一級の謎解きを見たように感動しました。

投稿者:しなののかみ/40代/女性

宮沢賢治の作品を児童小説と捉えてましたが、子供の頃から感覚的にも何か暗い冷たいものが横たわっていると感じており、そこには農村の貧しさや世間の変化の速度についていけない不器用さが根底にあるのと思ってました。彼の想いや苦悩は彼と嘉内だけのものであって、死後に丸裸にされるのは、いくら有名作家であっても酷です。安らかに眠らせてあげたいです。

投稿者:Y/40代/男性

衝撃でした。

投稿者:マルチェ/50代/男性

保阪嘉内の存在や書簡の事は知っていたが、それらを宮沢賢治の作品と照らし合わせ考えた事が無かったのでとても勉強になった。番組全体の断定口調がやや気になったが、一つの物語作品として美しく説得力のある映像になっていたと思う。

投稿者:もりた/20代/女性

ああやっぱりね。あの繊細な感性 美しい言葉 選びその逆の残酷さ岩手の厳しい自然と共にはぐくまれたもの。心の葛藤はいかばかりか。真実の姿をメデイアが知らせられるのもこの時代まですすんできたからだ。画像の美しさ語りの硬さで本当の賢治の葛藤をかいま見た気がした。

投稿者:カエルまま/60代/女性

宮沢賢治、銀河鉄道の夜ということで見ました。
大変興味深い内容、美しい映像
朗読等大変面白かったです。そして舞の場面すばらしいです!
良い番組ありがとうございます!

投稿者:aki/女性

賢治は敬愛する文学者の一人なので大変興味深く拝見しました。ラストの雨ニモマケズの朗読には感動し、やはり詩には力があると改めて感じました。様々な作品のモチーフに友人の影響があったことは勉強になりました。スタッフの方々、よく調べ考察されていたと感心しましたが、友情であったかもしれない賢治の感情を今風に恋愛に置き換えて考えるのはいかがかと。

投稿者:ミーさん/40代/女性

驚いたが納得できた。学校の先生やテレビの特集で賢治の作品や人物像を勉強してきたが、どれも曖昧で不思議で実態がつかめないものだった。作品を生み出そうとした賢治の思考とは?賢治の目指した世界とは?このドキュメンタリーはそうした問いかけに見事に答えた。貧しい人のために働いた偉大な人物。そんなの見せかけの賢治よりずっとリアルで等身大の賢治がわかった。

投稿者:パジャマトムソン/20代/女性

なんとなく見始めた番組だったが、書簡や物語の下書きや断章などを丁寧にあたり、時系列も整理されてとてもわかりやすい内容だった。文章や行動から宮沢賢治の心情を想像させ、寄り添い、見ていて驚きとともにとても切なくなった。音楽と賢治が訪れた土地の美しい情景で、銀河鉄道の夜という物語がさらに深みを増して迫ってきた。

投稿者:かわい/30代/女性

宮沢賢治の作品は好きなのですが、理解が難しいと感じていました。
この番組を見て、すべての謎が解けたようでした!

投稿者:さぁや/30代/女性

今月亡くなった伯父が宮沢賢治の研究をしていて、そんなきっかけから観たが、現在のジェンダー論につながる流れになり、大変興味深く、そして銀河鉄道の夜が一気に身近に感じられた時間だった。
いつもながらETV特集は、秀作が多い。

投稿者:パールちゃん/50代/女性

切ない。ただただ切ない。愛、というものを改めて考えさせられる。この深い愛を、人間としてのこの自然の深い愛を、理解し受け入れられる社会でありたい。のに、糞みたいな国会議員がいたりする現代日本を、改めて考えてしまった。

投稿者:ちよちよみん/40代/女性

崇高な聖人的なイメージを教わってきた宮沢賢治ですが、一人の生身の人間が残した魂の鮮烈な叫びだったか、とこれまで理解できなかったところが納得でき、初めて身近に感じました。すばらしい番組でした。

投稿者:よしだ/40代/女性

崇高で純朴な賢治像を覆す、痛ましいまでにひたむきで燃えるような恋。
この番組で、ほんとうの賢治を見つけてもらえて、賢治はよろこんでいるのではないでしょうか。
詩的な映像や音楽も美しく、胸に迫りました。
俳優さんたちもマッチしていてすてきでした。

投稿者:かこ/30代/女性

資料の質、二人の再現青春ドラマの詩情も自然や郷土芸能と賢治の精神的つながりの表現も強い説得性を持って迫ってきます。
春と修羅の朗読と共に外山高原で舞われる剣舞での心情描写に圧倒されました。少年の理想の変容と変わらぬ友愛のせめぎ合い何と狂おしいものでしょうか、、

投稿者:あなご/50代/男性

宮沢賢治の作品を見る角度として、大胆な視点の提示だと思いました。

投稿者:ラッポン/50代/男性

銀河鉄道の発想の仮説で、よく妹のトシさんがあげられていたけど、私はどうしてもしっくりこなかった。今回の、親友の存在と作品への影響と言う切り口は、今までのモヤモヤがスッキリした仮説でした。賢治先生尊い。

投稿者:アオ/40代/女性

何故、宮沢賢治の文学や生き方にこれほど惹かれるのか、これを見て謎が解けました。
彼が湧き上がる想いの中で感じた幸福、葛藤、絶望、、そういうものから彼の文学は生まれたのだと。
『銀河鉄道の夜』が、より切なく心に響いてきます。
強く再放送希望。

投稿者:Tera/女性

宮沢賢治が生涯独身だった理由とか、『風の又三郎』とか『銀河鉄道の夜』の創作のヒントが後輩だった保阪嘉内との交流にあったという衝撃の事実。ETV特集の仕事がいつもすばらしい。ほんとうに凄(すご)すぎた。宮沢賢治のイノセントがどこから生まれているのかは、僕にとって長い間の謎だったんだけど、この番組ですべて疑問は氷解した。

投稿者:角野信彦/40代/男性

2/9の放送をたまたま見かけた。
途中からだったので2/14の再放送を心待ちにしている。
高校生の頃に行った岩手にあるミュージアムを思い出した。
あのころはなんだか複雑に渦巻く気持ちを感じて恐ろしかったけれど、この放送を観て改めて宮沢賢治の生涯について考えさせられるきっかけになった。

投稿者:ぬ/20代/女性

宮沢賢治は昔からなんとなく好きな作家でしたが、番組を見て新しい視点、生き方を渇望し、恋にもがき苦しむ姿を知り、こころ震えました。グッと身近に感じ、改めて読み直したいと思っています。ていねいな取材、番組作り、他の作品も見たい!と思いました。

投稿者:生田美奈子/40代/女性

今さらこんな番組を作るとは、センスを疑う。この話はかなり以前から取り上げられたことで、センセーショナルな内容の本も出ている。宮沢文学を愛する者なら、呆れかえるような内容だ。心底、落胆した。

投稿者:チェリー/60代/男性

見て良かった。そして、とにかく見てほしい番組です。感動しました。うまく説明出来ないのでほんとにほんとに多くの人に見てもらいたい!
再々放送希望です!

投稿者:ヨーコ/40代/女性

二人で松明を握り息を吹きかける描写にドキリとしながら見ていました。
こんなすばらしい発見があったのですね。感動しました。剣鬼踊りが美しかったです。

投稿者:とめとめ/30代/女性

非常に良かったです。
友が天国と指し示した野原に共に降り立つことはできなかった賢治の、それでもずっと一緒に進みたかった賢治の、友と約束したようにありたかった賢治の思い、どんなにか辛かったろう、どんなにか恋しかったろうと思うと涙が出ました。
苦手としてきた宮沢賢治作品ですが、いまもう一度手に取りたい、そう思わせる番組でした。再放送を希望します。

投稿者:甲斐/30代/女性

就寝前に再放送を偶然見ました。
あれ、この流れはと思い見続けるとまさかの展開に目を離せませんでした。丁寧な取材とナレーション、賢治の愛した岩手の風景が美しく、臨場感迫る映像にひたすら感動しました。最後の朗読で、泣きました。

投稿者:弘樹/20代/男性

彼の作品の背景にこんな意外な物語があったとは知りませんでした。ジョバンニとカンパネルラがあの丘で再会し、また同じ道を歩みはじめていることを願わずにはいられません。
なお、本番組は特選見放題パックに追加してもらえないでしょうか?宜しくお願いします。

投稿者:龍太/50代/男性

松明の火を共に吹いたあの瞬間にずっと心をとらわれ、自らを邪道と表現し、それを作品にすることで己の中で噛み砕こうとしていたのかも知れないと感じました。賢治にとって詩作は金を稼ぐ手段ではなく、繊細で優しい心の中からあふれ出した絵画なのだと思います。とてもすばらしい番組でした。

投稿者:nu/20代/女性

宮沢賢治の作品のぼんやりとした輪郭が、霧が晴れたように顕になり、まさに賢治の慟哭の愛が胸に突き刺さりました。深い哀しみの中にも、嘉内の死にゆく枕元に賢治の手紙があったことに救われた思いです。すばらしい番組を制作していただきありがとうございます。見応えがありました。

投稿者:レオ/50代/女性

番組内容

ETV特集 アンコール「宮沢賢治 銀河への旅~慟哭(どうこく)の愛と祈り~」

宮沢賢治には、生涯をかけて愛した同い年の男性がいた。「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」などの代表作誕生の背景に、一人の男性との深い交流が明らかになる。残された賢治の手紙、ノート、資料などを改めて読み解くと、新たな賢治像が、驚きとともに浮き彫りになってくる。岩手の四季折々の景色や、ドラマを織り交ぜながら、賢治の心の風景にも迫る。賢治の作品を、これまでと違った視点で読みたくなること間違いない。

出演者ほか

【出演】中川光男,鹿野宗健,岩崎鬼剣舞保存会,【朗読】松下由樹,【語り】斉藤茂一

チャンネル

  • 2019年2月9日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2019年2月14日(木) 午前0時00分(60分)
  • 2019年5月4日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2019年5月9日(木) 午前0時00分(60分)

編集部のおすすめ