もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

みんなの
レビューは
こちら

ETV特集「わたしは誰 我是誰~中国残留邦人3世の問いかけ~」

  • 2018年9月22日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2018年9月27日(木) 午前0時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

自分も3世ですが20年前に放送して欲しかった。
見たことで「私は誰なのか」という問題が終わってなかった事に気付かされてしまった。
それでも生きていくしかない。
テレビに出た彼らは恵まれていると思う。

投稿者:ちくわぶ/30代/女性

ともすれば見過ごされがちな中国帰国3世の若者たちの声をしっかりと受け止めていきたい、そのように思いました。大事な番組を制作してくださってありがとうございました。教員なので授業でも取り上げていくつもりです。

投稿者:伊藤るり/50代/女性

私は残留孤児ではないですが、周囲に受け入れられ難い、てんかんを持病として持っています。普通に生きたい。隠して生きてきた等、共感した部分も多く、これからの人生においての勇気をもらいました。有難う御座いました。人はさまざまな個性を持っていることを寛容且つ尊重してくれる日本人が増えてほしいと願っています。

投稿者:てんかん娘/40代/女性

パーパマーマの孫が、もう大人! かつて、NHK総合テレビドラマ「大地の子」を見て、辛い辛い人種?民族?差別、疎外感に、泣いて泣いてした。その日本人中国残留孤児の孫たちが、今、苦しみを自力で越えんと、立派に戦っている。高齢化人口減少する日本。大和民族が絶滅する前に、大陸との懸け橋となって、活躍されますように、祈るばかりだ。

投稿者:こうりゃんかって/50代/男性

私は帰化した中国人の2世ですが、子供の頃普通になりたいと思ったことや居場所が欲しかったところ、日本人or中国人か強制2択のところなど共感できることばかりでした。
大人になって自分って感情が乏しいなとか他人に対してうまく笑顔を作れないことが気になって自分で調べたところ、過去と向き合うことが解決法だと行きつきました。
山崎さん達を見て考えさせられます。

投稿者:てるおおお/30代/男性

わたしも残留孤児三世です。
曾祖父母は満州開拓団。
祖母が残留孤児で、こどもの頃あまりルーツの事は考えたことがなこった。
27才の時に少しづつ探して、今年探し当ててお墓を見つける事ができました。

投稿者:柳瀬 竜也 (元 丁 闖)/30代/男性

職場で、仕事の関係上、中国残留邦人の方と接する機会があるにもかかわらず、実態が見えなくて、知らなくて、分からなくて、遠い世界の人々のように感じていましたが、番組を見て、泣いてしまいました。
素晴らしい番組だと感心しました。

投稿者:ポメ/40代/女性

番組内容

40年前、日中平和友好条約の締結を機に本格化した中国残留邦人の肉親探し。しかし、帰国後、彼らは日本社会での言葉の壁や差別に苦しんできた。中国残留邦人の3世の多くは、そんな家族の姿を隠して暮らしてきた。だがいま自らのルーツを確かめようと1世、2世の聴き取りを始める若者があらわれた。「我是誰。わたしは何者なのか」と。番組では、「3世の会」の若者の聞き取りに同行、中国残留邦人の40年と今を見つめる。

出演者ほか

【語り】アナウンサー…久保田祐佳

チャンネル

  • 2018年9月22日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2018年9月27日(木) 午前0時00分(60分)

編集部のおすすめ