もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

特別支援学級の子どもたち
ETV特集アンコール▽“いるんだよ”って伝えたい~横浜特別支援学級の子どもたち
みんなの
レビューは
こちら

ETV特集アンコール▽“いるんだよ”って伝えたい~横浜特別支援学級の子どもたち

  • 2017年5月27日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2017年6月1日(木) 午前0時00分(60分)
  • 2017年9月22日(金) 午前1時10分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

良い学校運営をされていると思いました。
みんなの学校、映画を取り上げてもらいたい。

投稿者:こころん

特別支援学級にいる子どもたちの思いや気持ちを教員や家族だけでなく、一般学級の子ども達にもしっかり共通理解させることの大切さを学びました。誰もが同じ人間だということ、誰にでも苦手なものがあること、そういった中で互いに助け合うことの大切さを感じました。

投稿者:まる

私にも同じような子どもがいます。
偏見で見られるのかな、と心配になりましたが、学校の先生方の取り組みに感動しました。
また小学校、中学校で、普通級と個別級…どちらがいいのか選択するのはとても難しいと思います。選択なんかしなくてもいい、いろんな人がいる事が当たり前な教育環境になって欲しいです。

投稿者:なぎ

発達障害を抱えた子供達、その子なりに一生懸命頑張っている姿に涙しました。偏見を言葉にして伝えられた事も勇気がいること、それでみんなで考え学ぶ事も良かった。自分の息子も小1の2学期頃から情緒不安定になり居場所がなくなったのでこの番組を見てもっとしてあげられる事があったのかなぁと今になって思います。

投稿者:ゆうママ

娘はADHDとアスペルガーですが軽度でIQも人並みなので一般級に通っています。でも、対人関係は苦手で聴覚過敏があるので不登校気味で本当にツラそう。個別級へ希望してもいっぱいで受け入れてもらえませんでした。うちの子のように支援が必要だけど、出来ない子が沢山います。どうしたら良いのでしょう。

投稿者:ゆーりん

よかった。きよらちゃん。感情のコントロールがなかなかきかず友達に溶け込めない切ない気持ちが伝わってきました。私の子に似ています。まだ発達障害が理解されなかったころでクラスになじめず感覚過敏に苦しみ2回も分譲を手放し転居しました。あの頃叱って何とかしようと必死でした。きよらちゃんのお母さん、先生、友達すてきでした。

投稿者:momo

涙が出ました。文字ならば、まっすぐにコミュニケーションを取れて、きちんと考えている子供たち。誰にだって苦手なことがあるのだから、それを手伝ってもらえればどんどん伸びていくのだとわかりました。私たちの寛容性が問われていると感じました。生産性を上げるなんていう政府の言葉が彼らへの差別につながるとも思いました。みんなに見てほしいです。

投稿者:まる

2人のファンになってしまいました。
仲良くしたいからと、ただ周りに合わせるということなく、ちゃんと自分を持って自分のペースで主張していく姿にただただ感動しました。2人の今後をぜひ伝えて欲しいと思いました!

投稿者:ことのは

子供は大阪の支援学級に在籍してます。苦手な教科だけ支援学級に勉強しに行くという形なので元々交流という概念もありません。なのでクラスの一員です。ただ、クラスより支援学級の時間が多く必要な子供はどうしてるのかなと思います。なので、他の地域の支援学級のあり方を見て勉強になりました。

投稿者:まる

アスペルガー症候群の児童の文章力に感心した。冷静かつ論理的に事実を簡潔に表現していた。元々、考える力が高いのだと思うが、少人数の個別支援学級で丁寧に指導を受け、静かな環境で考える時間を与えられたから、才能が引き出されてきていると思う。一般学級も半分以下の人数にできれば、勉強の成果が向上するだろう。

投稿者:せきさん

きよらちゃんと勇一郎くんの心の葛藤に感動しました。
また先生方が子供に真剣に向き合ってる姿がよかったです。
こういう、目に見えない障害の発達障害のこともっと特集してほしいです。

投稿者:にゃんちゅー

とても考えさせられました。もっともっとみんなの理解が深まればと思います。

投稿者:せいこ

なぜ支援を必要としている子どもが「壁」を越えなければならないのか。「壁」を作っているのは誰なのか。
学校の在り方、社会の在り方について考えさせられました。学校に関わる大人たち全員に、是非見ていただきたい内容でした。“「いるんだよ」って伝えたい”、とても深い意味を持つ言葉だと思います。

投稿者:めグミ

きよらさん、元気にされていますか?私の娘は今19歳です。小中学校時代、あなたと同じ想いでした。でも、学校、周りの人の支援を受けて、今は特例子会社で事務の仕事をしています。高校は支援学校へ行きましたが、大丈夫。支援学校を出ても道はあります。苦しいを沢山消化して、今は私を生きています。安心してくださいね。

投稿者:SALLY

個別級へ参加することの辛さから不登校を経験した息子がいます。なかなか世間の認知がされずもどかしい思いをしてきました。この番組を通して、個別級の子どもが一般級になじむ難しさ、一般級の子ども達の仲間になりたい気持ちが痛い程伝わってきました。

投稿者:みっきーたい

2人のお子さん、本当に頑張っていますね。
小学3年生の彼へ言いたいがあります。あなたの書いた太い「偏見」は、いろいろな人の心を代弁する力があります。
書くことを大切にしてください。いろんなことを思ってください。本を読んで、いろんな世界を広げて下さい。そしたらもっといろんな言葉を発信できると思います。

投稿者:ニコタロウ

発達障害の息子がいます。
私も、この子の親にならなければ知らずにいたのでしょう。
号泣しました。

投稿者:ねぎま

横浜の支援学級の位置付けに驚きました。支援学級と通常の学級を別け隔て、交流という言葉を使い生活するからこそ偏見ができるのではないのか?と思いました。

投稿者:ひろ

きよらさんの図書館司書の夢…。12歳で選択を迫られる辛さ。叶えさせてあげたいと思いました。特別支援クラスの子の進路の幅を広げてあげることは難しいのでしょうか…。

投稿者:かなた

3年の男の子は書くことに長けてました。受け止める大人もいて、周囲に伝えることに成功したのが大きかったと思う。普通学級でも子どもが抱えるモヤモヤがうまく伝えられず、理解されないことがたくさんあります。書く力はあらためて子どもに必要と感じた。

投稿者:クッキー

ノーマライゼーションを、社会に実現するために、大変良い教育をされてると思いました。感動しました。

投稿者:ヤンカワ

子どもが主役のすばしい学校運営だと感心。きっと、日本の福祉も教育も社会ももっと良くなる…と小さな期待が持てた。生きにくさを抱えながらもたくましく健やかに育っている2人。彼らの育ちを支えてきた、ご家族の方に尊敬の気持ちが強く湧いた。

投稿者:ジャッキー

うちは男の子ですが、きよらちゃんとそっくりな性格や行動。気持ちはすごく純粋で傷つきやすい子。
きよらちゃんの手紙、うちの子も同じように思っています。
みんなと一緒に居たい、うまくやりたい。でもなかなか行動にうつせないんだよね、そんな自分が嫌になっちゃうんだよね。
親としてどうしてあげたらいいのか。
あなたをずっと守りたい。

投稿者:kanaka

息子はディスレクシアです。そのため、支援学級に在籍しています。息子の小学校では、支援学級の子もほとんどが交流級にて過ごします。支援学級担任が交流級に来て、授業のサポートをしてくださるので、番組ほど隔たりはないと感じます。いろんな、学校の形があることを知りました。

投稿者:ミーナ

男の子と27歳の娘は同じ性質です。早期発見により社会で適応できるのなら、支援学級が充実することに意味があると思います。一方で、彼のような抜群に秀でた能力を持っている子は、飛び級制度はないのかしら?と思いました。女の子は、純粋で素直な子なのに、評価が一般と違うということに疑問を持ちました。日本は同学年の平均に合わせる教育を見直せないのでしょうか。

投稿者:はてな

発達障害の息子がいます。
この番組を見て、『え、普通の子にもこういう子いるじゃない』って思った人も少なくないのではないかと思います。
『何がそんなに大変なの?』って。
あの子たちの本当の困り感や頑張りがどれだけ理解してもらえるのかと思ってしまいます。
見えないからこその困難はたくさんあります。

投稿者:スカリー

学校生活にうまくなじめない息子がいます。嫌なこと困ったことがある子供のことをクラスだけ、担任だけでなんとかしようと閉鎖的になりがちなことに学校全体で考えている姿に感動しました。普通級、個別級どの子にとっても辛くない学校生活になるための参考になることがたくさんありました。たくさんの先生にみていただきたい。

投稿者:ともみん

4歳の息子が療育に通っています。早すぎる選択。という言葉が出てきましたが今は就学へ向けての準備にシビアになっていて少しの遅れも枠から外れたら=支援教室という流れを目の当たりにしています。私も今から小学校は普通級に入れないのかと不安ですが、この番組を見て感じたのは普通級に入っても支援級の子を見下したり偏見を口にするような子の方がよっぽど普通ではないのだなという事。

投稿者:はな

とてもいい番組でした。
この番組を全国の小中学校の先生方、生徒、保護者に見てもらうといいと思いました。
道徳の教科書なんかよりもずっとリアルに考えられると思います。

投稿者:torico

笑顔がとても可愛いきよらちゃん。感情を上手にコントロールできない我が子と重なってみえました。今は中学生活を楽しんでいるのかな。これからも応援しています!

投稿者:くま

何気ない日常を、改めて考えさせられました。そして、もっと知って考えて共有したいと強く思います。
特別支援学級と通常学級の皆さん、先生方がまっすぐ向き合っている姿に感動しました。私も応援しています。

投稿者:まっこ

番組内容

ETV特集アンコール▽“いるんだよ”って伝えたい~横浜特別支援学級の子どもたち

発達障害などさまざまな理由で助けを必要とする子どもたちが通う特別支援学級。安心できる環境で学び、自己肯定感を育んできた子どもたちが進む次のステップが、大人数の一般学級に参加する「交流」だ。クラスメートとの距離を縮めようと奮闘する少年の喜びと葛藤、中学での進路に揺れながら交流へと向かう少女の日々。そして、ある出来事を機に、心の壁を乗り越えようとする支援学級と一般学級の子どもたちの成長を記録する。

出演者ほか

【語り】石井杏奈

チャンネル

  • 2017年5月27日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2017年6月1日(木) 午前0時00分(60分)
  • 2017年9月22日(金) 午前1時10分(60分)

編集部のおすすめ