もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

女ひとり 70歳の茶事行脚
ETV特集「女ひとり 70歳の茶事行脚」
みんなの
レビューは
こちら

ETV特集「女ひとり 70歳の茶事行脚」

  • 2016年5月14日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2016年5月21日(土) 午前0時00分(60分)
  • 2016年7月9日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2016年7月16日(土) 午前0時00分(60分)
  • 2017年1月1日(日) 午後1時30分(60分)
  • 2017年4月12日(水) 午前1時45分(59分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

偶然、チャンネルをまわしたら、番組開始10分過ぎでした。お茶をほんの少しかじってる者として、茶事の世界のすばらしさ、洗心されたひとときを持つことができました。

投稿者:ペコママ

人、動物、植物、物、自然に寄り添って、それらを愛しながら、それらから愛と恵を頂き、感謝しながらおもてなしされているのが、すごく豊かで。。。
胸がいっぱいになり涙があふれました。
動画サイトにアップするか、ぜひまた再放送してください。
常時チェックしております。
人生の豊かさを教えてくださり感謝申し上げます。

投稿者:具志堅興司

ふと見たら、ひきつけられてしまい、他の録画をキャンセルして、一時間、半澤さんにみせられました。70歳という年齢を感じさせないそのエネルギー「茶事をやりたい!」という思いで一人全国を回るその行動力、そして何より半澤さんが話すきれいで丁寧な日本語、おもてなし、本当に感動しました。

投稿者:みひろ

70という年を経た女性がさまざまな季節・場所で一期一会を大切にして茶事を行う姿に感動しました。風土を感じるために野宿をする姿は、旅行をしても観光地だけみて満足してします自分からはまぶしいほどに美しく感じられました。再放送楽しみにしています。

投稿者:流木

自分の心を自然に同化させて、人としての生き方を生ききる、自我を越えて人に接しようとする、そんな強さを感じた。

投稿者:山本ちゃん

身をもって命を削って、千利休の教えを体感されてる方がいるとは。
そして一期一会の心を見させていただき、
本当に幸せな1時間でした。
自然に教えられることは沢山あるのですね。
私もお茶を習う身。考えさせられました。

投稿者:はないかだ

大きな失敗をしてしまい、取り返しのつかないことをして これからの自分のあり方を考えようとしても前向きになれず何気につけたテレビ。半澤さんの美しい姿、力強さで我に返った。自然に対して謙虚で、内側から美しい女性。とても会いたい、このような感性の人になりたい。

投稿者:滝本

なんて強くて謙虚で優しくて美しい人なんでしょう。この方のように年齢を重ねたいと心から思いました。一期一会の茶事。会ったばかりのお客様に「最善を尽くす」心からのおもてなし。「最善」という言葉の意味がストンと腑に落ちました。ありがとうございます。

投稿者:うーさん

半澤さん、なんてすてきな生き方なんでしょう、私の母と同じ位の年齢ですが品があり人間にとって何か大切な物をすべて知っているような、お体心配ですが、いつまでも 夢に向かって一途に行動している方は やはりとてもすてきできれいです。私は今自分のやるべき事を見失っています、生活やいろんな事に振り回され やりたい事へ近づけませんが勇気をもらえました。一歩ずつ頑張ります。

投稿者:光

お茶は何もわかりません、ましてや作法も知りません。
でも一つの事を追い求め、身を呈して成す事を続けるすばらしさを教えられました。私はお花を少しだけですがお稽古をしています。一木一草のお花に教えられることをこれからも続けて学んで生きようと改めて感じました。

投稿者:yougetsu

究極の茶事を実践する姿に、凡人の私は最初不安を覚えましたが、強さにだんだん引き込まれました。利休が生きていたら、どんな励ましと賛美を送ったでしょう。誰もやっていないことを思いついた動機をもっと詳しく知りたくなります。着物の選びと着こなし、茶碗や茶道具を選ぶ類いまれな審美眼、自立した人間性、感服いたしました。再放送を楽しみにしています。取材の人達にも感謝。

投稿者:mo

人生の同志が居た。という思いと感慨深さが胸にひろがるようだった。
自ら体験を求める旅は、人生を積極的に取り組もうとする行為と重なって見える。
与えられた命の終盤をどのように使い切るか。勇気と励ましを得た。

投稿者:テル坊

日本の四季の素晴らしい自然と向き合いながら、茶事をとおして生きてゆく姿に、やさしい日本人の心の原点に触れた思いがしました。自由・出会い・命・自然の尊さも感じ取れるとてもいい番組でした。

投稿者:とくちゃん

茶事出張と言う職業も知らなかったが、70歳で自ら車を運転し野宿までして茶事を楽しんでもらう為に我身を削り行脚の旅に出る勇気と行動力にひどく感動をした。食材からもてなす人、場所全てを自分で探し準備をする過程にも驚き、こういう女性がいる事に感動を覚えた。言葉使いもたおやかで美しく控えめな物腰、しかし筋の通ったりんとした佇まいに大和撫子を見る思いでした。

投稿者:なお

50歳を迎えるに当たり1年間、自分の老いや40代とは全く生き方が違うという現実を自覚させられ途方に暮れていました。
自分が頑張れば何とかなるという甘えは許されないという事実に愕然としていたのです。
しかし視聴して今までのような時間の余裕は無いという厳しさを常に理解した上で今から一歩を決めればいいのだと思いました。人への責任の強さ重さも心に響きました。

投稿者:玉露

心に響きました。
まるで禅僧のようでした。
私はまだまだだなぁと思い知らされました。。。

投稿者:薫風

若い日にずいぶんとやんちゃな路を歩き、人の生き方や道筋をわかったふりをしたごうまんな生き方に気がついたのは40前です。人の学びはいくつもどこにでもあって 心をその時に留めその時を精一杯生きる事を実践しながら謙虚である半澤さん、 私も今日から今からです。未熟さに気づきを頂けただただ感謝です。

投稿者:メグ

茶道を少しかじっているのですが、究極の一期一会を求めての旅の姿に、感動の涙が出ました。 下萌えの草を新たなエネルギーと捉える純粋さ、優しさに胸打たれました。本当の幸せとは身近なものへのいたわりからはじまるのかもしれないと思います。でも実際は些細な事だけど中々難しいのです。半澤鶴子さんはすばらしいです。

投稿者:ときめきおばさん

茶事は特別なものではなく、ごくごく日常が人とのつながりを持ち、より深めるために食事して一服のお茶をいただく事。その原点にあるものは自然の恵みに感謝 し、自然を受け入れてお茶を差し上げ、いただく「日常茶飯、事」そのものではないかと思えました。
複雑で忙しい今日こそ、このようなお茶事に出会い、参加できる機会を持つ事が必要でしょうね。

投稿者:カンジロー

本物のお茶事ですね。人にごちそうするってこうやってご自分の体と気力を惜しまず使ってもてなす事なのですね。終わったときに得られる充実感は、どれほどすばらしいかと思います。こんなお茶事に出会えた方たちがまたすてきな出会いを作れるといいですね。

投稿者:houtyann

祖父と息子が茶道をしていたので、興味を持ち録画しました。
呉の町のあたりでは何故か涙がポロポロ号泣してしまいました。自分の幼さ、未熟さに涙が出て来たのかなと思います。
すてきな方ですね。
私もお会いしたいです。

投稿者:ろっしー

高校で生徒達と茶道部で、いろいろな活動をしています。茶事がお茶のお稽古をやる究極の目的といわれても、今の時代には、若干浮世離れしているな。若い人達に伝えるのが難しいと感じていました。半澤鶴子さんの茶事行脚を見て、茶事のすばらしさ、神髄をわかった気がしました。これからもお茶を続ける勇気をいただきました。ありがとうございます。

投稿者:sowa

とてもすばらしいドキュメンタリーでした!
また再放送も見させて頂きます☆

投稿者:まり

すばらしい信念の方一人で全てを企画され運転しお客様にもてなしをされる心に感銘しました。一度お目にかかりたく思いました。お体に気をつけてこれからもお茶の精神を貫いてください。

投稿者:りこ

茶事の真髄は、そういうことだったのかと、半澤さんの生き方から、感じました。ありのままを受け入れ、感じ取る力を磨きたいと思いました。すばらしい番組でしたね。

投稿者:もんちゃん

見たことない光景(雪景色に突如現れる茶室(笑))と着物の素敵な女性にひきつけられました。
残念ながら番組の一部しか見られませんでした、再放送を強く希望します。
なぜこのような粋な旅をしているのか、どういう人物なのか、、謎だらけです。

投稿者:nana

めっちゃいい番組と思います。

投稿者:シュク

半澤さんの柔らかな優しい物腰、声にいやされました。何より、ひたむきに茶事に向き合う姿勢に感銘を受けました。
年齢や体調で思うように行かない時でも、あるがままの自分を探りその時出来る最高の事を発信しようとする生命の力強さを感じ力付けられました。ありがとうございました。

投稿者:めろん

丁度、「茶道が出来ると人生が味わい深くなると思うね」と友人と話していた直後の番組で、その出会いに驚きました。即席の茶室、一期一会の出会い、鶴子さんのお人柄…全てが優しさに包まれていて幸せになりましたし、辛い幼少期を乗り越えられたからこその深い人生に勇気を頂きました。

投稿者:おばあちゃんがすき

録画しておこうと思います。茶事の神髄が伝ってきました。

投稿者:prettyhappy

偶然みました。
こんな茶事があるんだな、
これが本来の姿なのかもしれませんね。

投稿者:にゃんまま

たくましくしなやかで、一途な気持ちがある故のしたたかさと。そんな全てを、半澤鶴子さんの品格が包み込み圧倒される思いで見ていました。女子高生3人をお招きして、おもてなしされるシーンは、半澤さんも少女のようでした。

投稿者:Kirakraakiko

感動しました。

投稿者:Daisy

かっこいい!すばらしい!感動しました。
70歳まで20年…、まだまだ私にも何かできるかな…?元気がでてきました。半澤鶴子さんのような女性に憧れます。

投稿者:桜吹雪

通りすがりの人とお茶事をするなんて、考えただけでも膝が震えるくらいのハードルの高い事を成し遂げたというだけで、本当に心から尊敬します。
生き方がもうロックですね。

投稿者:えびねそう

彼女の語りは、きれいな声で、間の取り方もプロ並みでした。彼女の品格は自分の努力の賜ですね。どうしても辛い時に歌う唄、「やさしいお母さん・・」。彼女が一期一会として旅をしているのは、幼少の頃に彼女を置いて出たお母さん探しではないかと思います。少なくとも頭の中にはいつもお母さんがいると思います。この唄の歌詞を知りたいです。

投稿者:マコロン

懐石料理に始まりお酒を振る舞い、最後にお茶を点てる。このようなもてなし方、茶事がある事を知りませんでした。
「花に飼われている」この言葉は気づきを与えてくれました。花に守られている気がします。肩の荷が下りたような気もしました。視聴出来て良かったです。

投稿者:のたり

茶事に神事を感じました。

投稿者:RENO

与えられた環境に負けずに自分の世界に美しい花を咲かせている生き方に感動しました。

投稿者:ともるん

究極の茶人とは、半澤鶴子さんのような方なのだろうと感銘を受けました。
客人をお招きするのに最善を尽くされるお姿に、怠け心がつい出てしまう自分を反省しました。
偶然 この番組を視聴出来たのも、一期一会なのだなぁと思います。
半澤さんのお言葉が心にしみて、これからの生き方のヒントをいただきました。

投稿者:しろべ

とにかく、ひきつけられ、引き込まれました。
70歳というお年から始まって、すべてが美しく、強く、新しいけれど懐かしいような、そんな驚きの連続で、とても私にとって、ショッキングな番組でした。こんなステキな方が日本にいる事を知り、幸せで感動しております。本当にありがとうございます。いつまでもお元気でいて下さい。

投稿者:ポポロ

本当に美しい方。たくさんの辛いことを乗り越えられて、本来の自分のあるべき姿を手に入れられたのですね。それもまた、決して楽な道ではない。
強い方、だから優しい。
わたしに見習うなんてできないけれど、でも、いま自分の置かれている環境を受け入れて、どう生きて行くべきか考えたいと思いました。

投稿者:namaco

たまたまtvを点けたらこの番組が映りました。正直初めは何か分からず、このおばあさん変な人…と思って見ていました。ですが見ているうちに魅力に魅了され気付くとエンディング。私も日々もっと精進し頑張らねば!と力づけられました。私もあんなステキな一期一会のご縁に出会いたいですね…

投稿者:。

すばらしかったです、思わず涙しました。
今の時代に、日本人とはこういう事を心の奥に忍ばせ、思い、生きている。
使われる日本語にも、背筋がピンとなる表現をされていて、自分が恥ずかしいような思いがしました。
合掌

投稿者:bjc085

録画して、もう3度見返しました。お茶をお稽古してきましたが、自分が習ってきたものとは違うものを感じました。いろいろに考えることの多い番組でした。何度でも再放送して、お茶をなさらない方にも広く見て、何か感じてほしいと思う番組でした。きっとおそらく、これからも何度も見返すでしょう。

投稿者:なつこ

偶然チャンネルを合わせて、息を止めてしまうほどの熱量をいただきました。こんなにすてきな女性がおられるとは。再々放送を願います。

投稿者:いちご

偶然 再放送を見ました。
とても心に残りました。

投稿者:どり

番組内容

ETV特集「女ひとり 70歳の茶事行脚」

おもてなしの原点と言われる「茶事」に人生をかけ、全国行脚を決意した女性がいる。日本で数少ない茶事の出張料理人、半澤鶴子さん。茶事とは千利休が確立した4時間ほどの茶会だ。懐石から始まり酒を振るまい、最後にお茶でもてなす。70歳を機に茶事の神髄を極めようと、鍋釜と茶道具をバンに積み、着物姿で車を運転。全国各地で出あった初対面の人々に、その土地の食材を使った料理とお茶をふるまう。2年に渡る旅に密着した。

出演者ほか

【語り】升毅

チャンネル

  • 2016年5月14日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2016年5月21日(土) 午前0時00分(60分)
  • 2016年7月9日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2016年7月16日(土) 午前0時00分(60分)
  • 2017年1月1日(日) 午後1時30分(60分)
  • 2017年4月12日(水) 午前1時45分(59分)

編集部のおすすめ