あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 「言いたいことがあります。」の制作現場

「言いたいことがあります。」の制作現場

iitaikoto_clock_1.jpg

前回、前々回は、どちらかというと企画の根っこみたいな話を書きましたので、今回は生々しい(笑)制作の裏側を書いてみたいと思います。

「言いたいことがあります。」は、全4話分を一気に撮影します。1話あたりの尺は、「デザインあ」にしては長めで、だいたい3〜4分。つまり、合計15分程度の映像を撮ることになります。ぼくはふだんTVCMの仕事が多いのですが、TVCMは15秒の映像を1日がかりで撮影します。1シーンごとにセッティングやライティングを変えながら撮影していくのですが、15分(900秒)の映像をCMのやり方でやったとしたら、単純計算で60日(2ヶ月!!)かかってしまうことになります笑 実際には、番組プロデューサーの阿部さん、白田さんからは、「スケジュール調整の結果1日で撮りましょう!」と言われまして。でも「えーーー!」とはならなかったんですよね。なぜなら、この企画と脚本を書いた時にすでにハナコさんでつくることを想定していまして、もう彼らの土壌であるコントをそのままして撮ろうと思っていたからです。とはいえ、ぼくはコントやお笑いの世界を知らないので、いきなり渡された4本の脚本をすぐに演じられるかどうかは予測がつかず、お会いするまでかなりドキドキしていました。

これ、もしハナコさんじゃなかったら、と考えると恐ろしい話でして、つまり、演者に求める要素を文字にするとこんな感じになります

1 4分の脚本×4をすべてワンカットで演じてほしい

2 針が3本なので、3人の役者でやってほしい

3 3人の役者には、ぶっつけ本番で、息をぴったりあわせてほしい


かなりハードルの高いお願いです(笑)そう、「言いたいことがあります。」は、ハナコさんだからこそ成立しているとも言えるのです。

ということで、シーズン1「時計編」の撮影当日。かなーーーり厳しい段取りにになることが予想されていましたので、ぼくもスタッフも朝からかなり緊張気味。スタジオには緊張感が流れています。事前に台本は送っていたものの、A4びっしりの原稿が13ページくらいあります。大丈夫かな。ドキドキ。そこへ、「おはようございま〜す」といって、入ってきたハナコさん。朝からいつものさわやかな感じです。早速、ドキドキしながら、撮り方の確認をしました。「パートごとにカットしながら撮ります?」「あ、いえ、一気で大丈夫ですよ」えーーー!すごい!「原稿を確認したり覚えたりするのにどのくらいいります?」「あー、カメラ前で、軽く合わせれば大丈夫です」えーーー!すごい!そして、撮影が始まると、本当にその言葉通り、できちゃったんです。

最初に設定した通り、短針の秋山さんは「不満を抱えた人間っぽいキャラ」、長針の岡部さんは「生真面目で冷静なキャラ」、秒針の菊田さんは、秒針を忠実に再現してもらい「ひたすら走り続け、最後に言いことを言ってくれるキャラ」です。(もはやキャラというより設定ですが笑)あ、菊田さんは、本当にスタジオを走ってもらったんですが、すごいのは、リアリティを出したいと言って、本当に60秒で1周のペースで走ってくれたんです。しかも、ほかの二人が演技している間もずーーーっと走ってくれた。本当にいい人です。撮影は、ほぼ一発OKでどんどん進みました。3人の息もぴったり。コントを仕事にしている人ってすごいです。ハナコさん、ありがとうございました。