[おしらせ]「デザインあ」は現在放送を休止しています

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 言いたいことがあります。をつくった理由

言いたいことがあります。をつくった理由

iitaikoto_clock2.png

ぼくは子どものころ、おままごとや人形遊びが大好きでした。シルバニアファミリーから、ロボットや塩ビのウルトラマンまでいろいろ。ずーっと、ひとりでぶつぶつとセリフを言いながら遊んでいたので、親はかなり心配してました笑 今でもその頃の癖というか、モノの気持ちや声を妄想して一人で笑っている時があります。やばいですね。親の心配は的中したのでしょう笑 

さて、「言いたいことがあります。」のねらいとしては、当然ながら、“モノの形状や機能を子ども達に知ってもらいたい”というのはあるんですが、もう一つ、モノの理解を見たままの道具として終わらせずに、“新たな見方を発見する“のって楽しいんだよ、ってことを伝えたいなと思ったのです。

第一弾のモチーフは「時計」です。時計なんて、どこにでもあるものです。家にも、学校にも、駅にも。普通は「時間を知るための道具」以外に思うことなんてないんです。時計の読み方がわかればおしまいです。でも、ちょっとじっくりみてみてください。

短針は、すごーーく、ゆっくり進んでいる。止まってるようにもみえるスピードで。人に置き換えたら、どうでしょう。このスピードで動き続けるとしたら、辛いですよー。もう太ももがパンパンになりますね。しかも、短針はいつも長針と秒針に追い抜かれるだけで追い抜くことは永遠にない。なんて儚くて頑張り屋さんなんだ!とか。そんな妄想をしていると楽しいんです。どんどん絵やセリフが浮かんできます。

iitaikoto_clock_2.png

今回、描きたかったけど、ボツにしちゃったのでいうと、3本の針は1日に2回だけぴったり重なるんです。その時間、わずか1秒間。この奇跡の瞬間に彼らは、いえーい!ってはしゃいだり、ときには、千手観音の真似をしてふざけたりするのです笑 

iitaikoto_clock_3.png

この妄想ですが、実は、誰もが知っている、ある会社はこれがとても得意です。そう、ディズニーです。ディズニーの映画は、おもちゃ、クルマ、虫、花や木など、日常に溢れているモノたちが「こんなこと話してたら楽しいな」っていうのを描いています。そこにいろんなドラマや感動を重ねていく。ぼくは、ディズニーが絶対にモチーフにしないもので、しかも「実写」でやったろう、ということで「時計の3本の針」にしました。

この妄想術が備わってると、大人になってからいろいろ役に立つんじゃないかと思います。ぼくも、CMや企画を考える時に、この妄想癖みたいなものがふんだんに活かされてるなぁと思います。役者さんやキャラクターがいたときに、彼らが何を話したら面白いんだろうって考えるってこと。これ、すべての仕事に必要な能力のような気もします。「今はないけど、こんな商品があったらいいな」とか、「今はないけど、こんなイベントがあったらいいな」「今はこんなやりかただけど、こういうやりかたのほうが楽しいよね」とか。根っこは同じです。目の前に見えるものから、今はないものを想像する力。だから、特に子どものうちからそんな楽しさを知ってほしいなー、なんて気持ちでつくりました。

3本の針の、かわいくて、情けなくて、人間らしい会話を通じて、時計の機能や形状、そして、観察力と妄想力を育むきっかけになったらうれしいです。

さて、次回は、制作&撮影の裏話を書きたいと思います。なぜ、キングオブコント王者のハナコ さんとやることになったのか。では、また。