※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 雪像あ というクラッチを担当させていただきました。

雪像あ というクラッチを担当させていただきました。

わたしは普段コマ撮りアニメーションの撮影をすることが多いです。
そのほとんどの時間、ちいさな世界に向かって
じっと背中をまるめて作業しています。
ちいさな世界は大好きなのですが、その反動で大きなものへの憧れも強く
いつか大きなものを撮影したい!という夢があり、
そこから雪像作りの企画が生まれました。

道産子のわたしですが、雪だるまくらいしか作ったことがなかったので
まず最初に地元の友人知人に雪像作りの経験者を探しました。
そして出来るだけ雪国!っていうかんじのロケーションを探しました。
場所は北海道の樺戸郡にある月形町というまちに決まりました。

雪像作り用の雪は、固まりにするまで日数がかかります。
ベニヤで囲いを作り、その中に雪を入れて寝かせます。
この準備だけでもかなり大変です。
事前に雪の固まりを月形町のみなさんに作っておいていただきました。

toyomura1.jpgのサムネイル画像

toyomura2.jpg

撮影は去年の2月、雪まつりも終わって少し暖かくなってきた頃でした。
夜明け前から、日が暮れるまでのロケ撮影なので、当日の天候も大切なのですが
撮影までの間に順調に雪が固まっていってくれるか、
固まった雪が撮影中に崩れたり溶けてきたりしないかなども心配でした。

「あ」の文字は、曲線や穴になっている部分が多いので
雪像にするには若干あやうい形で、雪像のプロに図面を見ていただいたときには
「崩れるかもね〜」なんて言われてしまいました…。
toyomura3.jpg
彫る前の雪の四角い固まり。
モノリスみたいで、ちょっとこわい佇まいです。
toyomura4.jpg

toyomura5.jpg
暖かくなってきたとはいえ、夜明け前はマイナス20度近い気温の中、
撮影のセッティングを開始しました。寒さとモノリスの物々しさで不安が増してきます。

toyomura6.jpg
日が登ってから、徐々に「あ」のかたちを彫り始めます。

toyomura7.jpg
THE北海道な景色の中で。だんだん「あ」が出来ていっています。

toyomura8.jpg
出来上がったところ。なんとも不思議な景色。


toyomura9.jpg
収録席。ここにじっと座っていると、骨までしみてくるような寒さでしたが
夕景の中に浮かぶ「あ」の像の美しさに、
日が暮れるまでスタッフ一同、じーっと見入っていました。

次は5メートルくらいの「あ」を作りたいです!

「雪像あ」は、下記の日時に再放送予定です。ぜひご覧下さい。

 2016年1月30日(土)7:00-7:15 Eテレ