※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 長谷川弘佳さんの記事

デザインを育てる

みなさんはデザインを育てたことはありますか?

私はこの「デザインあ」のウェブサイトが開設されて以来、3年間ずっと育ててきました。それはウェブサイトの更新作業です。

更新は大体2ヶ月に一度、放送4回分を追加していきます。コーナーごとの作品数で言うと、新規で20~30作品ほど。作業内容は、まずは放送された映像を静止画の画像に切り出し(1秒につき6枚、約4000枚x4回分)、そこから作品ごとに一番ぐっと来るシーンを抜き出し、見せる順番をそれぞれ考え、画像を専用のサイズに書き出し、最後にそれら画像がウェブサイト上できちんと見れるように、数字と言葉で出来たhtmlデータに必要な情報を入力して、完了。ざっくりとですが、以上が更新の流れです。

hasegawa_001.jpg

この「デザインあ」ウェブサイト、見た目はシンプルにみえるかもしれませんが、実はかなりの手間ひまをかけて更新していました。この3年間、ずーーーーっとです!作業内容は変わることはなく、誰かにほめられる事も無く、ひそかに、黒子のように、もくもくと、時に人の手をお借りしながら、作業してきました。あまりにも同じ作業なので、マウスを片手に深い深い眠りについていることもしばしば....。ただただ、画面と向き合い作業するのみです。

なんとも、つまらなさそうでしょ?
でもですね、実はこれがまた、すごく面白い。
なぜなら、どんどんウェブサイトが育つから!!

更新作業は、木を育てる作業と似ているんです。きちんと葉や枝の状態を観察しながら水をやらないと、いつの間にか木が枯れてしまったりする事と同様に、ウェブサイトも追加される作品の特長をよく理解・観察しながら、掲載するシーンを選定・組みこみ作業を行わないと、すごく煩雑で分かりにくい見た目のウェブサイトになってしまう。

ひとつの出来上がったデザインを維持・管理するには、こういった日々の積み重ねがとても大事なんです。

ウェブサイトに限らず、世の中にはそうやって月日をかけて育ってきたデザインが沢山あります。身の回りのモノや景色を見るとき、「今の状態」だけでなく、「作られたばっかりの時の状態」を想像して考えてみると、面白いかもしれません。

そして、この「デザインあ」ウェブサイトも、引き続き更新していきますので、よろしければ時々成長をのぞき見にいらしてください!

よろしくおねがいします。