※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 安田桂一さんの記事

音響効果

yasudaphoto.jpg

音響効果?サウンドデザイナー?
どういう事をする仕事かわからない人も多いと思いますが、
ざっくり言うと、テレビ、アニメ、CM,映画等の映像作品にあわせて、必要な全ての音を集め、並べていく仕事です。

「デザインあ」では、まず小山田さんの音楽と映像のタイミング等を合わせて(多くのTV番組は映像が先にあり、そこに音楽をあわせていくことが多いのですが、この番組は少し特殊で、先に音楽があり、そこに映像を合わせ編集するという方法をメインにしています)、そこに音色のバランスをとりながら、アニメの動作音や、そのシーンに「必要な音」を録りにいったり作ったりして合わせています。

実はこの仕事、皆さんに知ってもらいたいと思う反面、その存在があまり意識されてはいけないという仕事であります。

先程言った「必要な音」というものの中には、TVなどを見ていて意識しないで感じている音がたくさん含まれています。
例えば早朝のシーンがあったとします。正直現場は必ず朝撮っている訳ではないし、朝は通勤でみんな忙しく活動しているためきれいな音がとれなかったりします。そんなとき映像にスズメやにわとりの鳴き声、新聞配達の自転車の音等を足す事によって静かな早朝を表現したりします。
またBGMを選曲したりするのも音響効果の仕事だったりしますが、そのBGMや効果音を駆使し、皆さんを楽しい気持ちにしたり、泣けるようアシストしたりしていますが、
これがあざとすぎたりして、意識されてしまうとかえって伝えたい事が伝わらなくなってしまいますので、存在はあまり意識されてはいけないのです。

このように皆さんに知られないように感じてもらうため、「音」を使っていろいろ表現している仕事が音響効果の仕事です。