※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. どうにか間に合わせること

どうにか間に合わせること

maniawaseru_3.png

最近の世の中はとても便利になりました。
あっちもこっちもコンビニ、100均。
しかし!
どんなに便利な世の中でも、やっぱり出てくる困った状況…。
みなさんも経験ありませんか? 

例えば
あなたはピクニックにでかけました。
レジャーシートを敷いてさあ楽しいお弁当、というまさにその時に突風が!
あなたならシートが飛ばされないように何を置きますか?
くつ?
ペットボトル?
それとも自分が端っこ座っちゃう? 

最近の私の場合は
打ち合わせに行く時間ギリギリにノートパソコンのカバーが見当たらず、とても困りました。 

日常生活する中で、私たちはよくそういった困った状況に見舞われます。
ところが、意外と私たちはその場をどうにかこうにかうまく切り抜けています。
どうやって切り抜けているかというと、
うまく間に合う形、重さ、大きさなど、必要十分な機能をフル回転で吟味して、実行してるんですよね。
(そしてそれが成功したとき、ちょっとした喜びにもなります。私は超嬉しいです。) 

そう思うと、私たちはものの機能やデザインについて、わりとちょくちょく考えながら生きているようです。普段何気なくやっている、どうにかこうにか切り抜けることは、デザインを知る上で実はとても重要なのですね。

maniawaseru_2.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像maniawaseru_1.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

さて
間に合わせる、というコーナーでは
キャストに照英さんをお迎えし、
さまざまな困った状況から、間に合わせでうまく切り抜けていただきました。 


間に合わせるための機能をよりわかりやすく見せるために、
成功アイテムと失敗アイテムを用意しています。
「しおり」の回では、成功アイテムはペンやレシートなど 失敗アイテムはりんごでした。
失敗アイテムは一瞬で無理そうだなと思えるものが多いです。

 多分照英さんも、これはどうよ?と思いながらやってくださっていたのでしょう。
失敗シーンは自然と「だよな。。」と言葉が漏れていました。
でもそれがとても自然でよく、成功したときの喜び方も非常に気持ちよく
日常の一コマという自然な設定と、不自然な状況を明るくきれいにつなげてくださいました。 

そんな照英さんが奮闘するこのコーナー、
普段の自分の困った、を思いうかべながら見ていただけると面白いですよ。


さて、先ほどの私の困った体験で
ノートパソコンのカバーが見当たらず困った私はどうしたかというと
急いでいたので枕カバー(洗濯済み)に入れていこうとしたら相方に見つかり止められました。
これは、場にそぐわないということで失敗例ですね。難しい。