※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. のこりのかたち

のこりのかたち

こんにちは。
私たちパーフェクトロンは、4月からの「のこり」というコーナーを担当させていただいています。
ものを作るという事は、何かを何かに変えることの積み重ねです。その過程にはしばしば引き算、つまり何かから何かを取り除く工程が含まれます。
ものが作り出されるまでに取り除かれた「のこり」の部分に注目して、出来上がった製品とともに観察するコーナーです。

例えば、これ。なんののこりか分かりますか?

bansoukou__.jpg

 

これは絆創膏のはじっこの部分です。
あんまり普段お目にかかることはないけれど、絆創膏が毎日製造されるのと同時に必ず生まれる形です。

材料は長い長いロール状になってる、とか
ナミナミの形だから、絆創膏どうしは隙間なく作られているんだ、とか
薄利紙とシールが一緒に抜かれているから、どうやら最後に型抜きされるらしいぞ、とか。
これをみると絆創膏が製品として出来上がる背景をより深く知ることが出来ますよね。
のこりは雄弁に物語る、です。ワクワクしませんか?
私たちは新しいのこりを手に入れるたびにワクワクしています。

のこりの形に思いを馳せる。
その形を改めてみるとそこには、ものが出来上がるまでの物語を垣間みることができるのです。
みなさんも、身の回りのものをみて、それらが作られるときにどんなのこりが出たのか想像してみるととても楽しいですよ。

そして、最後に。
これはなんの残りでしょう?
これは私たちが最初に手に入れた、みなさんがとてもよく知っている製品ののこりです。
答えはこれからの番組の中で出てきます。ぜひ確かめてみてください!

bin2_jpg.jpg