※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 線表をひく

線表をひく

 

sakura_blogphoto.JPG

リソースデスク さくらです。
番組の制作スケジュールのプランニング・NHK内の設備・機材・技術スタッフ・編集室の手配から 放送がでるまでを見守っています。

「デザインの観察」の場合・・・
―どうして しゅうゆさしの物撮りに100坪のスタジオが要るの?
5坪の接写室で十分じゃない?こども番組だよね?出演者は?
物撮りだよね?―
理詰めのエライ人たちに囲まれ 気の弱い女子なら泣き出してしまうだろう。
(※最近はやさしくなってますが)
おっしゃることはわかります。限られた協会の設備 渋谷の1等地の100坪のスタジオ 2日押さえて 2分半のコーナー撮影なんて あまりに効率悪い。
60分くらい作ってもらわないとって 割り当てる人からすれば当然だ。
―「デザインあ」は特別なんです。単焦点レンズ使ってて 美しいボケ味だすためには 被写体と壁、被写体とカメラの距離 結構必要なんです、光量もいるし・・・
ことばをいれないで映像だけで表現しているから 映像がいのちなんです。
まだことばがわからない幼児の脳にダイレクトに届く画期的な番組なんです・・・etc-
図面・絵コンテ・サンプル映像を携え 説明説得してまわる。
―そうですか・・やっぱり特番とか芸能が優先ですよね?日本の未来を背負ってたつ大切なこどもたちを育てる番組なんかより・・・-
時には毒づき 涙を浮かべて交渉にあたる。
そうして押さえたスタジオでも 超忙しい監督と技術スタッフ、特別な機材などが その日に集約できなければ 手放すことになる。今度は 平謝りに謝って。スタジオ申請の締切りは 放送日から3~4ヶ月も前だから 運と勘に頼るところが大きいのだ。
わたしは常に未来の神様に照準を合わせ 勘を頼りにスケジュールの線を引く。
わたしの巫女的ギャンブラー魂が この仕事を支えている。
今日も これからも 心静かに見守っていたい。