※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 受賞報告

受賞しました!
日本賞

IMG_1669.JPG

10月17日ら24日にかけて開かれた、教育メディアコンテンツの祭典
「日本賞」において、幼児向けカテゴリーの最優秀賞(総務大臣賞)
をいただきました。

日本賞は、1965年に発足した、世界で最も歴史ある教育コンテンツの国際コンクールです。
50年目を迎える今回も、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど、世界中の国々から
参加があり、55の国と地域から、339の作品が寄せられました。

審査員の方々からは、受賞時の講評として、
「日常のものごとをテーマにしながら、卓越した映像表現によって、
私たちを未知の冒険へと誘ってくれる革新的な番組」というコメントをいただきました。

12月31日午後2時~5時に、「デザインあ」を含む
幼児、児童、青少年、一般の4つのカテゴリーの最優秀作品が全編放送されます。
そちらも是非ご覧ください!

詳しくは日本賞のHPへ⇒http://www.nhk.or.jp/jp-prize/50_mirai/event.html

受賞しました!
台湾国際子ども映像祭 『最優秀テレビ番組賞』

3月27日(木)から4月6日(日)まで台湾で開かれた「第6回 台湾国際子ども映像祭」で『最優秀テレビ番組賞』を頂きました。 

このコンクールは、台湾の子どもたちおよびメディアに、世界の優れた子ども番組や子どもを題材にした映像を無料で上映することを通じ、多様な文化への理解促進を図り、子どもの創造力を鍛えることを目的とした映像祭です。2004年に設立され、隔年開催されています。

今回は番組のディレクターがプレゼンに行ってきました。

monyumento.JPG

コンクール会場の前。かわいらしいキャラクターが出迎えてくれます。


jyoueityuu.JPG

コンクールでは大人の審査委員と一緒に100人以上の子どもたちが出品番組を見ます。
この写真は「デザインあ」の上映中のもの。「デザインの観察~イス~」のシーンです。身を乗り出して見てくれています。


CIMG2490.JPG

 今回いただいたトロフィー(?)です。下のプレートに『最優秀テレビ番組 デザインあ』と英語で刻まれています。

 

受賞しました!
第7回キッズデザイン賞 優秀賞(経済産業大臣賞)

2013年7月29日、こどもの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そしてこどもを生み育てやすいデザインを表彰する「キッズデザイン賞」において、「こどもの創造性と未来を拓くデザイン」として、「『デザインあ』番組および展覧会を通じたデザイン教育」が優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。ありがとうございました。

審査評では下記のようなコメントをいただきました。

完成した形という「結果」ではなく、それが生み出された「行為・プロセス」に焦点を当てる試みは社会提案性・新規性の面で先進的なものである。デザインという行為はデザイナーという専門職だけでなく、使用者も大きく関わっているという気づきを、子どもにもわかりやすく、かつ深く伝えることに成功している。番組・展示と複合的なアプローチを実現しており、デザイン教育に関する新たな窓を開く優れたプログラムである。

詳しくはキッズデザイン賞のHPへ⇒http://www.kidsdesignaward.jp/2013/

受賞しました!
2012 ピーボディー賞

image_004.jpg

世界の優れたテレビやラジオ番組を表彰する「ジョージ・フォスター・ピーボディー賞」を受賞しました。この「ピーボディー賞」は放送界のピュリッツァー賞とも呼ばれ、1941年に創設されたアメリカの放送界でエミー賞と並んで最も権威と名誉ある賞です。72回目となる今年は世界中から1000を超える作品がエントリーされ、その中から38の番組が選ばれました。授賞式は5月20日、ニューヨーク・マンハッタンの真ん中にあるアメリカ大統領が宿泊するという伝統と高い格式を誇るホテルのボールルームで行われました。
このピーボディー賞には部門や大賞などの区別が無く、全員が同じWINNER"です。そんなこともあってか、セレモニーとしての威厳がありながらも、全体に和やかな雰囲気でした。「デザインあ」も、コングラチュレーション!の言葉をたくさんの人からいただき、運営委員の方々からは「実にセンセーショナルだった!」などのコメントをもらいました。

授賞式の様子はEテレの公式ブログでも⇒ www.nhk.or.jp/e-tele-blog/300/161061.html

peabody2
和やかな授賞式の会場

peabody

受賞作品が紹介され・・

peabody3

ディレクターのスピーチ

peabody4

小さくても重みのあるトロフィーです

受賞しました!
2012年度 グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)

grand awaed

Gマークで知られるグッドデザイン賞。その中から今年のデザインの顔、デザイン・オブ・ザ・イヤーである「グッドデザイン大賞」に選ばれました。今回のグッドデザイン賞を受賞した1108件の中から「ベスト100」に選ばれ、さらにその中から15点に絞られた大賞候補となっていましたが、審査員賞、グッドデザイン賞受賞者、11月下旬に東京ビッグサイトで開催された「グッドデザイン・エキシビジョン」に来場した一般の方々の投票で最多得票をいただき、11月26日に「グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)」に決定しました。
みなさま、ありがとうございました!

大賞発表式の様子はEテレの公式ブログへ⇒http://www.nhk.or.jp/e-tele-blog/300/139113.html

 

受賞しました!
アメリカ国際フィルム・ビデオ祭

教育番組:小学生向け部門 ゴールド・カメラ賞(部門1位)
1968年からアメリカ・ロサンゼルスで開催。多岐にわたってあらゆるジャンルの映像作品を表彰する世界最大級のフェスティバル。
(2012年6月 アメリカ・ロサンゼルス)

filmvideo

今回いただいたトロフィーです。シンボルは、やはり「星」。ずっしりとした重みがあります。

受賞しました!
プリ・ジュネス 2012「テーマ賞」

2012 テーマ賞

子ども・青少年番組のためのコンクールで、1964年からドイツ・ミュンヘンで隔年開催。世界の青少年・子ども向け番組の製作者が集い、お互いの作品を試写、討論し、優れた番組を顕彰する。テーマ賞は、部門を越えて、今年のプリ・ジュネスのテーマ「子どもの成長育成に向けて新しく学ぶ概念」を扱った最も興味深く革新的な作品に与えられます。
(2012年6月1日~6日 ドイツ・ミュンヘン)

purijunes

今回いただいたトロフィーです。直径25センチほどの美しい球体の中に、プリ・ジュネスのシンボルが飾られています。

受賞しました!
2012 ワールド・メディア・フェスティバル

教育番組部門:グランド・アワード(部門1位)
教育番組部門:小学校カテゴリー インターメディア・グローブ金賞(カテゴリー1位)

2000年創立。芸術面や技術面でのクオリティーとともに、狙いを定めた視聴者層に、最も効果的な方法で創造性のあるアイデアを伝えている作品を奨励。
(2012年5月9日 ドイツ・ハンブルク)

world media festival

今回いただいたトロフィーです。手前が「インターメディア・グローブ金賞」。後ろが「グランド・アワード」です。