※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 2015年10月

スケールをおかしくするスイッチ

IMG_3241.JPG

 

前回の更新が夏の間の制作作業の話でしたが、もうすっかり秋ですね。
秋から新コーナー「素材体操 第一」が始まりました。みなさん、見ていただけましたでしょうか?
「デザインの観察」も新作回「スイッチ」が放送されました。数々の身の回りのものをテーマにしてきた「観察」ですが、今までで一番小さいものを扱ったテーマかと思います。

もう、本当に小さい、手の爪よりも小さな部品たちなんです。
テレビでご覧になったみなさんは、サイズ感、おわかりになったでしょうか。

この「サイズ感」について、スタジオでスイッチの部品を撮影している時、不思議な感覚を味わいました。

背景は全て真っ白。
謎の部品が真ん中にちょこんと立っています。

自分の目で直接見ると、白い世界の更に向こう、照明器具やカメラ、スタッフなんかも目の端に見え隠れしますからね、何とも思わないんですけど、ひとたびモニター越しに見ると、不思議。

比べるものがないのです。
サイズ感覚がおかしくなる。

もしかして、もしかして、ものすごく大きいもののような、、、かんじがするんです。
比べるものが無い、というのは途端にスケールを狂わせます。

真っ白い、見知らぬ土地に降り立ったロケットのような、、
とか、なんとか、ロマンチックな想像を慌ただしい撮影の合間に、一瞬、ほんの一瞬しちゃったりします。ほんの一瞬ですよ、ちゃんと働いてますからね。

後で写真で見ると、スケールのおかしさやそこから妄想した風景を、現場で強烈に感じたほど思ったりはしないのですが、だからこそ、生活のなかで「あ!なんか変だ!おかしいぞ。」と感じたことを覚えておくのは大切だと思っています。

最近のあチーム、来年度の新コーナーを作り始めていますが、
コーナー作りの時にこの「あ!なんか変だ!」と思ったことが役に立ちます。
皆で丁寧に「何を不思議に感じたんだろう」、「何を面白いと感じたのかしら?」と分析して、皆さんにこの面白さや感覚を伝えられる形にしていく作業だったりもするんです。

ふふふふ、来年も、面白いコーナーができそうです。
どうぞお楽しみに!

、、、と、今年最後の更新のようになってしまいましたが、今年も放送まだまだありますので、ひき続きよろしくお願いします。